いまから、約50年前の写真。

1926年(大正15年)3月1日

何の日?

だと、思いますか?

・・・。

僕の、父の誕生(^◇^)←知らんがな・・。(^-^;

「高志は、わしが40歳の時の子じゃけの~。」

と・・、
子供のころ父が、いつも言っていたので・・。

僕が1965年生まれなので

逆算して、ずーーっと
1925年生まれだと思いこんでいましたが・・・。

さっき、
yahooで調べてみたら・・。

なんと!

大正15年は、1926年じゃないか!。(゜-゜)

と、いうことで・・・、今日で、満90歳。

去年・・、僕が声をかけて
家族で卒寿のお祝いをしましたが・・。

フライング開催だったことに・・・。

いま気づく。(^-^;

・・・。

さっき、父に電話して・・。、

「誕生日おめでと~
もっともっと・・、長生きしてーな、親孝行させてーな」

ゆーて、
優しさと、愛情と、心を込めて・・、

涙ながらに伝えたら・・。

「おー、ありがとー、いまから病院なんじゃ・・、チーン」

ゆーて、電話切られた・・。

相変わらず・・。
うけとりべた、愛想ゼロ・・、おいおいな父です。(^-^;

・・・。

生まれたばかりの僕を
ステテコ姿で、ぎこちなく抱っこする父。(左)
t02200165_0480036013580753142
※後ろの暇そうな少女は・・・、ひとつ上の姉(5才)

そして・・。

唯一、一枚だけ残ってる
僕が、お腹の中にいるときに撮ったと思われる・・。

なんとなく寂しそうな・・、母の写真。
※↑僕には、そう見えるんです。

写真の裏には、

いまは亡き母の字で
“40,4,6” と、記載されています。

この写真、
僕の部屋に飾っているんですが・・。

子供のころの
家族の思い出と言えば・・。

夫婦仲がわるくて
いつもケンカばかりで・・。

おとーちゃんの怒鳴る声、
当時の、くらーーい部屋ばかりを思い出すんですが・・。

この写真をみるたびに・・。


それでも、
必死で、愛情いっぱいに・・。

育ててくれたんだなぁ~。って・・。

涙があふれてくるんです。

いまから、約50年前の写真。

父との残された時間が

あと・・
どれくらいあるかわかりませんが・・。

残された父との時間を

素直な気持ち、
優しい気持ちで・・。

大切に、過ごしたいと思っています。

明日から広島

なので・・。

ケーキでも買って、
一緒にお酒を飲みながら・・。←合わない。(^-^;

過ごそうと思っています。

父のこと
大切に思える日が来て・・。

本当にうれしく思っています。

・・。

“人生の満足度”が劇的にあがる講座
全肯定!〇っとレッスン!たかぢんダイジェスト

記念すべき第1回目
3月29日、東京で開催します!

★詳しくは こちら