◆しあわせじゃない人・・。の中には、その前提となるものが必ずあります

いつも私は、大切にされない。

人に、軽く扱われる。

周りの人はみな、
ひどいことばかりをしてくる。

私のことは
誰もわかってくれない。

私の味方は
どこにもいない。

最初はうまくいっていても

いつかかならず、
ひどい目に合う・・。 裏切られる。

大きく傷ついたとき、
大きくショックを受けたとき、
嫌な思いをしたとき、

そんな気持ちになったことがありませんか?

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです

・・。

もう二度と、
「あんな思いはしたくない!」

傷つくのが怖いから・・・。

必要以上に、
裏切るのではないかと疑ったり、

軽く扱われないように、威張ってみたり、

軽く扱われないように
ひどいことをされないように

そうやって、
自分が傷つかないように
自分を守るための行動を過剰なまでにしてしまう。

もちろん
周りの人を信用できないし
こころも開かない。

で・・。

いつも、ひとり だと感じる・・・。

・・。

私は
人から大切にされない人なんだ。

と、一旦思いこんでしまうと・・、

いつも
“自分が大切にされないこと”
に、意識が向いているので・・。

言葉を変えると
“大切にされないアンテナ” がたっているので
o0339040012717906066 ←こんなの。

他の人は
気にならなかいようなこと
気づかないようなことでも・・・、

どんどん拾ってしまいます。(気づいてしまいます)

「ほら、やっぱり私は、適当に扱われる」
「ほら、やっぱり私は、後回しにされる」

「ほら、やっぱり私は、ひどいことを言われる」

「ほら、やっぱり私は・・・。」

と、どんなことでも、
私は、人から大切にされない。

という “感じかた” につながっていくのです。

そして、そのことでさらに
自分の思いが確信へと変わっていきます。

意識すればするほど、
フォーカスすればするほど、
どんどんとその証拠が集まってくるんです。( ̄□ ̄;)おいおい。

泥沼です。

すると・・、
「私は人から大切にされない」という前提で
物事を見たり、人と接することになってしまいます。

どうなると思いますか?

はい。

自分の中に
そんな前提がある限り、

目の前にあらわれる人、出来事すべて、
ひどいこと、傷つく出来事、裏切られることこと。

ばかりが、集まってくるのです。

||▄█▀█●||||

目の前の人が、
ただ普通にあなたに接してくれていても、
よかれと思ってやってくれたことも
あなたに優しくしてくれたことも・・・、

自分の中で、大切にされない変換されて

優しさや、あたたかさや、好意に
気づくことができず、受け取ることもできない。

自分もつらいし、
周りの人も寂しく感じることでしょう。

自分を傷つけないために、
自分を守るために

身につけた心の鎧によって、

いつのまにか、

気づかないうちに、
自分を苦しみ思考の渦の中に
引き込んでしまっている。

もったいないことです。

・・。

もし今のあなたが、
しあわせになれない証拠集めばかりを繰り返しているのなら、

もうそれは
手放す時期にきているのかもしれません。

しんどい時に、
いつも自分がつぶやいている言葉
を思い出してみてください。

どうせ誰も、私のことをわかってくれない。
どうせ私は、しあわせになんかなれない。
どうせ私は、嫌われている。

どうせ私は、裏切られる。
どうせ私は、ひとりなんだ・・。

自分の中に・・、
自分をしあわせにしない思い込み、そして前提
が。あることに気づいてください。

・・。

それがわかったら
それらと、しっかりと向き合う。

“そう思うようになった理由” 

が、かならずあるので、
その傷ついたままのこころに向き合う。

傷ついたこころ
が癒され、消化されたら、
自分の中の不幸の前提も消えていきます。

すると、
目の前で起こってる出来事、人の言動が
そのまま受け取れるようになります。

いいことは
素直に受け取れるようになるし、

悪いことに
過剰に反応することもなくなります。

ビックリするくらいに・・。

周りの人の
優しさやあたたかさ、好意、愛情に
気づけるようになるといいですね。

はじまりは・・・。
「お母さんは、私のことは大切じゃないんだ・・。」

「ほら、やっぱり・・。
お母さんは、私より妹の方が大切なんだ」

( ̄―+ ̄) 。

しっかりと向き合うと・・ 。
これからの人生が、ガラッと変わりますからね。(^_-)