◆賀数(かず)久美子/札幌(2期)対面講座卒業生

フィットネスインストラクターLips代表
全肯定!カウンセラー 賀数久美子のブログ

★ブログ http://ameblo.jp/kokokazu4771/

プロフィール

IMG_20150702_151648

KRT_4583

皆さま、はじめまして。
全肯定!心理カウンセラーの賀数(かず)久美子です。

子どもの頃、両親は共働きでしたので、妹と二人部屋で、寂しく待つ毎日。
忙しさのせいで、両親はピリピリしていることが多かったように感じます。
そのせいか、少しでも失敗をすると大きな声で怒鳴られたり、
暴言で脅されたり、タンスの中に閉じ込められたリすることもありました。
夜中には、父と母の喧嘩、「ドンっ」と壁を叩く音や大きな罵声に、
怖くて布団をかぶり耳を塞ぐ日もありました。

その頃言われ続けたのが、
「甘えるんじゃない!」「お姉ちゃんなんだからガマンしなさい!」
「しっかりしなさい!」「空気を読みなさい!」「気を遣いなさい!」
私は「しっかりしなくてはいけない」「子どもであってはいけない」
そうしなければ、私は愛されないんだ、と強く思っていました。

中1の時に、両親が離婚。
私の心の中は、悲しさと怒りでいっぱいになりました。

本当は、仲良く家族で暮らしたかった。
本当は、幸せな家庭であって欲しかったのに・・・
私は、父に対して「家族を見捨てた」と、恨みの気持ちを持ちました。
「お父さんなんて、絶対に許さない!」
その頃から「男性は裏切る」「だから人を100%信じない」
「信じられるのは自分だけ」ということを握りしめて生きて来たのです。
やがて、 母と妹は、私が守る!という想いが、私を強く縛るようになりました。

高校入学から社会人(OL)の頃は、友達にも恵まれ、
明るく開放され楽しく過ごしていました。
自分に自信をつけるために、自己啓発や心理の本をよく読んでいた時期です。

その後、フィットネスインストラクターに転身。
信頼できるチームメイト・仕事仲間・仕事・先輩に恵まれ、
とても充実した人生を送っていました。

が、しかしその間に、2度の離婚を経験。
夫の女性問題・借金・鬱・お金のトラブル・私のプチ鬱等、
色んな問題が浮かび上がりました。
何でこんなことばかりが続くのか、私には全く理解できません。
一生懸命楽しく生活しようと努力しているのにと、自分を責め続けました。
ただ、仕事柄ポジティブ思考が身についていたこともあり、
離婚する事に対する罪悪感は、全くありませんでした。

悲しい気持ちから逃げるかのように、
仕事に打ち込むようになって7年目を迎えたある日、
ずーっと充実していた毎日だったのに、
ふとぽっかり胸に穴が開いたような感じがしたのです。
特に何か嫌な事があったワケでもないのに・・・。

嬉しい楽しい感情は、素直に受け入れられていました。
でも、辛い・寂しい・悲しい・孤独といったネガティブな感情は、
見ない・無かったことにして、全てに蓋をしてきたんです。
もしかしたら、私の周りの大切な人達を心配させないように、
心を悟られないように、いつも、無理して
笑顔で過ごしていたのかも知れません。

そんなことを続けているうちに
いつしか、何もやる気になれない。
エネルギーが湧き上がってこない。
そんな状態になっていました。

そんな中、全肯定!心理カウンセリングに出会い
心理カウンセラー養成講座で心の仕組みを学び、
カウンセリングを受け、様々な感情と向き合い昇化できた時、
「こんなに私の心は苦しがっていたんだ」 と、
やっと自分の本心に気づくことができたのです。

それと同時に、ありのままの自分を認め、
受け入れられるようにもなりました。

今の私は、家族をはじめ、
周りの人の温かさや優しさの深さに
心から幸せを感じる日々を過ごしています。

「キャンドルの光に人が癒されるのは、光と影の両方があるからだよ。」
師匠たかぢんさんから教わった言葉です。

私もキャンドルのように優しく温かく、
全肯定!の幸せを広げるお手伝いをしたいと願っています。
心も身体も癒される・元気になれるサポートを目指します。

一人で悩んでがんばって、疲れ切っている方々の
お役に立つことができたらとても嬉しいです。

まずは気持ちの全てを受けとめる!
全肯定!カウンセリングで、自分の本当の心を感じてみませんか?

カウンセリングのお申込はこちらから