◆小野なつき/大阪(6期)対面講座卒業生

起立性調節障害(OD)や不登校の不安に寄り添う

全肯定!心理カウンセラー小野なつき

 

★ブログ http://ameblo.jp/natunokobuta/

プロフィール

fullsizer

はじめまして。
全肯定心理カウンセラーの小野なつきです。

小さい頃、母と祖母の仲はあまりよくありませんでした。
なので私は、家の中でなにか出来事があれば、
それを少しでも笑いに変えようと、いつも回りの空気を読み、
気を使っているような子どもでした。
本当は、みんなに気を使いたいんじゃないのに。
ただ、自由に甘えたいだけなのに。
だけど知らず知らずのうちに、自分の気持ちを押し殺していた私。
そうやって母を守っていたのかもしれません。

結婚と同時に実家から遠く離れて、私の子育てが始まりました。
すくすくと元気に育った子どもたちでしたが、中学生になったある日
息子は突然、朝起きられなくなりました。
どうしてもベットから起き上がれないのです。

いくつもの病院を訪ね歩いて一年ほどした頃、
息子はやっと起立性調節障害(OD)と診断されました。
自律神経の働きが悪いため、起床時に上がるはずの血圧が上がらず、
朝起きられなくなる病気なのだそうです。

そこからの息子は、お昼過ぎまで起き上がれない毎日になりました。
朝起きることができない。だから学校にも行けない。
それなのに、だらだらとゲームやネットをする息子を見て
私のストレスは爆発しました。
そんな息子を許せなかったのです。

親子バトルの毎日が始まりましたが、
診察で主治医の先生とお話しすることが、
実は私のカウンセリングになっていて
息子との関係性の中で気付くことがありました。

小さい時に、母に甘えたい感情を出せなかった私は、
自分の子どもに、素直に感情を吐き出していたのです(私が、子に甘えていました)
本当は、子どもに、感情を素直に吐き出してもらいたいのに(子が、私に甘えていいのに)
いつしか息子は小さい時の私のように、親に甘えられずにいたのですね。

時間はかかったけど、やがて息子をまるごと受け入れられた時
新たな信頼関係が生まれて、息子とは以前よりもっと仲良くなれたと思います。

息子の病気や不登校を通して、私は自分の心に向き合う事を知りましたが、
心の奥底にはまだまだいろいろなものがあることも感じ始めていました。
ちょうどその頃にたかぢんさんのブログで、最後の無料カウンセリング募集があり、
特に悩みはないと思いながらも、勇気を出して受けてみることにしたのです。

ところが、当日たかぢんさんと話し始めた途端、驚くことに涙が突然溢れ出し、
最後には「ひとりは嫌!」という言葉が口から出て、
本当に自分でもびっくりの展開になりました。

ひとりは嫌!って、どうしてそんな言葉が出てきたのだろう?
私は、再びたかぢんさんのカウンセリングを受けてみました。

今度は、自分の中にいた小さな女の子に出会いました。
ちょっとシャイで、でも元気なその女の子は
私に見つけてもらって、気付いてもらって、とても嬉しそうでした。
私は、またまた涙が溢れました。

自分の言いたいことを、いつもなかなか言えずにいる私。
もし言ってしまったら、嫌われてしまうのでは?ひとりになってしまうのでは?
ひとりは嫌! そんなことになるのは恐い!
だから、言えない!
そんな自分に気がついた私。
でも、言える自分になりたい。
我慢しない自分になりたい。

その日から私は、自分の言いたいことが少しずつ言えるようになりました。
そしてね、言えるようになると、、、楽になるんです。スッキリするんです。
言えるとね、、、心も癒えるんです。

誰もがみんな、
自分の気持ちを否定しなくていいんです。
自分の感情を、押し殺さなくていいんです。

シャンパンタワーを知っていますか?
上のグラスから溢れたものが、下のグラスを順に満たしていくんですよ。
同じようにまずは自分が癒されて、満たされて、幸せになること。
するとその幸せが、家族に、友人に、周りの人へと拡がっていくのです。

自分が癒されるには、自分の気持ちをちゃんと感じてあげること。
何を言っても大丈夫!何が起きても大丈夫!
そんな安心・安全の場で、気持ちの全てを受け止めるもらうことが大切なんです。
それが”全肯定”だということを、私はたかぢんさんから教えていただきました。

どんな自分でも大丈夫と思えるようになります。
自分を全肯定できるようになるるんですよ。

全肯定!に出会わなければ、私は今も誰かをコントロールして
なんとかしようと必死にもがいていたと思います。
そして苦しくなっていたと思います。
でも今は、どんな自分でも大丈夫!と思えるようになりました。
そして、どんなあなたでも大丈夫!と思えるようになりました。

もし今、お子さんのことで苦しい思いを抱えているのなら
どうぞあなたの気持ちを聴かせてくださいね。
大丈夫! きっとよくなりますよ♪

カウンセリングのお申込はこちらから