◆藤村美保子/札幌(1期)対面講座卒業生

たった数ヶ月で“脱!自己否定!”
全肯定!心理カウンセラー 藤村美保子

★ブログ http://ameblo.jp/miponoburogu/

プロフィール

DSC06942 (1)

子供時代、厳しい親に育てられたこともあって、
幼い頃の私は、自分の本心に蓋をして、言いたい事を口に出すことが出来ませんでした。
そのせいか「人からどう思われるか?」「人にどう見られるか?」ばかりが気になって、
常に、苦しさや、生きづらさを抱えて生きてきた気がします。
悪いことは何もしていないのに、いつもいじめられてばかり・・。
起こる事を、何もかもを深刻に受け止めて、そして、どんなに理不尽な扱いを受けても
それに、抵抗することができない・・。
頭の中では、いつも・・。
「どうしてこんな目に合うんだろう?」「私がちゃんとしていないから?」
「私が悪いから・・、私が嫌われているから・・」
そんな風に、ひどい目に合う自分を責めてばかりいた気がします。

大人になっても、職場では常に人間関係に苦しみ、結婚に幸せを求めました。
今度こそ幸せになれる。やっと、自分の居場所を見つけた・・。そう思ったのもつかの間。
上手くいかない子育てに、ストレス満載の日々。
それでも、誰にも頼ることができず、ずっと、ずっと、悲しみと孤独感の中にいた私、
その苦しみを、どうすることもできずに生きてきました。
そして、2005年に乳がんになり、同じ時期に息子が交通事故にあって、
乳がんになったのは私のせい、息子が交通事故にあってしまったのも、私のせい。
相変わらず、そうやって自分を責め続け、心も身体もボロボロになっていたのです。

そんな時、こころの世界に出会いました。
「問題はメッセージ」で、そのメッセージに「気づく」と問題が消えてなくなったり、
気にならなくなっていくことに気づき、以来、そのメッセージを受けとって、メッセージにしたがって生きていくことで、少しずつ、少しずつ心が楽になっていきました。
だけど、心の奥では、「何かが違う・・」と、腑に落ちない感じを感じ続けていました。

そして・・、全肯定!カウンセリングに出会ったのです。
“自分全肯定!”その言葉を聞いたとき、私は、ハッとしました。
こころの中で「これだ!」そう確信しました。
いままでの自分に、一番欠けていたもの、それが、自分の気持ちを肯定するということだったこと、それまで癒されていたと思っていたのは、表面の一部分だったことに気づかされたのです。

子供の頃からずっと、親から否定され、そして、自分でも自分を否定してきた私にとって
気持ちのすべてを受けとめてもらえることは、言葉で言い表すことができないほど
安心感と、あたたかさを感じ、その中で、私は、少しずつ、少しずつ、自分を肯定することができるようになっていったのです。
あれほど自分をせめてばかりいたのが、うそのように・・・。
そして、自分が癒されていくと同じタイミングで、子育ても、周りの人との人間関係も
信じられないほどにうまくいくようになったのです。

いまの私は、とても幸せです。
全肯定に出会ったばかりのころは、まさかたった数ヶ月で、こんな自分になるとは
夢にも思っていませんでしたが・・。
私が癒された、そして私の人生を変えた、この全肯定!心理カウンセリングを、1人でも多 くの方々に、感じてもらいたい!あたたかで安心できる全肯定のしあわせを広げて生きたい。そんな思いで、活動しています。

いまは、うまくいっていなくても大丈夫!
超――シンプルに、あたたかで安心できる場所で、自分を根本から癒すことさえできれば
全てのことが、一気に変わっていきますから・・。
お役に立てることを、心から楽しみにしています。

カウンセリングのお申込はこちらから