◆「愚痴や不平不満を言ってはいけない」そんな迷信に苦しんでいる人のための記事

愚痴や不平不満ばかり言っているとしあわせになれない。
そんなことをよく聞きます。
わかってる。でも、毎日が苦しくてしんどくて、
ムカつくことばかり腹が立つことばかりで
思うようにいかない。いいことなんて、何もない。
だからつい愚痴や、不平不満ばかり言ってしまう。
しあわせになりたいだけのなのに。
はい・・。
僕は、無理やり愚痴や不平不満をやめなくてもいいと思っています。
そのことについて、順を追って説明していきますね。
愚痴や不平不満を言い続けて、一番しんどい人、困る人は誰だと思いますか?
あなたの気持ちを、わかってくれない人?
あなたに、小言ばかり言っている人?
あなたのことを、評価しようとしない人?
あなたに、意地悪ばかりする人?
違います。実は、あなた自身です。はい。あなたが一番、苦しいんです。
なぜなら愚痴を言い続けるということは、
ずっとその問題・悩みに、自分の時間やエネルギーを費やし続けることになるからです。
不平不満を言い続けることは、ずっと不幸な状況に自分の身を置くということ、
とらわれ続けるということです。
自分で自分を不幸せな場所に連れて行ってるのと同じことなのです。
そして、どんどん疲れていく。元気がなくなる。毎日毎日、一日一日がイヤになる・・・。
不平不満や愚痴を言い続けるということは、
問題を誰かのせいにしているということになります。
「あの人が悪い」「社会のせい」「親が悪い」と周りのせいにしていたら、
相手、他人次第で、あなたの幸せ・不幸せが決まってしまうということになります。
他人に振りまわされる人生を送ることになってしまうのです。
周りがよかったら、私はしあわせになれる。周りが悪かったら、私は不幸になる。
自分の人生を、周りが決める。うーん。つらいですよねー。 そんな人生。
はい。もう、この苦しいスパイラルから抜け出してください。終わりにしてください。
周りの人が、どんなにひどいことをしても、周りの人に、どんなことを言われても、
私は、いつもしあわせ♪ 自分のしあわせは、自分で創造する。そんな自分になってください。
では、自分のしあわせを人に振り回されることなく自分で創造していくためには
どうすればいいのでしょうか?
苦手な人に、ずっと振りまわされている。その人の行動がありえない。
ありえないことばかりで、それにいちいち腹が立つ。
言いたいけど言えない。あるいは、言っても言ってもなおらない。
そして、自分が苦しむ。
そんな時は、あなた自身が腹を立てなくなればいいのです。
相手の行動に反応しなくなればいいのです。感じ方を、変えてしまえばいいのです。
何を言われても、イヤな気持ちにならないように、
何をされても、機嫌よく過ごすことができるようにする。
どうしたらいいと思いますか?
その一番簡単な方法が、自分の感情を自分で処理するという方法です。
「なーーんだ・・・それならいつもやってるよーー」
そんな声があちこちから聞こえてきそうですが・・・。
おそらくほとんどの場合、処理しているのではなくて、
我慢している。抑えている。出てこないように隠してる。
こころに蓋をして奥に押し込んでる。なかったことにしてる。
実は、そうなってしまっていることがほとんどです。
※注)中には完全に処理できている人もいると思いますが・・。
大切なのは、我慢したり、抑え込んだりするのではなく、
その都度、完全に処理しきること。
生ごみをごみ箱に入れて蓋をしておくと
時間の経過をともにとんでもないことになりますよね?
あれと同じです。
だから、蓋をしておくのではなく、完全に分解処理する。
冗談みたいな話ですが生ごみも感情も、処理方法は同じなのです。
生ごみの場合は、土の中に埋めてしまえば、自然に分解されますが・・・。
感情の処理の場合には、体の中にため込んでも、
残念ですが勝手に分解されることはありません。
むしろ、黒いどろどろとしたものが、どんどんたまっていくばかりです。
でも、ほとんどの人が、感情の分解処理の方法を知りません。
だから、ふたをして放置する。そして、似たような状況になると・・・。
再び蓋をあけてゴミ箱へ・・。うえーーっ。。。<`ヘ´>。。
そのたびに、その匂いを感じてイヤな気持ちになる。
「臭い、くさい、クサイ!」と、愚痴や不平不満を言い続けて・・、
あげくの果てに自分を不幸せにしてしまう。
「臭い、くさい、クサイ!」 の正体は
実は全部過去の未処理分の生ごみの匂いなのです。
早く処理しなければ、大変なことになってしまいます。
僕が、愚痴や不平不満はやめなくてもいい、というのは、
「その思いを外に向かってぶつける(言う)」ということです。
(体の中にため込まないということです。)
しかも、中途半端に終わらせてはいけません。
その思いがしっかりと相手に届くまで、思いっきり力の限り、
最後まで全力で伝える。自分が達成感を感じるまで伝えきる。
「自分が達成感を感じるまで」←とても重要なのでもう一度書きます。
結論から言うと、
「達成感を感じる(すっきりする) = 処理される」ということなのです。
えーーーっ!そんなの無理!!怖くてできない。
そんなことしたら、とんでもないことになるし、
もっともっとひどい目にあいそうな気がする。
ひどい返り討ちにあってしまう。
そもそもそんなことしたってわかってもらえるはずがない。
絶対に受け入れてもらえない。
あるいはそんなことをしたら、嫌われる。
相手を傷つけて、傷つけた自分を責めて、さらに自分を苦しめてしまう。
ほとんどの人がそう思っています(信じています)
そして、それができないから困ってる。
もしかしたら今まではずっとそうやって、
蓋をし続けて苦しんできたのかもしれませんね。
実はうまく処理するにはある大切なポイント(コツ)があります。
そのコツさえつかめば相手に反論されることなく、
反撃もされない。新たなトラブルを生まない。
面倒くさいことにもならない。
相手を傷つけることもなければ嫌われることもない。
そして自分の気持ち(感情)は、しっかりと分解処理することができる。
しっかりと、終わらせることができる。すごいでしょ?
そのコツさえ覚えてしまえば・・・、
誰かの言動に振り回されることなく・・・。
例え、振り回されそうになっても自分の気持ちをうまくコントロールして
自分で自分のしあわせを創造することができるようになるのです。
自分の気持ちをうまく処理(消化)するコツをつかみたい!
そう思った方は、しっかりとサポートしながらそのコツを伝授したいと思っています。
すると、今抱えている問題がスルスルと解決していくと思います。
いつの間にかイヤな出来事が起こらなくなります。
しばらくすると相手の言動に振り回されなくなっている自分に気づくと思います。
きっと、これから先の人生を生きていくうえで、
自分自身のとても大きな財産になると確信しています。
はい。
お話できることをこころから楽しみにしています。