対立はいつも・・。 “責め、奪い合う” ことからはじまるんです。

戦後71年を経過して・・。

オバマ大統領
アメリカ大統領として、初めて広島を訪れた。

“歴史的訪問”
65aa3295
その映像や、スピーチ
被爆者の方と抱き合う姿を見ていて・・。
d146abec-s

こころが震え
自然に・・、涙があふれだした・・。

・・・。

それぞれの、想いの複雑さ、

それを乗り越えた人の精神性の高さ・・、

互いの、平和を願うこころとか・・。

その尊さに・・。

こころが震えていた気がする。

・・・。

人は・・・、
過ちを犯してしまうもの・・。

ある側から
それを見れば、かもしれない

だけど・・、

違うある側から見ると、
それは、に見えるかもしれない。

だからこそ・・・、

誰かが、誰かを裁くことは、すごく難しい。

その過ちの責任がどこにあるとか

どの国が加害者で、
どの国が被害者とか・・。

謝罪しろとか、
損害賠償しろとか・・。

いい、悪いを、
裁こうとすればするほど・・。

また新たな争いを生み
また、新たな過ちを生んでしまうことにつながることもある。

対立はいつも
過ちはいつも・・。

“責め、奪い合う” ことからはじまるんです。

過ちを犯してしまったことがわかったら・・。

責めたり、奪ったりしようとするのではなく・・。

そこから、

「何を学ぶか?」

が、大切だと思うんです。

まずは・・。
同じような過ちが、二度と起きないように・・。しっかりと話し合う。

こころを通い合わせる。

そして、
その過ちで傷ついたお互いのこころ・・、悲しみに・・、

寄り添い、分かち合うことで小さくしていく

こうやって・・。
d146abec-s

そして、
物も、お金も、場所も、環境も、分かち合う。

分かち合うことで大きくしていく。

それが、
過ちから学ぶべきことだと・・

僕は思うんです。

・・。

それは、

国と国でも
国と個人でも、
会社と会社でも

個人と個人でも・・、全部同じ・・・。

・・・。

戦争の過ち
すごーーーーく時間がかかったけど・・

それでも
戦後71年が経過して

それが、
はじめて実現したことを・・・。

この目で
見ることができたことを

こころからうれしく思っています。

・・・

あなたの周りでは
責めたり、裁いたり、奪い合ったり・・、

争い、過ちばかりが起きていませんか?

・・・。

歴史的な一日に・・。

偶然僕も、地元広島で
全肯定!○っとレッスンダイジェスト。
o0480032113656573502

開催することができました。(^◇^)

あたたかで安心できる全肯定な幸せを・・。

分かち合って、
どんどん大きく広がていってくれてる↓
o0480032113656573507

笑顔ママ講座&
全肯定!○っとレッスン認定講師の皆さん
です。(^◇^)
広島の人が・・。
o0480071913656573518

広島の地全体が
よろこんでるのが、わかったよ~(^◇^)
o0640036013657168845

★全肯定なイベントは・・こちら

t02200220_0764076413621921386