カテゴリー: ブログ

◆川村真奈美/札幌…

脱!依存!もう神様・宗教に頼らなくてもいい
全肯定!心理カウンセラーの川村真奈美

★ブログ http://ameblo.jp/mananamanana11/

プロフィール

image1

脱!依存!もう神様・宗教に頼らなくてもいい
全肯定!心理カウンセラーの川村真奈美です。

私は…、
父親が“アルコール依存症”、
母親が熱心な“宗教信者”の家庭で育ちました。

物心ついたころには、父はお酒を飲んで大きな声を出していました。
怖かったし、どうしたら怒られないで済むかばかりを考えて行動していました。

母に連れて行かれる宗教の集まりや布教活動では、
いつも“いい子で従順な私”でいなければなりませんでした。
従順じゃなければ、革のベルトで何度も何度も叩かれました。
私が自分の考えを話せば、聖書の考え方に変わるまで
「本当にそれでいいか?」「それで神様を喜ばせられるのか?」
と、何度も何度も聞かれました。
私の考えなんて、何もなくてよかった。
どの答えが正解なのか?答えは最初から全部決まっていて
自分で答えを選べることなんてありませんでした。

・親には従順に、女性は男性に使えるもの。
・自分のしてほしいことを他の人にしなさい。
・与えることが愛です。
・貪欲はいけません。
・争いごとはいけません。

そんな風に、ずっと言われてきました。
なので、いつも人間関係の中でそうしてきました。
いつも笑顔で、自分を出す事はなく、他人に合わせる。
大切な物をあげて、自分よりも人を優先して大事にしました。
それが愛することだと思っていたし
他人とうまくやっていく方法だと思って生きてきました。

でも、すればするほど、人間関係がうまくいかなくなっていきました。
「嫌われたくない」「見捨てられたくない」
そう思って相手に合わせれば合わせる思うほど、ひどい仕打ちとして返ってくる。
自分は一体何が好きなのか、何がしたいのか、どう生きたいのか、
大切な物や時間と一緒に、自分の心もあげて、自分が無くなっていきました。
何もなく、ただひたすらに神様や親、他人の言うことに流されて生きる日々。

私は、自分が嫌いでした。
どんなにやってもうまくいかない
限界まで我慢しては、爆発して壊してしまう。
それでも、見捨てられるのが怖くて、すがりついてしまう。

仕事も長続きしない
結婚生活もうまくいかず離婚
子供を愛したいのに愛せない。
娘に触れられる事もイヤになってしまいました。

神様の教え通りにしようと思ってもできない、そしてやってもうまくいかない。
私の中には常に、罪悪感・義務感・自己嫌悪が渦巻いていて
何かに、誰かに、依存しないと生きていけなくなりました。
そして、依存すればするほど、「いつか捨てられる」という不安と孤独感が、
いつもつきまといました。

不安を感じないように感情に蓋をして
何も感じないように、物でダメなら自分を差し出して
いつでも他人からの評価や、周りの目を気にして、他人の物差しに合わせて生きる。
それしか方法がわからなかった。そうしないと生きていけませんでした。

そして、娘を感情のはけ口にして、怒鳴ったり、無視したり
私はずっと「従順にしなさい」と言われ従ってきたのに、
「どうしてこの子は私に従順にしないんだ!」そんな怒りがこみあげてくるのです。
言い返したり反抗したりする娘を、“悪い子”そんな風に決め付けて
一番イヤだった親からの支配、酔った時の父が私にしていたようなひどいことを、
いつの間にか、自分が娘に対してやっていたのです。
そのことに気づいたとき…、私は絶望しました。

「私には、生きる価値はない!
世の中に起こる悪いことは、全部自分のせいだ!もう死んだほうがいい」

私が全肯定に出会ったのはそんな時でした。
毎日、「死にたい」と思いながら、いろんなカウンセラーの方の
ブログを読んだり、動画を見たりしていました。

ある日、洗濯物を干していたら、携帯からたかぢんさんの声が聞こえてきました。
優しい声でした。「そうかそうか。それはつらかったなぁ。よく頑張ってきたなぁ…」
「なんでそう思うの!どうしてそうなの!なんでうまくできないの!」
毎日そんな言葉で自分を責めていた私にとって、たかぢんさんの言葉は衝撃的でした。

「この人に会いたい!この人に会ってダメならもう死のう」
そう思って、オープンカウンセリングに参加しました。
結果…、全肯定に出会えて、今も私は生きています。
あの日、たかぢんさんの声に出会えていなかったら、
私は今、もうこの世にはいなかったと思っています。

たくさん辛いことがありました。
だけど今は、少しずつ、自分を取りもどしながら幸せを増やしています。
母や父との間に、心の境界線を引くことが出来てから、人間関係も随分楽になってきました。
娘からの、「こうやって生きてもいいよ!」という、反抗という形ののメッセージも
受け取ることが、少しずつ出来るようになりました。
そして、娘の無邪気な笑顔、怒る姿も、愛おしいと感じることができるようになれたのです。

たくさん辛いことがあったからこそ
たくさんの辛い気持ちに寄り添えると思っています。
「そうかそうか。辛かったね。よくここまで頑張ってきたね」と
私がたかぢんさんの言葉に救われたように
私も皆さんの辛い気持ちを軽くするお手伝いをさせてもらえたら嬉しいなぁと思います。
どうぞよろしくお願いします。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆藤原有紀(ゆきん…

コンプレックスに悩むあなたの心に寄り添います♡
全肯定!心理カウンセラーゆきんこの「本来の自分に戻る」カウンセリング

★ブログ http://ameblo.jp/nijihimeko/

プロフィール

yukifujiwara

はじめまして。
全肯定!心理カウンセラー ゆきんこ こと藤原有紀と申します。

私はずっと・・
自分には価値がないと思っていました。

私は生まれつきの心臓の病気で、
何度も手術を受けたので身体に傷痕が残っています。

子どもの頃から
「私はみんなとは違うんだ。出来損ないなんだ。」
と思ってきました。

大人になるにつれ、
身体の傷がコンプレックスとなり女性としての自信も持てなくなりました。
自分の傷を嫌っていました。ずっと見ない様にしてきました。
いつも自分を隠したい気持ちがありました。

そして、そんな自分をさらけ出すことができないので、
私は誰かに頼ったり、甘えることができませんでした。

何か問題が起こるたび、手あたり次第に本を読み、
インターネットで検索してはブログを読み漁り、
問題を解決するプログラムに申し込んだり、
良妻になるセミナーに参加してみたり・・・
でもやり方をいくら習っても、実践できませんでした。

やっぱり私はダメなんだ・・・。
思考が同じ所をぐるぐるまわり、自分を責めてさらに苦しくなりました。

でも全肯定!に出会い、心がどんどん緩んでいきました。
たかぢん師匠の全肯定!カウンセリングを受けて、
初めて自分の傷をじっくり見ることができました。

私はダメなんかじゃない!
実は、この傷こそが私が頑張ってきた証なのだ!
むしろ私の強みであり勲章なのだ!
と胸を張って言える様になりました。
やっと本来の自分として生きることができる!
身体中が喜んで、力が湧いてくるのがわかりました。

頭でどんなにHOW TOを理解しても、
心を置き去りにしていては実行に移せないのです。
まずは自分の心でFEEL TOをすることで、
自分を知り、心を癒すことが大切です。
心が癒えれば、苦しみの渦に巻き込まれることなく、
自分で人生の舵を切っていくことができます。

もう大丈夫です。
私があなたのどんな気持ちにも全肯定で寄り添います。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆なかのひろみ/東…

自分がきらい!
全肯定で誰よりもあなた自身と仲良くなろう!
周りも幸せになる!カラーから自分らしく輝こう!

全肯定心理カウンセラー・なかのひろみ

★ブログ http://ameblo.jp/mr-kobu-hibiki/

※カウンセリングは、女性限定とさせていただきます。

プロフィール

s_DSC06751 (1)

全肯定!心理カウンセラーの なかの ひろみです。

私はいつからか生き辛さを感じていました。
でもそれはみんな何かあるだろうし、これぐらい我慢してるはず。
大人なんだから私が我慢できることはして当たり前と
思って生きてきました。

その辛さが耐えられなくなってきたのは結婚してからでした。
今から思うと…、私は結婚前から先の“幸せ”を描いていませんでした。

旦那は、悪い人ではありませんでした。
ただ・・「どうせ俺なんて」と自分を責める人でした。

付き合い始めた頃、元カノがずっと忘れられなかったけど
やっと忘れられそうだと旦那が言ってくれました。

ですが…、婚約指輪を買いに行った時…、
「元カノだったら良かったのにって思った」と言われました。

普通なら怒ったりすると思います。
だけど私は、ただ「なぜそんなことを言うのだろう…?」と驚き
「この人の気持ちを受け止めてあげないと」と思っている私がいました。

いまから思うと、とても不思議なのですが
この時、“本当は大きく傷ついていた”ことに、
私は、気づいていなかったのです。

結婚の準備は、すべて私がやりました。
結婚してからは、私の方が仕事してる時間は短いのだからと
「家の事は主婦がするのが当たり前なんだ」とひとりで動いてました。

「主婦とは、夫のすべてをサポートするもの・・、」
「母のように献身的に支えるものなのだ」と思いこんでいたのです。

そして、旦那の2度の転職。
1年間無職の間は私は仕事と家事も全部していたので
イライラすることもありました。

旦那との未来を描けないまま不安を感じたまま、月日が流れました。

周りにはそれなりに過ごしているよと
本当はどうしていいのかわからないのに
相談も出来ず人の話ばかり聞いていました。

気づいたときには…、
心のぽっかりと穴があいてるのを感じながら、
ただ泣いてる私がいました。
でも、なんかそのうち落ち着くよねとごまかしていました。

弱音を吐けず、自分で出来る事はするのが当たり前。
迷惑をかけるなんてダメだと思っていました。
自分ができないことを人に見せることも出来なかった。

でもこのまま生きていても…。意味があるのだろうか?
今、振り返ると、生きているけれど心は死んでいたと思います。

そんな私でしたが友人の話に寄り添っていると
自分を認めれるようになった友人が一言
「カウンセラー目指したら?」

私は何を言っているのだろう?私が癒されたいのに。。。
と思いながら聞いてました。

そこで出会ったのが全肯定!と言いたいのですが…、心屋でした。
それが、2014年の春。夏には、心屋マスターコースに通っていました。
そこで自分よりも他人を優先が当たり前と思っていたことが
違うのだと知りました。

少しずつ緩んでいく私とともに離婚の話が進み始め
2015年の3月にマスターコースを卒業してすぐに
15年間の結婚生活を終えました。

そこから両親や友人、マスターコースを卒業したときには
「おめでとう」まで言ってもらい、誰も責めてないのに
心を学んだのに、離婚した自分をずっと、責めてました。

周りと同じように出来ない自分を責めていた時に
全肯定を知り、たかぢんさんの本を読んで…、
今の私は、“癒し”の時なのだと気づき、
気持ちが楽になったことを覚えています。

そして9月に東京オープンカウンセリングに参加し
見ているだけなのに、癒されながらも頭とお腹が反応し
そのことにびっくりして、「私にはきっと必要なはず!」
と思い、2016年の2月から念願の全肯定養成講座を学びました。

そこで学びながら全肯定に触れているうちに、癒されていき
少しずつ思考ではなく、心の声である私と仲良くなれるようになりました。

カウンセリングを受けてからは、
自分を大事にしないとこんなに悲しくて、子供のように泣きたくなることを体感。
どれだけの間、心の声に傾けるのを待っていてくれたのだろう?と思うたびに、
自分に向かってごめんねと謝ります。
それに気づいてから、自分を否定することが減りました。

本当は誰も自分のことを責めたくないですよね。
それなのに責めてしまうことが苦しい。
でも、自分の本当の心の声を一人で受け止めるのがこわい。

本当は…。知るのがこわいから
気づかないように、私もたくさんしてきました。

たくさん作っていた心の壁を
ゆっくり、ゆるめたいと思ったら、私にお話をしてみてください。
離婚の迷いも話してみると変わるかもしれません。

離婚前や離婚後のいろんな思いも抱え込まずに話してみませんか?

あなたのどんなお気持ちも否定しないでお話を聴かせていただきます。
あなたの心にそっと寄り添います。

全肯定!心理カウンセラー
心屋リセット認定カウンセラー
アドバンスプロカラーセラピスト

なかの ひろみ

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆盛岡正伸(まーく…

介護疲れ・うつ・燃えつき症候群専門!
全肯定!心理カウンセラーの盛岡正伸(まー)です

★ブログ http://profile.ameba.jp/masanobu5599

プロフィール

1463303638615

初めまして
介護疲れ・うつ・燃えつき症候群専門!
全肯定!心理カウンセラーの盛岡正伸(まー)です

私は学校を卒業後、家族と共に自営業を10年ほどおこなった後、
全く違うジャンルである介護の職場で働く事になりました。
介護の職場では、登録ヘルパー、社員、サービス提供責任者など、
さまざまな職種を経験しました。

初めて私が働いた職場は、デイサービスというジャンルの介護施設で、
毎日朝6時半から夜10時や11時まで気合と根性で働き続けました。
極度の緊張の中、何に対しても『はい、やります』と答えていました。

そしてある日、
私は、念願だった施設長になることが出来ました。
でも、実際の施設長の業務は思っていたよりも過酷で
毎日上司から売り上げの事で『お前は給料泥棒か』と罵られていました。

部下の前では施設長らしく振舞い・・、
上司からの電話は、応接室に隠れて取るようになりました。
寝る暇もないほど、気合と根性で働きましたが、
毎日、胃がキリキリと痛み、食欲も出ず、どんどん体重も落ちて行き、
自分が自分で無くなっていくような感覚を感じていました。

そして、ある日突然…、
燃えつきたように動けなことがくなり、出勤できなくなったのです。
私は、切り捨てられるかのように、一般社員に降格になりました。

極度のプレッシャーから解放されたこともあって
なんとか、出勤することはできるようになりました。
頭の中ではいつも「家族のために頑張らないと・・」
そう、自分に言い聞かせ、ムチを打って頑張っていました。
そんなことがしばらく続いていたのですが…。
またもやうつ…、登録ヘルパーに降格しました。

「どうしてこんなことになったんだ?」
「どうすればいいんだ?」
「これから先どうなってしまうんだ」
その言葉が頭から離れず、今までの自分を責めてばかりいました。
「頭がおかしくなった」もう終わりだと思っていました。

そんな私の姿を見た、信頼し尊敬している方が数冊の本を貸してくださりました。
その頃の私には、かなり自由な時間がありましたが、本を読む気にはなれず、
毎日山積みにした本を眺めているだけでしたが・・。
読まないのも悪いと思い、少し読んでみると、そこには、その頃の私に必要な事が
たくさん書いてあり、私は泣きながらいっきに本を読みました。

私の心は少しずつ回復していき出来ることから毎日少しずつ行動し、
登録ヘルパーから社員になり、社員からサービス提供責任者になりました。
それから心の本を読む事が趣味になり、
私も「カウンセラーになって心の苦しさに悩んでいる人のお役に立ちたい」
という思いが強くなっていました。

その頃に出会ったのが、
全肯定!心理カウンセラーの藤村高志さん(たかぢん)の本でした。
本を読み終えた後、藤村高志さん(たかぢん)の事をネットで調べ
ブログを読み、養成講座の存在を知りました。
そして、受講する事を決めたのです。

同時に、自分がいままで感じていたこと、経験してきたことを
「誰かの役に立てば、心の支えになれば…」という思いで書き始めました。
書き始めてわずか数日のことでした。
僕のブログを読んで下さった方からの、カウンセリングのご依頼が入ったのです。

そして、学んだばかりのカウンセリングを
僕にできる範囲内で、精一杯させていただきました。

そして僕は、はじめて体験したのです。
カウンセリングの前と、受けた後で、クライアントさんの表情や声のトーンや、
まるで別人のように、変わっていく姿を、目の当たりにしたのです。

「カウンセラーになって本当に良かった」
「これが、自分が本当にやりたかったことなんだ」
と、心から思うことができたのです。

それから先も、
人と人の関わりの中で、周りの期待に応えきれず、
どうしていいのか、わからなくなってしまった方。
家族の介護に疲れ、身も心もボロボロになってしまっていた方、
多くの方々のお話しを聞かせて頂きました。

僕も、“周りの人の期待”に応えようと精一杯頑張り
それなのに、うまくいかなくて、心が疲れ、動けなくなった1人です。

悩みに大きい小さいはなく、どの悩みも
その人にとっては真剣な悩みなのだと私は思います。
何を話しても大丈夫です。話せなくても大丈夫です。
長い間があいても大丈夫です。支離滅裂でも大丈夫です。

まだお会いした事のない、あなたと出会える事を楽しみにしています。
僕が、これからのあなたの幸せのなんらかのきっかけになれたらと、心からそう思います。

長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。感謝しています。

ブログ
http://profile.ameba.jp/masanobu5599

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆かわかみかずよ/…

自分らしい結婚・生きがいを手に入れて輝きたい
強がり・負けず嫌い・ガマン強い・完璧主義の方のための全肯定心理カウンセラー・かわかみかずよ

★ブログ http://ameblo.jp/all-ok-mirai/

プロフィール

FullSizeRender

はじめまして、全肯定心理カウンセラー・かわかみかずよです。

自営業の家に生まれ、親からは、
「あとで」「忙しい」と常に言われて育ったせいか
喜怒哀楽は表現しないようにしていて、
家では存在感を消しているような子供でした。

短大卒業後OLとなりました。
恋愛は、そんな家庭環境のせいか気持ちを素直に伝えるのが苦手で、
占いに振り回された時期もあったものの、結婚への焦りを手放した28歳の時、
夫と出会い結婚。2人の男の子に恵まれました。

夫との生活は穏やかで心地よいものなのですが、
それと反比例するかのように自分の親戚のトラブルに悩まされる毎日。
母に相談しても体面ばかりつくろうため全く力にはなってもらえず、
逆に親戚をかばう姿に失望し、悲しくて、母とは距離を持つようになりました。

月日が流れ子供たちの成長とともに自分の時間が増えていきました。
妻・母以外に仕事をして人の役に立ちたいと、
趣味も資格も特技もない専業主婦から勉強して、カラーセラピストになりました。
ビジネスのコツを学びたいと参加した起業講座では、
あまりの厳しさに驚き、落胆し音をあげました。

3年前、美容関係の会社の方と知り合い、
セラピストとしても成長・活躍できるチャンスがあると聞き、そこでの仕事も始めました。
しかし、親子ほど年齢の離れた女性上司から、
仕事上でやることなすこと否定され、半ウツ状態になってしまった私がいました。
それらをきっかけに、自分は頑張っているのに理不尽な思いをする・わかってもらえない・評価されないという同じような壁に当たることに気づいたのです。
でもまだ、親を始め、周りの人や環境のせいにしようとしていました。

その後ひょんなキッカケで出会ったスピリチュアルで、
心の在り方が現実の現象を作るということをを知りました。
何か根本的な所を解決したほうがいいかもしれない、と思い始めて
自分を見つめることを徹底的にやってみようと取り組んでいきました。
そんな中、全肯定カウンセリングに出会ったのです。
オープンカウンセリングに参加して、師匠・たかぢんさんやカウンセラーの方々の、
人を、私を、全て肯定して包み込む温かさに触れました。

学びながら、
ネガティブな感情を持つことをダメだとしていたことに気づきました。
弱さは出せずに、相手に対する望みをぶつけすぎてたことに気づきました。
自分が自分を最も受け入れていなかったのです。
自分を否定していた!周りが変わることを求めていた!のです。

心や感情の扱い方を学び、ワークを通じて、
自分を認めてラクになるうちに、弱音も出せるようになりました。
それを全肯定されていくうちに、悩みのパターンから抜けることができました。
そして、もっと多くの方に全肯定の素晴らしさを知ってもらいたいと
思うようになりました。

友達には弱いところ見せたくない。
話したけど、ラクにはならなかった。
同じところでグルグルしている。
一生懸命笑顔にしてるけど、でも本当はいっぱいいっぱいで、限界・・・
誰かに聴いてほしいけど、周りの誰にも言えない・・・
普通に聴いてもらうだけでは悩みが解消されない・・・

こういうことがあるかもしれません。
人一倍頑張ってきましたよね、努力もしてきましたよね。
わかります。なぜなら、私がそうだったから。。。!

全肯定カウンセリングで
○ネガティブな思いも全て受けとめてもらえてラクになる
○過去のくすぶっていた未解決の思いがクリアになる
○ありのままの自分を大事にできる
○相手が周りが、違う角度から見えることで関係性が変化
○自分の中から、一歩踏み出す勇気が湧く
○自分のあり方に気づくことで行動、状況が変化
こんな新しい自分になっていけます。
カードリーディングで、今のあなたにぴったりなメッセージもお伝えいたします。

強がり・負けず嫌い・ガマン強い・完璧主義で気持ちを抑え込んできたけど、
本当は自分らしい結婚・生きがいを見つけて輝きたい方、
私に胸の内をお話ししてみませんか。
心がほぐれて次の一歩につながるカウンセリングで、
本当のあなたらしい輝きを放つお手伝いをさせてください。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

ずっと、見張られて…

監視カメラが、怖いんです。

t01620162_0162016213682097681

だから、
外に出るのも怖いし
コンビニに行くのも怖いし
自宅マンションのエレベーターに乗るのも怖い・・・。

携帯電話も
GPS機能を使って、誰かが私の行動を監視してる。

だから、携帯を使うのも怖い。

ネットに書き込みしたり
コメントを残したりするのも・・。

誰が見てるかわからないので、怖くて書き込めない。

常に周りの誰かに
見張られてる、監視れてる、

私の素行をチェックされてる。

怖くて、怖くて仕方ないんです。

気分転換にカーテンを開けても
その瞬間、近所の人がサッとカーテンを閉める。

そこでもやっぱり
見張られてる・・、そして、怖い

誰も、信用できない。

だから・・。

家の外ではもちろん
家の中でも、常にビクビクしてる。

身動きがとれない。

・・。

恐れはね・・

逃げると、
どんどん追っかけて来るんです。

逃げれば逃げるほど
どんどんどんどん恐れが大きくなるんです。

逃げたら
その恐れに、一生追っかけられ

恐れを避ける一生
監視され、自由のない一生に・・。なってしまう。

・・・。

逆に・・、

逃げずに、しっかりと
“対峙” することさえできたら・・・。

恐れは、必ず消える!んです。

対峙とは・・、
逃げずに、立ち向かうこと。

もう少し、詳しく書くと・・。

自分に危害を加えたり
自分にイヤなことをする人
自分から、自由を奪う人。
自分を脅かす存在に、対して、
まずは相手を見て、しっかりと向き合って・・。、
「いやです」
「やめてください」
「そんなことを言わないでください!」
「そんなことをしないでください」!」
「近寄らないでください!」
と、言葉に出して、“自分を守る”こと
脅威から
逃げたり、避けたりするのではなく

自分自身の力で

“能動的に自分を守ること”ができたとき・・。
自然と
怖れが小さくなるし
自分のことを監視する人も、責める人もいなくなって・・。
自由になれるんです。

もともとはね・・。
監視カメラが怖いんじゃないんです。

その先にいる誰か・・。

もっと詳しくいうと、過去に
監視され続けてた、誰かが・・。怖いんです。( ̄ー+ ̄)
※長くなるので、これ以上書くのは、やめておきます。

・・。

いままで、
どうすることもできなくて・・。

ずっと避けてきた人は・・。

もしかしたら恐れが、
とてつもなく大きいものになってしまっているかもしれません。

凄く怖い・・、すごく怖い・・。

だから、無理。

と、思うかもしれませんが・・。

身動きとれない状態から、解放されたい!

監視状態から、解放されたい!

もう、怖いのはいや。

自由になりたいし
自由に行動したい!

と、思ったら・・。

勇気を出して、
一歩を踏み出してみてください。

・・・。

最初はね、
すごーーーく怖いと思いますが・・、

大丈夫!

たかぢんがそばにいて、
エネルギーを貸してあげるから・・・。

たかぢんは強いんです!ストロングです!( ̄ー+ ̄)

どんな脅威にも、ビビったりしません。
しかも、絶対に逃げることもありません。

なぜなら、いままで山ほど
怖いことを経験してきたし、すべてに対峙してきたから・・。

だから・・。こんな鋭い目
t02200330_0480071913682104795

に、なっちゃったんですけどね・・。。(^^;

※「たかぢんが怖い!」とも・・、よく言われますが・・。( ̄ー+ ̄)
大丈夫です、味方です。

はい、なので・・。

そこから抜け出す方法
何通りも、何十通りも知ってるから・・。

大丈夫(^◇^)。

・・。

けどな・・。

残念ながら・・。

たかぢんが、
直接守っちゃ、いけないんです。

それをしてしまうと・・。

単なる依存。
またまた、あなたの自由を奪ってしまうから・・。

なので・・。
あくまでも、守るのは、自分です。

その先にだけ・・、自由があります

・・。

☆彡6月30日(木) たかぢんが新潟に初上陸(^^)☆彡
□ 全肯定!〇っとレッスンたかぢんダイジェストin新潟
 午前10時~12時
□ たかぢん単独オープンカウンセリング
 午後1時30分~6時

詳細・お申込みは こちら

自宅にいながら・・、
幸せが自分の中に、そして周りの人に広がる!

□全肯定!電話・スカイプカウンセラー養成講座

開催まで、1か月を切りました!

◆詳しくは、こちら
◆お申し込みは こちら

専属ヘアーデザイナ…

散髪にゃう。(^o^)
o0480036013681428871

テラスで、上半身はだか・・。

中学時代・・、
おかあちゃんに、庭で丸坊主にしてもらったこと・・。

思い出して・・、うるうる気分です・・。(T_T)。

バーバーみゆき、真剣です↓※注)ばばあではありません

o0480036913681428876

僕が

あまりに頻繁に・・。美容院に行くので・・。
「もったいないので私・・、切ってあげる」と・・

100円ショップに出かけて・・。

スキばさみ、こーて
大学時代、美容院でバイトしてた・・。

昔取った杵柄・・、発揮中です。( ̄ー ̄)。

みぃちゃん←妻。
切るの上手なんです!

今日から僕の、
専属ヘアデザイナーさんです。(^◇^)。

・・・。

今朝、テレビを見ていたら
偶然、“スイスの旅行記”みたいな番組やってて・・。

8月9日から、
スイスに行くので、興味津々で見ていたんです。

そしたらね
スイスに暮らしてる、あるおばあさんと、そのお孫さんが出てて・・。

テレビのスタッフに
そのお孫さんのこと、紹介してたんです。

「この子はね、
ハリーポッターに似てるの、かわいいでしょ?」

「ハリーと同じで、
とても優しくて、かしこい子なの・・。」って・・。

そしたらね・・。その子、
おばあちゃんの横でニコニコ笑ってて・・

本当にうれしそうな顔をしてて・・。

それ見てて、ほっこりしたんです。

・・。

日本人は、
謙遜の文化なので・・。

自分の子どものこととか、孫のこととか
周りの人に、そんな風には紹介しないけど・・。

このおばあちゃんみたいに

「本当に、いい子なのよ」
「可愛い子なの、優しい子なのよ~」って、

言ってあげることができたら・・。

その子にとって
どんなに大きな自信になるんだろうって・・。

思ったんです。

そんな風に、
言ってあげられるようになったら・・。

みんな、幸せになると思うんです。(^◇^)

・・。

日本人の多くが、謙遜基本で・・。

誰かに褒められても
「いやいや、大したことないんです・・。」とか、

何かをあげたときにも
「つまらないものですが・・。」とか

お嫁に行くときも
「不束者ですが・・・。」とか・・。

へりくだって・・。

謙虚な姿勢は大事だと思うけど・・。

実際に、自分自身を、
大したことがない人、つまらないもの、不束者

だと、思い込んでしまってるんです。(゜.゜)

そして、
子どもにも、孫にも、同じように・・。

大したことない子、つまらない子に、してしまってる。(T_T)。

残念だと思うんです。

謙虚、謙遜は日本人のいいところでもあるけど・・。

行き過ぎると・・・、
自分も、自分の大切な子供や孫も・・

自信を失わせてしまう。

なので僕は
ちょっと欧米人っぽく・・。( ̄ー+ ̄)

ゆーてみる。

家の妻、みぃちゃんは・・。

「本当に、優しんだよ~
僕を、大事にしてくれるんだよ~

散髪も、してくれるんだよ~

倹約家なんだよ~( ̄ー+ ̄)」

・・。

はい・・。

あなたも
まずは、自分に対して・・・。

「私、いい子なんです」
「周りの人に気配りできる、優しい子なんです」
「すごくかしこいんです」
「すごくがんばってるんです」

そんな風に、
言ってあげてくださいね。

自分を、喜ばせてあげてください。

そしてそれを
周りの人にも、言ってあげてください。

いいところをそのまんまに・・。(^_-)。

そしたらみんな、笑顔になるから・・。

みんな、
自分のいいところに気がつくから・・。

・・。

☆彡6月30日(木) たかぢんが新潟に初上陸(^^)☆彡
□ 全肯定!〇っとレッスンたかぢんダイジェストin新潟
 午前10時~12時
□ たかぢん単独オープンカウンセリング
 午後1時30分~6時

詳細・お申込みは こちら

自宅にいながら・・、
幸せが自分の中に、そして周りの人に広がる!

□全肯定!電話・スカイプカウンセラー養成講座

開催まで、1か月を切りました!

◆詳しくは、こちら
◆お申し込みは こちら


【摂食障害】は、体…

彼女は、高校生の頃から。
食べたり、吐いたりを繰り返す・・。
“摂食障害”に悩まされていました。
約15年にわたって、病院に通ってたけど・・。

改善することはなかったと・・・。

で・・。
僕のブログを偶然見つけてくれて
カウンセリングを、受けにきてくれたんです。

・・。

たかぢんさん、先日はありがとうございました。
どうしてもお礼が言いたくてメールをさせていただきました。

ビックリすることが起きたんです!
うれしくてうれしくてしかたなくてメールしました。
あれから2週間というもの、あれほど、
食べたい衝動に駆られていたのに
うそみたいにそれがなくなったんです。
いままでずっと、食べたい気持ちを抑えられなくて
罪悪感と自己嫌悪から、さらに過食嘔吐の繰り返してきたのに
それがたった一回のカウンセリングで消えたんです。
わたしにとっては奇跡です。

摂食障害が始まったころ、
私にとって食べることは、唯一満足感を得られる行為でした。

私の両親は、本当に厳しい人で
絶対に、甘えることを許してくれなかったんです。
何があっても、我慢する、つねにがんばる。
心が安らぐ場所は、私には一切なかったんです。

いま思うと、私が幼いころに摂食障害になったのは、
食べることで、家族の中で得られなかった安心感を
満たそうとしていたんと思うんです。
そのことに、先日のカウンセリングで気づいたんです。

私がずっと求めてきた安心感を、
カウンセリングの中で感じることができたから
消えたんだと思うんです。

たかぢんさんに会えて本当によかった。
もしかしたらまた、あの感覚に襲われるかもしれないと思うと、
まだ少し不安ですが、その時は、カウンセリングの中で、
お母さんに抱きしめられた時に感じた安心感を思い出します。

あの安心感は私の宝物・・。大切にしようと思います。
たかぢんさん、本当にありがとうございました。
□30代女性 山下みき(仮名)

・・。

そ~なんです。

摂食障害はね・・。
“体の問題”じゃないんです!
“心の問題”なんです!

例えば・、彼女みたいに・・。

食べることで、
自分の中にある空虚感(空腹感に似ています)を
満たそうとしているケース。

あるいは、
「痩せたね?」って、誰かに気にかけてもらうことで
安心感を得ようとしているケース。

病気(摂食障害)でいることで
周りの人からの、非難や攻撃を避けようとしているケース。

ケースは様々ですが・・。

そのどれもが
自分の中にある、欠乏感や空虚感、不安や怖れ・・・。

心の問題を
食べること、食べないことで・・、解決してる。

それを、心理の世界では“疾病利得”といいます。
病気でいることで、なんらかの利得があるという考え方です。
(※言葉的には、僕はあまり好きではありません)

だから
摂食障害で困っていながら・・・。

やめることができない。

ただし・・。
本人は、そのことにまったく気づいていません。

全て、無意識の行動です。

なので本人は
「どうしてやめられないだろう?」

「これから先、どうしたらいいんだろう?」

って、さらに悩むことになる。

・・。

対処法はカンタンです。

今回のケースみたいに・・。

欠乏感や空虚感を、
食べること以外の、何らかの方法で満たす。

不安や怖れを、
食べないこと以外の、なんらかの方法で取りのぞく。

そしたらね・・。
過食衝動も、拒食も、ピタッと消える

摂食障害でいる必要がなくなるからです。

摂食障害は、
病気ではありません。

そして、
体の問題でもありません

心の問題です。

・・。

☆彡6月30日(木) たかぢんが新潟に初上陸(^^)☆彡
□ 全肯定!〇っとレッスンたかぢんダイジェストin新潟
 午前10時~12時
□ たかぢん単独オープンカウンセリング
 午後1時30分~6時

詳細・お申込みは こちら

自宅にいながら・・、
幸せが自分の中に、そして周りの人に広がる!


□全肯定!電話・スカイプカウンセラー養成講座

開催まで、1か月を切りました!

◆詳しくは、こちら
◆お申し込みは こちら



全肯定!カウンセリ…


今日は・・。
妻が勤務する学校の遠足DAY!(^◇^)

なので・・。

早朝から・・。

たかぢんさん。
ルンルンで(←表現が昭和)お弁当づくり・・。(^◇^)
t02200293_0480064013678234388

できた!

手抜き、冷食主義!
茶色イメージな出来上がりですが・・・。(^-^;

それでも妻は
「たかぢん、ありがと~」って・・。

本当によろこんでくれて・・。。

母親気分満載、母性本能まるだしな、たかぢんです。(^◇^)

仕上がり。
t02200293_0480064013678234395

な、な・・、なのに・・。

外は、雨じゃないか!!(T_T)。

妻の背中を見送りながら・・。

「遠足・・、行けますよーに・・。」

と、祈るたかぢんでした。

・・・。

昨日のブログ記事
「私はまだ、おばさんじゃない!」

に…、こんなコメントをいただきました。

絶対に否定されない全肯定で否定されたらどうすればいいの?
相談する縄は心が折れて弱ってる状態で相談してるわけですよね?

それなのに、
絶対に否定されないはずのカウンセラーから

「あなたがオカシイんですよ!」
「あなたが考え方を変えなきゃ何も変わらないです!」
と言われた私は、どうすればいいのさ?

それでもそのカウンセラーを信じろってこと?

…。

コメントとは別に
直接、メールもいただいたので


ご本人には、
直接、メールで返信させていただきましたが・・。

全肯定!メンバーの・・。

自戒の意味も込めて・・。

痛いけど・・。

痛いけど・・。(T_T)

あえて…。

このブログで、
ご紹介させていただきます。( ̄ー+ ̄)。

…。

〇〇さま

お問合せいただきありがとうございます。

同時に・・・、
全肯定!カウンセリングを受けて
イヤな思いをさせたり、傷つけてしまったのなら、
本当に申し訳ありませんでした。m(__)m
 
講座の中で、カウンセリング中は

まずはしっかりと、
クライアントさんの気持ちに寄り添うことが大切!

そして、
絶対に否定しないことが大切だということは、
しっかりと伝えているつもりですが・・、

それができてなかったのであれば、
僕自身もとても残念に思っています。
 
その上で…。
全肯定!無料電話カウンセリングは、
僕の講座を卒業したカウンセラーさんが、

講座で学んだことを実践し、

カウンセラーとしての技量を磨く場所でもあります。

正直なところ、
カウンセラーとして未熟な部分もたくさんあると思います。

その分…、
時には今回みたいなことが発生することもあるんです。(T_T)。
 
だけどね…。
いろいろとご意見をいただきながら、
それを生かして、
「うけてよかった」と思っていただける
カウンセリングを提供できるよう…。

全肯定メンバー一同、
これからも精一杯努力していきたいと思っています。

なので

そのことをご理解いただいた上で…、

もしよかったら、
また、無料カウンセリングを受けてもらえたらと・・。

思っています。

 
…。
 
それでもそのカウンセラーを信じろってこと?

というご質問への、
僕なりの考えを記載しますね。


“人間関係の対処法”

は、
大きく分けて3つあると思っています。
 
これは、今回の話だけではなく
全ての人間関係に応用できることです。
 
1 仲直りする
2 適切な距離をとる
3 必要でない関係を断つ
 
で・・、その前に・・・。
 
相手の言動に
違和感を感じたり、イヤだと感じたり、傷ついたときには・・・。
 
しっかりとその気持ちを、相手に伝える
そして、相手の気持ちも、しっかりと聴く・・。
 
お互いに、気持ちを伝え合い、分かり合おうと努力する
それが、真のコミュニケーションだと思います。
 
そしてそれが
“適切な人間関係”を、築いていく基本だと僕は思っています。
 
しっかりと話をして
そのうえでわかり合えたら、
仲直りできたら・・、

それはとても素晴らしいこと、尊いことだと思います。

 
だけどね・・・、
いくら話をしても、いくらお互いに理解しようとしても

分かり合うことができないこと、
どうしても譲れないところがあるのも
それもまた仕方のないことだと思います。
 
なぜなら、
人はみな、感じ方も、考え方も、それぞれ違うから・・。

わかり合えない部分も必ずあると思うからです。
 
この人といたら、安心できない。
この人といたら、楽しくない。
 
この人とは、わかり合えない・・。
 
そう思ったら・・・。
適切な距離をとってもいいし、
関係を断ってもいいと思います。
 
本当に、わかりあえる人とだけ、つきあう。

わかり合えない人のことで・・。

あれこれ
悩まななくてもいいんです。

 
大切なのは、
“自分が選ぶ” ということです。
 
自分に合うカウンセラーを、自分が選ぶ
つきあう相手を、自分が選ぶ
自分に合う場所を、自分が選ぶ・・。
 
まずは自分が・・、
自分の気持ちを一番に、自分を大切にする。
 
その上で
自分がつきあう人、自分の居場所は、自分が決める。

それもまた、全肯定の根本的な考え方です。

なにかのヒントになれば、うれしいです。
 
〇〇さんの幸せを、心から願っています。
 
たかぢんでした。

・・・。

今回は、
あくまでも僕が・・・、そして全肯定が・・。

傷つけた側
イヤな思いをさせてしまった側・・・。

当事者なので・・。

説得力に欠ける面も、多々ありますが・・。(^-^;

多くの人が、
自分を傷つける人なのに
自分をいやな気持ちさせてるのに・・。

ただ、ひたすら、仲直りしようとしたり
受け入れようとしたりして、苦しんでいる人が多いので・・。

あえて・・。

書いてみました。

説得力には欠けますが・・・。

・・。

広島で・・!

□全肯定!心理カウンセラー養成講座
広島1期卒業生によるオープンカウンセリング・・・。

開催します!

みんな・・、
カウンセラーになって数か月・・。

しかたっていないので・・・。

もしかしたら
全肯定できないところもあるかもしれませんが・・。

そこは、認定プロカウンセラーや僕が、
しっかりとフォローしますので・・。

ぜひ、お越しくださいね。

詳しくは、こちら から

先日行われた
東京オープンの様子は、こちらから

・・。

自宅にいながら・・、
幸せが自分の中に、そして周りの人に広がる!
□全肯定!電話・スカイプカウンセラー養成講座

開催まで、1か月を切りました!

残席わずかです。( ̄ー+ ̄)

◆詳しくは、こちら
◆お申し込みは こちら

「私はまだ、おばさ…

「たかぢんさん・・。
いまはもう、カウンセリングやってないんですか?

そんな質問を、よくいただくんですが・・。

やってます!!!

僕、カウンセリング、大好きなんで・・。( ̄ー+ ̄)

・・・。

最近は、HPでも
全肯定!カウンセラーの無料電話カウンセリング

前面に押し出してるんで・・、
気づかれないことも多いみたいなんです。

(^-^;ははっ・・・。

やっとるよ。いちお、まだ・・。( ̄ー+ ̄)

・・・。

あなたは、
年を重ねていくことが楽しみですか?

それとも・・、

嫌なことですか?
怖いことですか・・?

男性は、年を重ねることで・・・。

貫禄が出てきた・・、とか、
顔に刻まれたシワで、いい年の取り方をしたかどうかがわかる、とか、

いい風に言われることも多いですよね。

でも女性は・・、
若い方が価値がある・・。

みたいな価値観がありますよね。

きれいな方がいい!
アンチエイジングする方がいい!などなど・・・。

きれいを保つ・・。
ことに、意識が向くことが多いですよね?

あなたは・・、
若かった頃の自分と、今の自分、

どっちが好きですか?

仕事場の人間関係で悩んでいて、
カウンセリングを受けてくださった方から・・・。

自分の価値を再認識できた!

きれいを保とうとするより・・、
もっと大切なことがあった・・。

これからの人生を生きていく上で
大きな宝物を与えてもらった気がする・・。

そんな感想をいただきましたので・・・。

もしかしたら、
このブログの読者さんにも
伝わるものがあるかなぁと思って・・。

掲載の了承をいただけたので、ご紹介させていただきますね。

・・。

□「私はまだ、おばさんじゃない!」


たかぢんさん、
先日はカウンセリングをしていただきありがとうございました。

4月からずっとモヤモヤしていた気持ちが
本当に軽くなったことを感じています。不思議な経験です。

自分のためのカウンセリングの記録、
感想としてたかぢんさんに送らせてください。

30歳後半になって、職場では
まとめる立場、教える立場になって
自分より年下の人が増えていく。

年上は大丈夫なんだけど、年下がどうも苦手。
それでも、今までは何とかなってきたのに・・。

今はなぜか、年下のキャピキャピした新人たちが嫌で、
ベテラン扱い?おばさん扱い?されるのが耐えられなくて。

自分で自分の気持ちに寄り添ってみても、
よくわからない。楽にならない。
相変わらず、キャピキャピした姿が鼻につく。

このままだと、自分がすごい嫌な上司になってしまいそうで
新人たちのこと気にしなければいいのに、
勝手に気になって、イライラして・・・
こんなささいなことで相談していいものか、とも思いましたが
思い切ってカウンセリングを受けさせてもらいました。

たかぢんさんは、私が話すのをただじっと聞いてくれて
「ゆっくりでいいよ」「わからなかったらいいよ」と
ずっと待ってくれて、その度に安心して自分の心に集中できました。

以前に受けたカウンセリングで、
急かされて何か言わなきゃ!って
いつの間にかカウンセラーさんに気を遣ってしまって
結局カウンセリングの効果もなく、
嫌な気持ちだけが残ったことがあって・・・

今回のカウンセリングで、自分の中から出てきた言葉は
「みんなにチヤホヤされて、うらやましい」
「私も前は、そっち側だったのに・・」

思考では、絶対に認めたくない言葉でした。

私は「若さに嫉妬」していたんだ!」
自分でびっくりしました。

その後、たかぢんさんに「もう1回言ってみて」と言われた時、
本当は言いたくなかったし、すごい拒否感があったんです。
だけど、たかぢんさんを信じようって思って言ってみたんです。

その時はじめて・・
「若さに嫉妬している自分」を受け入れられた気がしました。

ずっと、見ないようにしてきた・・。

もう若くない自分。
チヤホヤされない自分。
おばさん扱いされる自分。

その後も、いろいろと質問をしていただいて・・・。
「今の自分を認めて」「自分が自分を好きでいて」
などの言葉が、自分の奥から出てきました。

言葉にするたびに、
悲しい涙が、温かい涙に変わっていったことが、
自分ではっきりとわかりました。

カウンセリングが終わった後、たかぢんさんと話していて、

たかぢんさんに
「若さという表面上のことだけでなくて、
優子さんには今までの経験という中身がたくさんある。
仕事でたくさんの人をしあわせにしてきたやろ?

その中身の充実を無視して、表面上の若さにとらわれていたから、
優子さんの心が『今までがんばってきたことをちゃんと認めてよー』
って、サインを出して教えてくれたんやね」って言われた。

その言葉がすごく腑に落ちました。
たかぢんさんは、答えを知ってたの?って思った。

「若さは誰にでもあるもので、それは次第に失われていくもの。
若い時は、中身の経験値はまだまだ少ない。
優子さんみたいに一生懸命頑張ってきた人は、中身がどんどん充実してくる。
そのことを誇りに思ったらいいね。
そして、若い人たちの中身が充実していく手助けができたらいいね」

そう言われて、ようやく自分を取り戻せました。
自分が今まで頑張って仕事してきて、得た経験は自分の宝。
そんな自分を認められたら、自信が戻ってきました。

実はここ最近、顔のしわや、痩せにくくなった体、たるみ・・・
加齢をとても嫌っていました。
どう受け入れていいのかわからなくて、戸惑っていました。
「だって、わたしはまだおばさんじゃないから・・。」

でもカウンセリングの後は、
これから白髪が出てきても、シミが増えても
そんな自分の一部を受け入れて、愛おしく思える!
って気持ちになりました。
だって・・、全部含めて、今まで頑張ってきた自分だから!

これからの人生を生きていく上で
大きな宝物を与えてもらった気がします。

だって、これから加齢は進むばかり。
そんな自分を受け入れられなかったら、
自分を嫌って、若作りしたり、逆にあきらめて開き直ったり、
痛い女になっていたかもしれません。

カウンセリングの後、職場の若い人たちの
キャピキャピした姿が、まったく気にならなくなりました。
だって私は、自分の経験が誇りだし、
いつでもティンカーベルに変身したあの感覚を思い出せるから・・。

たかぢんさんがいつもブログに書いている
「自分のことを認めたら、他人のことも自然に認められるようになる」
という言葉の意味が、やっとわかりました。

絶対に否定されない、全肯定カウンセリングは最高です!
「感じるカウンセリング」を初めて経験できました。
感じるって、終始自分を大切にする、
自分を認めるってことなんだなあと思いました。

長くなってしまいました。
自分のために書いた感想なので
読みづらくてごめんなさい。

とにかく、この今の心が晴れて軽くて
心地いい感じを伝えたかったのです。
たかぢんさん、本当にありがとうございました。
これからも、ブログを楽しみにしています。応援しています。
□30代OL 田中優子さん(仮名)

・・。

きれいを保とうとすること・・。

それは、女性として、
当たり前のこと、大事なことだと、僕も思います。

けどな・・・。

そこだけにとらわれて

自分のやってきたこと、
自分の本当の価値を見失ってしまうと・・。

歳を重ねるごとに、
自分を苦しめてしまうことになる。

重ねてきた経験が
充実感が、幸せ感が、自信が・・・。

女性をきれいにする。

僕は、多くの女性を見てきて・・。

そう、こころから思っています。

きれい
自分の内面から見つけるカウンセリング!

( ̄ー+ ̄)どうよ。

忘れられかけてる・・、
全肯定!心理カウンセラー、たかぢんでした。(^-^;

・・。

広島で・・!

□全肯定!心理カウンセラー養成講座
卒業生による、オープンカウンセリング・・・。

開催します!

もともとは、参加しない予定でしたが・・。

僕も、
参加することにしました!(^◇^)。

なので・・。広島の女性のみなさん!

たかぢんに会いに、おいで~。(^◇^)
※注)男性でも、かまいません。(^-^;←本音か・・?

詳しくは、こちら から

先日行われた
東京オープンの様子は、こちらから

・・。

自宅にいながら・・、
幸せが自分の中に、そして周りの人に広がる!
□全肯定!電話・スカイプカウンセラー養成講座

開催まで、1か月を切りました!

残席わずかです。( ̄ー+ ̄)

◆詳しくは、こちら
◆お申し込みは こちら