“愛”を、“嫌悪” “攻撃” だと感じる理由。

2月8日
たかぢんの〇っと講座(^◇^)

全肯定!心理カウンセラー講座in札幌2期講座が、スタートしました。

今回は、

なんと・・・。

t02200165_0320024013573939135

約20人の方に、参加いただいています。(^◇^)

そして・・・。

2月15日からスタートした、

東京6期講座もまた・・。
t02200165_0480036013573938414

20人超え・・。(^◇^)

あたたかで、安心できる全肯定のしあわせの輪が

おーきく、広がってる・・。

とても、うれしく思っています。(^◇^)
t02200293_0480064013564071360
“全肯定の場” に、いると・・・。

「安心するんです」
「こころからあたたかい気持ちになれるんです」

「“失っていた自分の心”
を、取りもどせてる気がするんです。」

そんなことを、
参加いただいたみなさんに言っていただいています。

・・。

どうして?

そう感じるのか・・。

それはね・・、

全肯定の場が・・。

否定や、批判がない場所

何を言っても
なにを、表現してもいい場所だから

だと、思うんです。

そして・・

それは
なにも、僕が・・・、

そんな環境を
つくってるわけじゃないんです

参加いただいたみなさんそれぞれが・・。

全肯定の場のルールにしたがって・・・。


そんな場所をつくってくれてる。

そう思ってるんです。

全肯定のルール。

それは、
“自分を否定しない!”

と、いうことです。

自分を否定しない・・、とは、

自分の気落ちを・・、隠したり
自分の気持ちを・・、抑えたり

感じたことを
感じたままに、素直にする。

と、いうことです。

悲しいと感じた時にはね、
「悲しい」って・・、言えばいいんです。

寂しいと感じた時には、
「さみしい」と、表現すればいいんです。

好きだと感じたら、
「好きだ」って、言えばいいんです。

心地いいと感じたら、心地いいっていえばいいし

そばにいてほしいときには

「そばにいてほしい」といえばいい

ただ。話を聴いてほしいときには
「話を聴いてほしいといえばいい」

ハグしてほしいと思ったら
「はぐしてほしい」といえばいいんです。

泣きたくなったら、泣けばいい。

赤ちゃんみたいに・・。

素直に表現する。
image
それが、自分、全肯定(^◇^)。

気持ちを受けとめ合うことで、
人は・・、安心するようにできているから・・。

悲しいときは
その悲しみに寄り添ってもらうことで・・・。

その気持ちは
小さくなるし、安心するようにできているから・・。

そうやってお互いに
受けとめあって生きていったらいいんです。

けどな・・。

多くの人が小さい頃
「そんなに悲しんでばかりでどうするの?」

「元気出しなさい!」
「悲しい時こそ、笑っていなさい」

そんな風に言われて・・・。

その気持ちを
抑えたり、ガマンするコミュニケーションを学んできた・・。

だからこそ、
安心する場所がないし・・。

いつも緊張していたし・・。

自分の居場所がない。

そう感じる。

それが、
全肯定の場だと、
素直に表現し、受け止め合えるから・・。

安心するんだと思うんです。

だからこそ僕は
その安心の場所を、まずは全肯定の場から・・

そして、
そこで安心感を感じた人は・・。

家に帰って自分の家庭の中に
その安心の場を、広げていってもらいたい

そんな思いで、活動をしているんです。

・・。

だけどね・・。

そんな全肯定の場にも・・・。

“してはいけないこと!”

が・・、ひとつだけ・・、あるんです。

それはね・・。

いくら・・、
「自分の気持ちを否定しない!」

と、いっても・・。

まわりの人のことを、
批判したり、変えよとしない・・。

ということです。

「寄りそってほしい」
そう素直に表現することは、とても大切なことです。

だけどね・・。

それを、
受けとめるか、受けとめないかは・・。

受けとる側の自由なんです。

「わかってほしい」
と、言葉にすることはとても大切なことだとも思います。

だけど
それを受けとめるか、受けとめないかも

言われた側の、自由なんです。

自分OK!他人OK!
それがあってこその、全肯定

お互いの自由があったうえでの・・。

受けとめたり、受け止められたり・・。

その中で
人は、安心できるんです。

・・。

もちろん・・。

僕は言うんです。

自分を否定しないこと、
ありのままの自分を表現すること・・。

それが、
自分を幸せにすることなんだよ

いつもたかぢんは

そう言っているんです。

だけどね・・。

それを
やるかやらないかも・・。

また、その人の自由。

だということです。

・・。

自分を否定しないことが大切

それが、
自分を幸せにすることだと、僕は思います。

だけど・・
それができなくて苦しんでいる人に・・。

「だから、ダメなんだ!」
「だから、いつまでたってっも幸せになれないんだ!」

「それはあなたの問題なんだ!」

そんな風に
批判したり、責めたり、変えようとしたりしてしまうと・・。

その人は
そうできない自分を、

さらに責めて、苦しんでしまいます。

せっかく・・

安心できる場所・・。

だからこそ
素直に表現したのに・・。

それを責めたりしたら

大きく傷つく。

・・・。

できないには、
できない理由が必ずあるんです。

それは、

それをしてしまうと・・、
受け入れてもらえない恐れがあったり・・。

過去にそうして
受け入れてもらえなかったときに受けた

大きなこころの傷があって・・・、できなかったり・・。

いままで、
ガマンして、ガンバってきたこと

自分が生きてきた人生を
否定してしまうことになってしまう・・。

そんな恐れが隠れていたり・・。

必ず、その裏に、理由が隠されているから・・。

できないには、できない理由があるから・・。

それを理解しようとすることが・・。

優しさだと、思うんです。

その人の気持ちを、

わかろうとする
その理由を、知ろうとする。

それがないと
常に、関係はギクシャクしてしまうし・・。

言った方は
「よくしてあげよう!」
「助けてあげよう。」と。相手を思って言ったことでも・・。

そこには、優しさを感じない。

単なる、
押しつけになってしまう。

相手のことを思ってのことが
逆に、相手を苦しめてしまうことになってしまう

せっかくの愛が
嫌悪感に変わってしまったり・・。

攻撃だと感じさせてしまったりしてしまう。

ほんま、残念なんです。

・・。

親子関係のギクシャクも
夫婦関係のギクシャクも

友達同士のギクシャクも・・。

根底にはいつも、
大きながあるんです。

だけど・・、

その手前に・・。

変えてあげたい!
どうにかしてあげたい!

が、あると・・。

結果的に、
その人の気持ちを無視したことになって・・。

せっかくの愛が、うまく伝わらない・・。(T_T)。。

愛が、愛として、伝わらない・・。


受けとめ合えない・・。

悲しみだけが、残ってしまう。

・・・。

こうしたらいい

は・・・。

こうしないとダメ!
こうしないからダメ!


じゃ、ないんだよ~。(^◇^)

みなさんの愛が
周りの人に、愛として、優しさとして

しっかりと伝わることを・・。

心から、願っています。

★全肯定なセミナーイベントのご案内★

□全肯定!心理カウンセラー講座
卒業生によるオープンカウンセリング

□新大阪 お申し込は こちら
□東京  満席キャンセル待ち


★自分OK!他人OK!オールOKな人生にしたい人

たかぢんの〇っと講座!
全肯定!心理カウンセラー講座

□大阪土日コース お申し込みは こちら
□名古屋平日コース お申し込みは こちら