◆小林阿津子/東京(4期)対面講座卒業生

もうダメ・・」しんどい!助けて!が教えてくれるメッセージ
~双極性障害(躁うつ病)を乗り越えて~

 

全肯定!心理カウンセラー小林阿津子

★ブログ http://ameblo.jp/atchan58/

プロフィール

小林阿津子プロフィール写真

はじめまして。全肯定!心理カウンセラーの小林阿津子です。
私は小学3年生から中学3年生まで、不登校を経験しました。
学校に行こうと玄関に立つと、お腹が痛くなって、トイレにこもる毎日。
「学校に行きたい!」「友達と遊びたい」という思いばかりが先立ち、
いつも体調不良になってしまう自分を責めてばかりいました。

学校へ行っていない間、いつでも学校に戻れるようにと、勉強だけは
がんばって続けていたお陰で、長い間不登校であったにも関わらず、
なんとか家から徒歩5分の高校に、進学することはできました。
そして高3の秋、自分自身の生きづらさの原因を知りたくて、
心理カウンセラーになるために大学へ行くことを決心しました。

中学、高校生活、大学合格で得たものは「頑張れば前に進める」ということでした。
だから、どんなに辛くても、常に自分にムチを打っている私がいました。
どうしてうまくいかないんだろう?なんでこんなにしんどいんだろう?
私の頑張りが足りないからだ!ずっとそんな風に自分を責める毎日。
大学を卒業する頃には、内定をもらっていた企業に、突然、辞退届を出したり、
大学院の入試をすっぽかしたり、自分で自分の行動をコントロールできないほどに、ボロボロになっていました。
そして、ようやく就職できた予備校の担任業務でも、
大きなプレッシャーに押しつぶされ、出勤できなくなってしまったのです。

そしてついに、精神科のお世話になることになりました。
「うつです」先生にそう告げられた時、正直私はとてもホッとしました。
私はずっとその言葉がほしかったのだなぁと思います。
それは「私がうまくいかないのは自分の頑張りが足りないせいではなかった、
病気のせいだった」と思えたからでした。
しかしいくら治療に通っても、生きづらさから解放されることはありませんでした。
しばらくすると病名も双極性障害(躁うつ病)と変わり、「死にたい、消えてしまいたい」と感じることが増えました。

結婚を機に、この病気を本気でなんとかしなければと感じ、
それまで絶対に受けたくないと思っていた心理カウンセリングを受ける決心をしました。
カウンセリングを受けたり、心理学講座を受ける中で、自分との向き合い方を知りました。
そして、一時期には1日に30錠ほど飲んでいた薬をゼロにすることができたのです。
そのタイミングで精神科も卒業し、8年半の闘病生活を終えることができました。
「もうこれで自分の人生を歩める」と、そんな風に感じ、なにか勝ち誇ったような気分になったことを覚えています。
私はもう大丈夫!

だけど・・・、ある出来事をきっかけに、
またしても私はどん底に突き落とされた気分を味わうことになるのです。
「もうダメ、もう本当にダメだ・・・」
そんな時、藁をもつかむ思いで辿り着いたのが、全肯定!でした。
オープンカウンセリングやたかぢんcafé、笑顔ママ講座に参加して、
全肯定!の空気をいっぱいに感じました。特に笑顔ママ講座では
心のしくみを教えてもらったことで、私の厳しい自分責めがどうして起こるのか
理解でき、少しずつ自分に優しくできるようになった気がします。
そして2015年3月、はじめてたかぢんさんのカウンセリングを受けたのです。
カウンセリング中、私の中に沸き起こる感情を受け容れることがとても苦しくて、くじけてしまいそうになりました。
この気持ちを外に出してしまうと、天と地がひっくり返ってしまう
それほどまでに、気持ちを抑え続けていたのです。
けれど、たかぢんさんの温かくて力強いカウンセリングのお陰で、私のペースでありのままの感情を受け容れることができました。
私の中の小さな私はずーっと「休みたい」「自分のペースで生きたい」と発し続けてくれていました。
それなのに、その気持ちを無視して頑張り続ける私に、不登校や双極性障害、
「死にたい」という気持ち、どん底と感じる経験でSOSのサインを出し続けてくれていたことに気づいたのです。

いま私は、心の底から活き活きと「生きる」スタートラインに立ったところだと感じています。
今まで頑張ってきてくれた自分自身に心から「ありがとう」と伝え続けながら、これからの人生を私らしく生きたいと思っています。

あなたのその生きづらさは、何を教えてくれていると思いますか?
あなたの本当の気持ちを知ることで、あなたらしく生きられるようにお手伝いさせていただきます。

□ いつも私はうまくいかない
□ こんな自分を変えてしまいたい!
□ 自分を責めてばかりで苦しい
□ 不登校で苦しんでいる(ご本人・ご両親・支援者)
□ うつでしんどい
□ 減薬断薬に苦しんでいる

そんなあなたへ・・あなたがあなたの一番の理解者であるために、自分に優しくなれるカウンセリングを受けてみませんか?
ゆっくりまったりの〜んびりな雰囲気でお待ちしています(*^_^*)

カウンセリングのお申込はこちらから