◆いじめられた・・。ことで、人生が変わった。

おはようございます。

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです

僕は・・
いじめられてました。

と、言うと・・、

結構な確率で
「えーーー!そんな風には見えないです」
と・・、いまは言われますが・・・。

実は僕
身長が今でも低いのですが・・・。(T_T)。誰か10㎝分けてけろー。

小学校5年生で130㎝くらい。
とびきりのちびっこでした。。。|д゚)

なんせ、当時のあだ名が・・。ビチ。←ちびの反対( ̄ー ̄) フォント小さくしてみました。

いまだに、小中学校の同級生は、
男子はビチ、女子からはビチさんと呼ばれてます( ̄ー ̄)。

ほんで・・。会うたびに、
「大きくなったねぇーーっ」と言われます。←おいおい勘弁してくれよぉ(^_^;)

はい。
そんなことはどうでもいいとして・・・。

ほんで、僕は
小学校5年生の時に、
母親の実家のある片田舎に転校したんです。

そんで、なんでか知らんけど、
「岩国(都会←でもないけど(^_^;))から、
ソフトのうまい奴がくるらしい」

と、いう噂が、広まっていたらしく
(T_T)←実際はそんなにうまくなかったんです。

その片田舎に住む同じクラスの番長が、

自分がソフトボールのエースだったから、
僕の存在が邪魔だと感じたのか・・・。

転校初日から、
いじめられるハメに・・・((+_+))

身長差20㎝・・。
どう見ても勝てそうにない。。。||▄█▀█●||||

僕・・・、
なんにもしてないのに。

いじめられっ子・・。

真っ暗な新学期のスタート。

来る日も来る日も、いじめられ続けました。

つま先にセロテープで画びょうを張っつけて
その上履きでけられたり・・・

給食のパンに
ごみをひろい集めて挟み込んで、
「食べろ!」と言われたり

番長の手下と
無理やりケンカさせられたり

学校の帰りには毎日、
大きい番長の小脇に頭をロックされ←※ヘッドロック←(当時はやってたプロレス技です)

自分の家とはまったく逆方向の番長の家まで
引きずられて連れていかれたり・・・。

それから、とぼとぼと泣きながら、
真反対の家に30分かけて帰る・・・。

いま思い返してみても、
結構ひどいことされてたなぁー。。。(>_<)

でも・・、
僕は何も言えなかった。

どうしていいのか、
対処方法がわからなかった。

どうすることもできなかった。

だから、
いじめは、ずっと続いていた(T_T)

そんなある日
遠足かなんかの時だったと思うけど・・。

おかあちゃんが僕に、
真っ白のかっこいいズボンを買ってくれた。

「たかし、白いズボンじゃけー
汚さんよーに気をつけんさいよ」と言って
僕を送り出してくれた。

うちは貧乏だったので、
なかなか新しい服を買ってもらえなかったので

それが、とてもうれしかったのを覚えています。

で・・。

その日、
いつものように、
番長の小脇に抱えられながらの帰り道。

番長が、赤い木の実を見つけて・・

それを僕にぶつけてきた。

赤い実で、
白いズボンが赤く染まった。。。

それを見た瞬間・・。

。。。。。。。。。。。。。。。( ゚Д゚)!

とっさに
「おじさんに言いつけちゃる!!!!!!!!!!!」

いままで
出したことのない大声で叫んで、

走って逃げた
おじさんの家に向かって・・・。

※ちなみにおじさんとは・・、
偶然、番長の家のとなりに住んでいた僕の叔父

いままで、
逃げられないと思って、言いなりだったけど、
僕は無我夢中で叫んで、走ったんだと思います。

そしたら、
番長が追いかけてきて・・・。

そして、僕の手を握り締めて・・・・

「悪かった!悪かった!許してくれ!!」

はい。
その日以来、いじめは終わり。

きっぱり、THE END。

いま思えば、
番長もかわいいもんだったんです(^-^)。

それからは、
ソフトボールのチームメイトとして一緒に汗を流し、
中学校でも一緒に野球をして・・。

大親友。

いまでも年に1度は必ず会っては
このいじめの話で、盛り上がるほどです。(^◇^)

実は・・・。

この時の経験が、
僕の中では ”とっても大きな財産”
になっています。

どういうことかというと・・・。

理不尽な扱いを受けた時
いやな思いされられたとき
嫌なことをさせられそうになったとき・・。

はっきりと
「嫌だ!」 と言えるようになったこと。

「やめてほしい」
「それはおかしいじゃないか!」

面と向かって
相手にいうことができるようになったこと。

抗議できるようになった。
自分を守れるようになったこと。

その時の・・。
「おじさんにゆーちゃる!」のひと言で
力では到底かなわない番長に
抗議することができた。

自分の行動で
いじめを終わらせることができた。
※おじさんの力、借りてちょとせこい気もするけど・・・(^_^;)

それでも自分で
苦痛を、はねのけることができた。

いま思えば・・。

その”成功体験”
僕のその後の人生を大きく変えた
といってもいいかも知れません。

その後、
中学、高校、仕事について・・、

いろいろなことがありました。

先輩に
ひどい扱いを受けたり

友達に
仲間はずれにされそうになったり

上司に
理不尽なことを言われたり・・。

嫌なことは、
山ほどありましたが・・。

そんなとき・・。

ただガマンして、
黙って受け入れるのではなく、

しっかりと、伝える。

自分を守る。
ことができるようになったのです。

ひとつの成功体験が、自分自身を変えた。

そして
なにが起きても大丈夫!
自分で対処できる!

そんな確信が
自信に変わった

そんな気がしています。

人は
一度成功体験があれば、
その次からは、できるようになるのです。

ぼくがそうであったように、
これは誰しもがそうなのです。

僕のところに相談に来てくださる方は、
言いたいことを言えずに我慢する・・・。

受け入れてしまう、言えない、
という方が本当に多いです。

自分の気持ちが言えなくて、苦しんでいる。
一度も言ったことがない。

または、
言ったら、もっとひどい目にあう。

だから、言えない。

で・・・、
常に周りに気を遣ったり
まわりの人の言動に、振り回されて

苦しんでしまう。

そんな方に
成功体験が大切

だから、がんばってやりなさい。
一歩を踏み出しなさい。

と言ったところで・・。

現実の世界で
いきなり相手に向かって言いたいことを言うのは
とても勇気がいることです。

とても、怖いことです。

よね・・?

だから、
全肯定!心理カウンセリングの中では、

ある特別な方法を使って、

言いたいことを言ったり、
相手の立場になって気持ちを知ったり、
成功体験をつくってもらいます。

そうすることで、
言いたいことを言うこと、
言っても大丈夫なこと、

言えば、
相手が自分の気持ちを受け入れてくれること、
などを体験していきます。

一度成功体験があると、
人は、勇気がわきあがってくるものです。

そして、
小さな成功体験を積み上げることで
力が湧き上がり、自信がみなぎってくるものです。

かならず
できるようになります。

僕にとっての一度の経験が、
その後の人生に大きくいい影響を及ぼしたように、

カウンセリングの中での一度の成功体験が、
今後のあなたの人生を、
生きやすく、明るく、楽しいものに変えることができるのです。

(^◇^)。

最近は・・・。

この人の大活躍で、
カウンセリングや心のことに興味を持ってくださる方が増えて、
カウンセリング、セミナー、講座を受けてくださる方も
全体的に増えてきていると思います。

ひとりでは
どうすることもできなかったことが
専門家の力を借りることで解決していく。

それは、
ほんとうに素晴らしいことだと思っています。

いろんな人のカウンセリングを受けてみて
いろんなやり方があることを知って・・。

自分にあったやり方を見つけて・・。

自分のしあわせ
自分で創り出すことができたらいいですね。

あなたのしあわせを
こころから応援しています。

全肯定!心理カウンセリング 公式サイト

■全肯定!(電話・スカイプ)カウンセラー養成講座

■笑顔ママ育成講座

■認定カウンセラーによる
全肯定!無料電話カウンセリング