◆丸井珠喜/東京(5期)対面講座卒業生

あなたの心に寄り添います

全肯定心理カウンセラー
笑顔ママ講師・〇っとレッスン講師

たまちゃんこと丸井珠喜@京都です

★ブログ http://ameblo.jp/maruitamaki/

プロフィール

丸井珠喜写真

みなさん こんにちは~

あなたの心に寄り添います
全肯定心理カウンセラー、笑顔ママ講師・〇っとレッスン講師
たまちゃんこと丸井珠喜@京都です

私の家庭は、父は仕事で数ヶ月に数日帰宅する、父不在が当たり前の
母子家庭のような家庭で育ちました。私は兄二人の長女、そう一番末っ子の女の子
それを言うと「かわいがられたでしょう?」って言われます。
い~え まったくかわいがられたという記憶はございません。
それどころか、母からの猛攻撃、兄二人からも攻撃、時々帰ってくる父も基本攻撃
近所に親戚も居なく、助けてくれる大人も居ない、私の心はずたずたに傷ついてきました。
そのうち傷つく私がおかしいんや、なんか言われる私が悪いんや
私は居ないほうがいいんや、私って何なんやろう?
私なんて、必要ないんやろ!死んだらいいんやろ!
女やからこんなこといわれるんや、男やったら良かったのに
アホやしブスやし可愛くないし

小学生のときには、習い事で女子全員からの無視、行くのがいやで
母に言うと、え?!っと否応なくそんな感じ、
言えなくなって我慢して行かざるを得ませんでした。
10代の頃、どういう死に方がいい?
雪山登山にのぼって、行方不明で私の身体ごと出てこなければいいなぁ
見つからないところで、私の存在を跡形もなく消し去りたい
中学時代には、そう、生きている資格がないと思っていました。
色紙の寄せ書きに男子から、髪型変、ドブス、と書いてあるものが出てきたり
高校でも女子クラス、理由を言わずに避けられたりしました。
やっぱりわたしは嫌われるんや、昔で言う根暗なやつでした。

20代には、早く家を出たくて、就職とともに一人暮らしを始めます。
女性が苦手で、うまく人と接する事が出来ない私は、
男性ばかりの職人の世界に就職しました。
京都弁とは違うイントネーションに「え?」と聞かれるだけで話せなくなりました。
怖くて一人がいいなぁと、一人部屋に居ると、寂しくて孤独感に襲われました。
当時、貴重にもお付き合いしだした人にも、
おごってもらう事も出来ず、甘えられず常に割り勘
お金も必要になり、苦手な接客を平行して始め、世間は厳しいと言うけれど
母より厳しい人はこの世の中には居ない事を学びました。

30代に突入とともに結婚、初めての妊娠で稽流流産、仕事が心の支えになりました。
その後、初めての出産、母が関東から京都に来た時
ひと月経たずして大喧嘩、そんな母娘関係は続きます。
出産とともに仕事も退職し、一年過ぎたころ、
二人目が欲しいと言っても、相手は要らないと平行線
子育て、ママ友、町内、苦手な人間関係から逃げるように再々就職します。
ちょっとわがままな人、結婚相手をそうとしか思っていませんでした。

2015年GWに突入する前夜 暴言を吐かれました。
家のこと、町内のこと、子供のこと、仕事、全てしていたのに
「私は奴隷か」と怒りが込み上げますが、言えませんでした。
家庭を壊す事なんてあり得ない!
子供も居て、家もあって、私が我慢すれば、子供のためにも離婚なんて絶対に無理

そんな時、心屋仁之助氏のブログから藤村高志氏を知り、
大阪の出版パーティーに申し込みます。
その頃は悩みは無いと思っていました。
ちょっといままでにない喧嘩をしているだけ・・と。
数週間過ぎ、やり直そうと思い直します。でも、私の心は正直、無理でした。
そして「まずは自分をまるっと肯定しよう」の〇っとの表紙を見て
「あ!離婚 〇か!!!」と離婚を決意しました。

そう決めてみると、子供を些細な事で長時間叱責していた相手からも離れられる。
子供のためにも離婚は〇!!
子供への叱責を相手に言えず守れなかった私も〇!!
離婚する事によって、全てがうまく行くことが分かったのです。
親戚、親、相談し、出版パーティーの日、2015年5月・・・
朝に離婚を申し出て、翌日から別居生活が始まりました。

出版パーティーで、本を手に入れて癒し方を知った私は
こんなにすばらしい本を書ける人はすごい!と、仕事をしながら、東京へ子供を連れて通い 全肯定心理カウンセラーへの道に踏み出したのです。
母息子 生活するためには心理カウンセラーだけでは・・と思い
対人恐怖を抱えながら、転職先のいじめに耐えながら
中井美賀子さんの笑顔ママ養成講座で資格を取り
中田詩子さんのMRMで心理を学び自信をつけていきます。
また心屋仁之助氏や藤村高志氏の先生である、
矢野惣一先生のイベントやグループカウンセリングに通い
未だに日々心理について学んでいる状態でした・・・が
ついに2015年5月 実母との確執 呪縛 恨みつらみ が
感謝というかたちになり 解決できました。
その後 中井美賀子さんの何気ない〇っとレッスンの講義中の言葉で
実父との事も感謝というかたちに消化していきました。
そうあんなに苦しかった私はたかぢん師匠との出会いで
ありのままの自分にたどり着くことが出来たのです。
そんな笑顔もママもその言葉もとても苦手だった私が いま笑顔で母親やっています。
小さいおっさん=フット=息子とともに 幸せな生活を過ごしています。
しんどい思いをしている人に少しでも幸せになって欲しい。
私自身が幸せになることで 闇と共存する温かで美しい灯りを周りに広げ
一人でも多くの人に楽になってほしい そう願っています。

カウンセリングのお申込はこちらから