人に気持ちを聴いてもらうのってこんなに素敵なこと

先日は、ありがとうございました。
はじめは電話でセラピーをされているというのはどんな感じなのか?
それと、電話だから自分のことをさらけ出せるかも?と思っておもいきって体験させていただきました。
あれから、彼に対して言いたかったことが出てきました。
本当は、もっと大好き、と言ってあげたかった。というのと私にも言ってほしいということがわかりました。
そうすると彼の顔が5年ぶりにうれしそうな顔を見せてもらえました。
あと、もうひとつ私がず~っと悩んできたことの答えも出てきました。
私の中で、お金=愛になってまして、このあたりもどうも自分で解決できなくて、常にお金が足りない。
ギリギリで、余裕のない生活をしてきました。欠乏感がありました。
それに対して、いまのところの答えですが(汗)、私なりにですが、私はずっと愛されてきたことに気づかなくて、もっともっと!と愛を欲しがる人でした。
よく言われてる言葉なので、そんなの当たり前、私はそんな風に思っていない、ちゃんとわかっている。と、自分で判断していましたが、確かに私は愛の欠乏を感じて、もっと欲しい、もっとほしいとそればかりでした。
情けないですが、それが今日、わかりました。
感謝感謝と、よく言いますが、いま思うととってもうわべだけで、こころから感謝できていないことにも気づきました。
何に気持ちをシフトしたらいいのかが、少しずつわかりました。
頭でっかちになっていた私に心からの気づきを与えていただいてありがとうございます。
人に気持ちを聴いてもらうのってこんなに素敵なこと、そして、先生の人柄が、私の心を開かせたんだと思います。
やはり、いざ電話に出ていただいても、違う話にしようか、この話題にしようか…、と、考えてしまった自分も正直いますが、本当のことを話せたのは、先生の波動?波長?っと言うものですかね。
愛が伝わってきたので、話せたんだと思います!
いきなり泣いちゃったもんね。(笑)
私も、セラピストのはしくれとして、この体験を肝に銘じて、人に対してそうありたいとおもいました。ほんとうにありがとうございました!
いろいろなことが芋づる的につぎつぎに解決の方向に向かってます。
今後は、もっと人に対して愛を持って接するのと、この彼とのことを知っている人に対して、話題を避けるのではなく、私の気持ちを正直に言えるようにします!
きっと周りはひやひやしていたと思います。
ほんとうに、ありがとうございました。

(30代女性 主婦 Y.Tさん)