全肯定!ですが、好き放題は嫌いです。

 

“全肯定”というと・・。

 

全部オッケー!

 

何をやってもOK

なにもしなくてもOK

ありのまま、感じるまま、我がままに・・、やったらええよー。

 

そんなイメージを抱く方もいるかもしれませんが・・。

 

★ご注意ください!
 そんなことしたら大変なことになります。

 

例えば・・・。

 

「仕事やりたくなーーい!」

「だから辞めてやるぅーーー!(^◇^)」

そんなことしたら・・。

ほんの数か月でお金が無くなって、

不安、不安、不安で・・、夜、眠れんくなるけーな。

 

それでも働かないでいると
貧乏、生活苦・・、路頭に迷うけーな。

 

・・・。

 

私は、存在するだけで価値がある!

だから、

言いたい放題!ワガママ放題!

 

家事もしないし、子育てもしないし、仕事もしない!

働くのは夫、私はなにもしなくていーんだ~!(^◇^)

 

そんなことしたら・・・。

仲が良かった夫婦がちょいちょいケンカ・・・、

 

ケンカ、ケンカ、ケンカ

最後には、離婚するハメになるけーな。

 

・・。

 

全部オッケー!

 

あかんよ!

 

なぜなら、

それが、通用するのは、

それを、受け入れてもらえるのは・・
 

幼児期の母子関係だけだからです。

 

大人の世界では通用しません!←きっぱり。

 

それをやったら

誰も、相手してくれんよーになって、孤立するけーな。

 

 

気ぃつけて~や~。( ̄▽ ̄)。

 

・・・。

 

僕が言ってる全肯定®は

友達との関係、恋愛、仕事場の人間関係

子育て、夫婦関係、日常生活の中でも通用する全肯定!

 

それは、全てオッケー!ではありません。

 

全肯定®の、考え方の基本は…。

 

“行動”は否定しても“感情(気持ち)”は否定しない!

 

気持ちを、しっかりと受けとめる!です。

 

・・。

 

やりたくないから、やらなくていい。

 

ではなくて、

やりたくない気持ちを、しっかりと認める。

 

です。

 

・・。

 

仕事・・、しんどいんだね。

疲れてるんだね。苦しんだね~。

だから、行きたくないんだよね~。

 

気持ちをしっかりと認め、ねぎらう。

 

そしたらね、

力が沸き上がってくるんです。

次の日もまた、がんばれるんです。

 

 

腹が立ったら

「あんな風に言われたら、腹も立つよね~」

 

そんな風に、怒りを認めてあげる

そしたらね

怒りがスーーっと、消えていくんです。

 

だから、次の日にその人に会っても

ギクシャクすることがなくなるんです。

 

私には、わかってくれる人がいるって感じて

イヤな言葉も、サラッと流せたり、サッパリ忘れることができるんです。

 

イヤなことに立ち向かう
エネルギーが沸き上がってくるんです。

 

ご主人が話を聴いてくれなくて

気持ちをわかってもらえなくて
SEXも全くなくて・・。

さみしくて、さみしくて、悲しすぎて…。

誰かそばにいてほしくて

浮気、不倫に逃げそうになった時も・・・。

 

「そんなことしたらダメよ!」って

 

否定したり、抑え込んだり、

いい、悪いで裁いたり、判断するんじゃなくて・・

 

「そばにいてほしいんだよね~、さみしいんだよねえ~、よしよし」

 

って、

まずはその気持ちを、受けとめてあげる。

 

そしたらね
悲しみやさみしさが小さくなって
浮気したいって思いも、小さくなるんです。

・・。

 

感情はね・・。

 

認めると、小さくなり、

やがて、消化されていくんです。

 

逆に・・、

 

抑え込もうとすると、どんどん溜まって、

ますます大きく、強く、膨らんでいくんです。

 

残念ながら、
多くの人が、それを知らない。

 

知らないからついつい・・。

 

「怒っちゃだめ!」って、ため込ん、

ますますその怒りが大きくなって、殺したいほど憎くなる。

 

「悲しんじゃダメ!さみしがっちゃダメ!」って、ため込んで、

ますますそのさみしさ、悲しみを大きくして
浮気や、不倫につながってしまう。

 

仕事がしんどい、苦しいのに

愚痴をいったらダメ!休んじゃダメ!ガマンしないとダメ!ってため込んで・・・。

ますます苦しくなって、動けなくなってしまう。

 

・・。

 

出来事は、何も変わらなくても・・・。

 

感情が消化されると

自然に感じ方と、言動が変わり、現実が変わっていく。

 

それが、僕の考え方です。

 

・・。

 

心のことを学ぶと、
多くの人が、ありのまま、わがままになろうとします。
 
自分の好きなように、やりたいように
それがいいこと、自分を幸せにすることだと思い込んでしまう。

そして・・。

 
いままでは、
言えなかったような事や、やらないようなことも、
心の場では、平気でやってしまう。
 
あえて、わざと・・。意識的に・・。
 
約束を破ってみたり、
相手を軽く扱ってみたり
人を傷つけてしまうようなことを、平気で言ってみたり・・・。

 

いくら、

自分を大切にすることが大切といっても

 

何を言ってもいい!

何をやってもいい!

何でもあり!

 

そんなことをしたら

たちまち人間関係は、めちゃくちゃになります。

 

優しさ0

気遣い0

争い事 いっぱい。

 

みんな、我がまま、ありのまま・・・(^◇^)

 

それ、子供の世界です。

 

 

・・。

 

あらためて・・。

全肯定®は
自分の行動を、全部認めるちゅーことじゃないけーな。

相手の行動も、全部認めるちゅーことじゃないけーな。

全部認めるのは
自分の気持ち、相手の気持ちです。
 
・・。

 

 

優しさの本当の意味

憂い(ネガティブな感情)に、ただ寄り添うこと。
 
「あれしたらええよ」
「こうしたらええよ」
「こうしないと幸せになれないよ」
「そんなことをしてるから、あなたはダメなんだよ」
 
そんなことを
アドバイスしたり、指図することではありません。
 
なぜなら・・。
 
それが、いくら相手のことを思う言葉でも
苦しんでいる相手を、さらに傷つけてしまうことになるから・・。
 

 

・・。

 

全肯定®は、

感情の性質を理解し、大人の優しさにあふれた場所

あたたかさと安心感に包まれた場所

 

それを、みんなで守っていく

 

そんな場所を

自分の中から、自分の家族へ、

分の周りの人から、日本中へ・・、

 

少しずつ、少しずつ、広げていく場所なんです。

 

・・。

 

子どもの世界に戻りたい人は、こんといてな。

 

・・・。

 

 

【2月・3月の全肯定イベント】

 

〇×ラボin名古屋 【テーマ】コンプレックス