◆史彩乃/名古屋(2期)対面講座卒業生

薬に頼りたくない!」を応援します
薬剤師歴15年の全肯定!心理カウンセラー 史彩乃

★ブログ http://ameblo.jp/solislux/

プロフィール

profile_ayano-150x150

はじめまして
全肯定!心理カウンセラ-の史彩乃です。(^◇^)
子供の私は、テストの成績はよく、いつも頑張るいい子でした。
そうしないと、受け入れてもらえない、そんな風に感じていたからです。
両親の期待に応えるために、必死で頑張って生きてきた気がします。
そしてその期待どおり、難関と言われる大学に入学し、
卒業後は薬剤師として働くことになったのです。
だけど、心のどこかで、いつも空虚感を感じ、自分が自分であってはいけない感覚を感じていました。

その後結婚し、3人の子どもを授かりました。
一人目の子は『LD(学習障害)』本人がいくら頑張っても結果に結びつかない。
最初は、「なぜできないの?」「どうしてこの子はこんななの?」と悩むことばかり。
自分が頑張って生きてきた分、その子の“できない”を、受け入れることが出来なかったのです。
そして3人目が『不登校』高校3年の後半から学校に行けなくなりました。
ある日突然、学校に行けなくなってしまった我が子を前に、頭の中が真っ白になったのを覚えています。
一人目が、LD、そして3人目が、不登校・・。
私は、毎日毎日、「どうしてできないの?」「息子をどうしたら学校に戻せるの?」
そんなことばかりを考えていた気がします。
不登校の息子をみてくれるカウンセラーを必死で探してみたり、心理系の本を読み漁ったり
四六時中息子のことが頭から離れず、私は夜眠れなくなりました。
それでも本人には何も言うことができず、本を読んで涙を流したり、夜、布団の中で涙ぐんだり
職場では子どもの話題がでるのが怖い、うまくいっていないことを知られるのが怖い、
それでも表面上は何事もないように振る舞う日々が続きました。

いままで、自分のことは頑張ればなんとかなったのに・・、
自分の事以外、家族のことでこんなに苦しい思いをするなんて・・・。
そんなときに出会ったのが、全肯定!心理カウンセリングです。
「すべてを肯定する」というところが、なぜか私の心の琴線に触れ、受講することにしました。
講座に通い、その中で、たかぢんさんのカウンセリングを受けることで、
まずは自分が自分を、受け入れることを、生まれてはじめて体験することができました。
できない自分、情けない自分、苦しい自分を・・・。受け入れることができたのです。

私が私のネガティブな部分を受け入れることができたのと同時に、
2人の子どものことが気にならなくなり、学習障害のことも、
学校に行けないことも、受け入れられるようになりました。
「周りと比べなくたっていい。この子にはこの子の育ち方があるんだ」
「頑張れない事は、無理して頑張らなくてもいいんだ」 と思えるようになったのです。
そして、息子が息子なりに考えていることも、前向きに聞くことができるようになりました。
全肯定!カウンセリングに出会ってたった数ヶ月間の変化です。
全肯定!カウンセリングで、私は羽根が生えたように心が軽く楽になりました。
この体験を、ほかの人にもしてもらいたいと思います。

私は、薬剤師として、15年間にわたり、様々な方を見てきました。
その経験の中で、薬の効果と、その重要性も充分に認識しています。
だけど、薬の力だけではどうすることもできないことがあることも、
心のもちようが大事であることも、多くの患者さんを見ていて実感しています。
だからこそ、薬剤師としての知識と経験、そして全肯定!心理カウンセリング、
親の期待に応え、必死で頑張って得たもの、そして、私を幸せにしてくれたものを合わせて
いまの私にしか提供できないものを、みなさんにお伝えしたいと思っています。

まずは自分をまるっと肯定する!

全肯定!心理カウンセラー & 薬剤師 史 彩乃

カウンセリングのお申込はこちらから