失敗した自分が許せない!失敗したら終わり!

 

「失敗をするのがイヤ!」

「失敗したくない!」

 

「失敗したくないーーーっ!」

 

と、失敗をさけている人は失敗します!

 

・・・。

 

あんな・・・。

失敗はね、

さけようとすればするほど・・。

 

失敗に、

意識が向きすぎるので・・。失敗する。(゜o゜)

 

なぜなら、

自分を必要以上に緊張させるから・・・。

 

失敗は、なれることが大事です。( ̄ー+ ̄)。

 

おいおいおいおい・・・。

と、思うかもしれませんが・・。

 

ほんまです!

 

 

・・・。

 

完璧主義の人はね、

失敗したら終わりだと思っています。

 

だから

失敗しないように努力したり、

失敗しないように充分に準備したり、

 

絶対に失敗しないように,崖っぷちでがんばってる。

 

あるいは

 

失敗したらいけないので、

はなから、新しいこと、難しいことにチャレンジしない。

 

失敗、だめ

失敗、だめ

 

絶対、失敗だめ。

 

心の中で、念仏みたいに唱えてる

 

なので・・。

 

すごく怖いし・・

 

たった1回の失敗で

どん底まで、突き落とされた気分になる。

 

もう、やりたくない!

もう、チャレンジしたくない!

 

って、動けなくなってしまう。

 

 

・・・。

 

あんな・・。

 

そもそも

最初から完璧な人なんていないんです。

 

なのに・・。

最初から失敗しないように、完璧にしようとする。

 

この考え方、間違ってます。

 

・・・。

 

完璧主義で、

あまり失敗した経験がない人は

 

失敗した時に

どう対処していいのかがわかりません。
 

おまけに

新しいこと、難しいことに

チャレンジしていないだけなのに・・。

 

失敗しないので

周りの人からも、一目置かれてしまうんです。

 

「あの人は、失敗しない人」

「あの人は、できる人」

「あの人は、ちゃんとした人」

 

そんな声が、

どこからともなく聞こえてくるほどに・・・。

 

( ̄ー+ ̄)。

 

失敗しないのが前提

ミスしないのが前提

しっかりしているのが前提。

 

そんな重ーーーい十字架を

いつの間にか・・、自ら背負ってる。

 

プレッシャー満載です。

 

きゃーーーーー。(゜o゜)

 

そんなの、

考えただけで怖いじゃないか・・。。。。||▄█▀█●

 

・・・。

 

たかぢんさんは、

失敗が、全く怖くないんです。

 

それは今まで、

何回も、何十回も、下手したら何百回も・・・。

 

失敗してきたから・・・。

 

なれてます。←おい。(^^;

 

おまけに

何百回も失敗を繰り返してきたので

 

周りの人はみんな、僕のことを・・。

 

おっちょこちょい

うっかり八兵衛

 

失敗するのが前提。

まちがえるのが前提

覚えていないのが前提

 

忘れてるのが前提

しっかりしていない前提

 

という、認識でいてくれる。

 

だから、ある意味ノンプレッシャーです。(^◇^)

 

・・。

 

まあまあ・・、

 

そうはいっても

最初からそうだったわけじゃないんです。

 

僕も

失敗が、すごく怖かった時期があるんです。

 

・・。

 

〇〇急便時代

セールスドライバーだったころは、わりと完璧主義者でした。

 

できる男

切れる男( ̄ー+ ̄)

注)こんなにかっこよくはありません。

 

 

けどな

はじめて4~5人の部下を持った時・・・。

 

僕がどんなに完璧にやろうとしても

 

ちらほら、ミスが起こる。

 

部下のミスは、僕のミス

 

だから・・、

部下がミスしないよーに、口うるさく言って

完璧にやらせようとする。

 

4~5人のうちは

まぁまぁそれでもまだ良かったんです。

 

けどな・・。

20人、50人、100人、

たくさんの部下を抱えるようになると・・。

 

しっかりやらせようと

ひとりでどんなにがんばったところで・・・。

 

誰かが必ずミスをしちまう。。。。||▄█▀█●

 

「評価が下がるぅ~

 管理能力がないと思われるぅ~」

 

「いやだーー!!!」

 

と、思って・・。

 

どれだけ

お尻をビシバシ叩いみても・・。

 

どれだけ、お灸をすえてみても

 

ミスが起きるときには、起きるんです。

 

しかも、立て続けに・・。

 

ほいで、ブチ切れる男。(^^;

 

・・、

 

で・・。

あるとき、ひらきなおったんです。

 

そして、思いついたんです!

 

そうだ!

ミスが起きてしまうのは仕方がない!

 

だから

ミスしないようにすることよりも・・。

 

ミスした後に、

どう対処するかを真剣に考えよう!

 

ミスをしたら、

いの一番に、お客さんのところに飛んで行って謝る。

 

m(._.)m

 

誠意をもって、

できる限りの対処をする。

 

そしたらね・・。

 

ミスしたはずなのに

失敗してしまったはずなのに・・。

 

逆に、

よろこばれたりするんです。

 

しっかりと対応してもらえて、

〇川急便を使ってて、ほんとうによかったって・・・。

 

信頼感が増したりもするんです。

 

・・。

 

おっ!うまくいくじゃんか(^◇^)

 

で・・・。

 

自分が、

ミスをしてしまった時にも

 

それを、応用したんです。

 

上に立つ者なのに、

できないと思われたくないから、

 

示しがつかないから、

失望させてしまうからって

 

ミスを隠そうとしたり、もみ消そうとしたりするんじゃなくて・・。

 

ミスした事実を堂々と認めて

「申し訳ない」って謝って・・。

 

自分にできる限り、精一杯の対処をする

 

それでも、

どうしてもひとりでは対処することもできないときには・・。

 

周りの人に、

もちろん部下にも

 

「ごめんなさい、おいらのミスです。」

 

と、謝ったうえで、助けを求める。m(._.)m

 

正直に、

「助けてほしい」と・・・。みんなにお願いする。

 

そしたらね・・。

 

いままで考えてもみなかったびっくりポンな

 

すごいことが起こったんです!

 

みんなが、

必死で支えようとしてくれるんです。

 

みんなで、

一生懸命に補ってくれる、守ってくれる。

 

失敗した僕のために・・。

 

・・。

 

それだけじゃないんです。

 

失敗しらからこそ

そして、それをみんなで補ったからこそ・・。

 

団結力がつよくなったり

信頼関係が深まったり

 

考えてもみなかった、結果が生まれる

 

失敗したら終わり。

 

と思っていたのに・・。

失敗したからこそ、新しい何かを得ることができる。

 

・・。

 

そんな経験を繰り返しているうちに・・。

 

いつの間にか

 

失敗 = チャンス!

と、思うようになったんです。(^◇^)

 

 

・・・。

 

失敗が怖い人の心の奥にあるもの

 

それは、

失敗する自分は、受けいれてもらえないという

 

不安や恐れです。

 

ダメな奴だと思われたくない。

ちゃんとしないといけない。

敗しないようにしないといけない。

 

そして、

それを必死で隠そうとする。

 

それが間違いのスタート。

 

 

あんな・・・

どんなに大きな失敗をしても、

 

自分にできる限り精一杯にやったら

みんな、受け入れてくれるけーな。

 

だから、怖がらないで

失敗、繰り返したらええよ。

 

新しいこと、難しいこと

好きなこと、やりたいこと・・。

 

どんどんやったらええよ。

 

で・・。

 

ミスした時

周りの人に助けを求めた時

 

それを

受け入れてもらえなかったら

許してもらえなかったら・・・。

 

その場所から、離れたらえーよ。

 

そこにいても

苦しい思いをするだけだから・・。

 

そこは・・。

あたたかくない、面白くない、つまんない場所だから・・。

 

それが正解

 

・・。

 

【2月・3月の全肯定イベント】

 

〇×ラボin名古屋 【テーマ】コンプレックス