カテゴリー: ブログ

【続】ズバリ!言う…

おとといの記事

の続き・・。

「こっちが嫌いじゃ!」

と・・、こころの中でつぶやいて、相手と距離をとったら・・、
 
“人間関係が楽になる!”
のはわかった。
※注)前回は、“こころの中で”、が、抜けてます。
  面と向かっていうと、わざわざ敵をつくることになりますから・・。
  お気をつけくださいませ。(^_^;)。

けど、

けどな・・。

子供のことを考えると
やっぱり
うまくつき合わないといけない。
気がする。
子供が仲間外れにされたら嫌やし
いじめられても困るし・・。

そんな方・・、多いですよね?

はい。
またまた・・。
ズバリ!言うわよ!
子供は子供、親は親!
 
子供は子供で
気が合えば、仲良くするだろうし

気が合わんかったり、意地悪されたら
仲良くせんだろうし、
相手の親と私が、うまくいかないからって

子供同士が
うまくいかないとは限らんし・・・。
子供のことは子供のこと・・。

うまくやるやろ。

知らんしな。( ̄▽ ̄)。
そんなスタンスで、えーと思うんです。
そ、そ、そんな~、無責任な~。。w(゜o゜)w
親なのに
そんな無責任なことでえーんですか?!
たかぢんさん!
仲間外れにされたり 
それが原因でいじめられたらどーするんですか?
責任、とってくれはるの?←なぜか京都
。。。(^_^;)
はい、責任はとれません。
が・・・。
親の仲が悪いからって
つき合う相手を選ぶ友達なんて・・。
そんな人には
「こっちが嫌いじゃ!」ゆーちゃりんさい!(あくまでも心の中で・・)
くらいのスタンスで、えーと、僕は思うんです。
なぜなら・・・。

僕は、そう娘にゆーてきて
親子共々
チーム「こっちが嫌いじゃ!」(^◇^)(^◇^)
(こころの中で)(^-^;。
そしたらね・・・。
親も子も・・。

気をつかって
ピクピクすることは全くないんです。
好かれただの、
嫌われただの、
相手に振り回されることもないんです。
はい・・。

そして・・。

親も子も、
いま、とってもいい仲間に恵まれて
素直な気持ちで、
自分に正直に、自分に優しい

そして、周りの人にも優しい人に囲まれて・・。

生きることができてる

(^O^)(^O^)(^O^)
だから、この方法、超ーーオススメ。(^O^)
ここで大切なのはね・・。
基本になる考え方・・。

私が、
私を大事にする・・。

ということは

それを、
子供にも伝えることになる!

子供も、
子供自身を大切にすることができる

ちゅーことなんです。
逆に、
私が、周りの様子を伺って、
機嫌とったり、合わせようとしたり
嫌なのに無理してつき合うということは
その苦しいコミュニケーションパターンを
子供にも、伝えることになる。

引き継ぐことになる

と、いうことなんです。
私と同じように、私の子供にも、
人間関係で
苦しい思いをさせたくなければ・・。

手をあげろ!←なんでや(^-^;。

まずは自分が、
一緒にいて心地いい友達を選ぶ。
その姿を、
堂々と、見せてあげたらいいんです。
大丈夫です!
僕はそれで50年生きてきて
いま、素晴らしい仲間に囲まれてる。
気を遣ったり
ビクビクしないといけない人なんて
まわりに
誰ーーれもいないから・・・。
もちろん
一緒にいて、心地いい人、安心できる人

を選び続けてきた結果です。(^◇^)

友達・・。
こころの中で、シャッフルしてみませんか?

( ̄ー+ ̄)。

♡たかぢんcafe in 岐阜♡

{E272D0CF-BDCB-4388-9E4C-3B44A66ED752:01}


2015年を、しあわせに締めくくるために
来年を、しあわせで安心できる一年にするために・・。
冬の夜に、たかぢんさんと楽しいひと時を過ごしましょう!(^◇^)
まずは自分をまるっと肯定する!全肯定の場所に・・、
あなたをご招待します(^◇^)!

■開催日時   
 12月14日(月) 18時30分~21時30分
■開催場所   
 がぶ飲みワイン酒場  NEWTON BAR(ニュートンバル)
  JR岐阜駅そば、アクティブG   2F   
 http://www.hotpepper.jp/strJ000806180/
■内容    
 素敵なお食事と3時間飲み放題(たかぢんさんつき)
■料金 4,500円(税込)
 
・コミュニケーションが苦手
・人の輪に中に入るのが苦手
・はじめての場所に行くと孤独感や疎外感を感じてしまう
そんなあなたでも大丈夫!
“心のドレスコード”・・、どんな自分でもまるっとOK!(^_-)。
全肯定!スタッフとたかぢんが、
あたたか~くお迎えしますからね~(^◇^)

★お申し込みは、こちら

もうじき、満席です。

そうだ!

大阪でも・・・、

全肯定!まるっとクリスマス会!(^◇^)

開催します。

12月21日です。

あけといてーな。

告知、近日中!

◆手塚絵心/スカイ…

我慢しなくていい!
うつ、いじめ、精神疾患、無気力を乗り越えて人の可能性を見出す

全肯定!心理カウンセラー手塚 絵心

★ブログ http://ameblo.jp/s-e-w/

プロフィール

小さいころから何のために生きるんだろ うと思っていました。
いろいろなことを我慢し て育った私は、人の顔色をうかがい、常に人に合わせてきました。
いじめにもあい、人はな ぜ生きるのだろう、死んだらどうなるんだろうと考えるようになりました。
大人になってからも言いたいことが言えず 我慢するようになっていた私は、たくさんの人に騙され、傷つきました が、それでも信じたい一心で我慢していました。
そんな時、詐欺にあい、立っていられな くなるほどになり、うつ病と精神疾患を発症しました。
落ち込んで寝込むようになってから、当時 所属していた活動団体が宗教団体ということが分かり、この人達も詐欺だということに気づきました。
信頼し、仲間だと思って いた多くの人に騙され、金銭的被害やマインドコントロールされていた事実も知り、抜け出すことがとても困難になり、死ぬことしか考えられ なくなっていました。
今までにないくらい精神 的にも身体的にもボロボロになった私は何人ものカウンセリングを受けました。
たくさんのカウンセラー さんとの出会いがありましたが、私には納得のいかないものも多かったで す。
中には叱責する人もいて、傷つくこともあ りました。
そんな中、出会ったのが全肯定カウンセ ラーでした。
私のすべてを丸ごと受け止めてくれる全 肯定カウンセラー。
どんなことを言ってもいい、辛い、嫌 だった、助けてほしい、そんなことを言っても否定されることなく、受け止めてくれました。
認めてもらえるからこそ 安心して次に進める力をもらえます。
自らの力を信じて、広げることができる のです。
今までたくさんのカウンセリングを受けてきま したが、肯定し、認めていくことで少しずつ心が安定していきました。
今では生きる活力を取り戻し、次に何を しようか、どんなことをしようか、いろいろなことに挑戦して楽しんでいます。
今度は私が一人一人の心を 癒し、力を引き出せるようにお手伝いしたいと思っています。
私のように悩み、苦しんでいる人、人間関係がうまくいかず、言いたいことが言えず、吐き出せない人の力になりたいです。
どんなお話しでもいい、安心してお話し下さい。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆楓りよ(りょっち…

「両親からの見えない呪縛ときょうだい差別で育っても幸せになれる」
全肯定!心理カウンセラー 楓りよ(りょっち)

★ブログ http://ameblo.jp/chochitatoshu/

プロフィール

t02200293_0720096013433039070

幼い頃、父はギャンブルやお酒に依存していました。
借金が借金を生み、家計は火の車
母は、いつもヒステリックで、私は母の愚痴ばかりを聞かされて育ちました。
父は、夜中に酔って帰ってきては、夫婦喧嘩が始まり罵声や怒号、
「ガチャーン」という物音を聞聴くたびに、ビクビクし、
怖くて布団を被って耳を覆いながら寝るという日々を過ごしていました。
翌朝、母の顔にアザが出来ている事もたびたびありました。
中学生の頃、そんな毎日に耐え切れず、母に訴えました。
「そんなに嫌なら、離婚すればいいのに・・。」
私にとっては、「苦しそうな母を助けたい」そう思ったからこその一言でした。
その時、母から返ってきた言葉は、私のこころに突き刺さる衝撃的な一言でした。
「あんたが生まれたから離婚できんのやん!」
「あんたが生まれてこんければ離婚できたのに」
「あんたさえ生まれてこなければ・・。」
私は、言葉を失いました・・。
それ以来、私は母を親として見る事ができなくなり、そして誰も信用できなくなり
非行、不良少女を絵に描いたような生活。
自分の衝動を抑えきれず、荒れ果てた行動を繰り返していました。
それに加え、親からいつでも兄と比較され、兄妹差別をされて育ってきました。
兄はいつも習い事や欲しいものは、長男だからという理由で買い与えてもらえ
しかもいつでも新品のもの。
高校は進学校のため、バイトが出来なかったのでお小遣いをもらっていました。
大学も行かせてもらえ、車も親に買ってもらっていました。
私は下だからと言われ、いつも我慢を強いられてきました。
いつでもお古を与えられ、兄のように新品はなかなか買ってもらえませんでした。
習い事は兄のついで程度に行かせてもらえたそろばんのみで、
私がオルガンやピアノが習いたいと言っても聞き入れてはくれず、自分の希望は叶えてもらえませんでした。
高校になったらお小遣いがもらえなかったので、バイトをして稼いでました。
美容学校の授業料や、自動車学校も車も親は私には一切出してくれないので、
私自身も待遇の差に不満はあるものの親に頼る事無く自分のバイト代から全て出しました
結婚が決まった時も、婚礼家具も着物も、ウエディングドレスも費用は自分で出しました。
親はいつでも、兄には出せても私には出せない。その方針はずっと続きました。
ただ長男というだけで兄ばかりに愛情が注がれて、
家族の中でも私はいつもひとりぼっちで孤独感をいつも抱いてきました。
そんな家庭環境の中で育った私は、人とうまく関わる事もできませんでした。
□友達とうまく交流ができない。
□ほんの些細なひと言に、大きく傷つき、周りの人に気を遣ってばかり。
□人を信用したいのに信用できない。
□そして裏切られる。
「自分が嫌い!」「どうにかして自分を変えたい!」
当時の私は、そんなことばかりを考えていた気がします。
母は離婚できない自分を悔やみ
「女も男に頼らず自立できる職業を」という思いを私に託し
私は、母の望む通り、“美容師”という職業につきました。
すると・・・、今度は親からのお金の要求
私が断りでもしようものなら
「今まで育ててもらった恩はないのか!」
「冷たい子。そんな風に育てた覚えはない!」となじる親。
苦労してやっと手に入れたものを・・、いつも親に奪われる・・。
小さい頃からずっと、私が助けて欲しい時には、放っておかれ
私の意思で自由にしたい時には、自由にはさせないとコントロールしてくる母。
母の思い通りになるまで延々と、言い寄ってくる母にうんざりする毎日。
そんな両親から、早く解放されたい!
私は、自分が安心できる居場所が欲しくて、あたたかい家庭を築きたくて、
両親から逃げるように結婚しました。
その母は、数年前に他界しましたが、その翌年、今度は認知症になった父親の介護をすることに・・。
やっとの思いで、離れたはずの両親から、今度は違う形で引き寄せられてしまう。
介護という先の見えない不安や、慣れない状況に苛立ち、
まるで真っ暗なトンネルや迷路に迷い込んだような、そんな感覚を感じていました。
誰にも頼れなくて、つらくて苦しくて・・・、逃げ出したい・・・。
それでも、介護の必要な父を、見捨てることはできない。
どうして私だけが、いつも私ばかりがこんな目に合わないといけないの?…
運命さえ味方をしてくれないんだと、ただただ孤独と絶望の淵に立っていました。
そんな時、偶然、テレビで心屋さんを知り、そこから、たかぢんさんを知り、
全肯定に出会ったのです。
いままで、感じたことのない安心感の中で、幼い頃からずっと抑えてきた

自分の本当の気持ちに気づき、自分を大切にすることの本当の意味を知ったのです。
あんなに「嫌い」だった自分のことを、「好き」だと感じることができるようになった。
あんなに嫌いだった亡くなった母のことも、少しずつ許すことができるようになった。
あんなに怖かった父のことを、今では許すことができた。
あんなに、誰も信じられなかったのに、いま、多くの人に囲まれて生きている自分
そんな自分に「よくがんばったね」「よく我慢して生きてきたね」
そんな風に、いまの私は言うことができます。
いま、私は、とても楽しく充実した日々を送っています。
そして、生まれてきてよかったと思えるようになりました。
私の周りの人や出来事、全てに感謝の気持ちでいっぱいです
もし今「つらい」と感じてる方は、まずは自分を大切にする全肯定にふれてみませんか?
あなたがあなたらしく生きられる
「あなたの本来の魅力」を引き出していけたらと思います。
私にしかできないサポート、私にしかできないことを
お伝えしていきたいと思います。
勇気を出して、はじめの一歩、踏み出してみてくださいね。
あなたの「輝く」を応援しています。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆河村祐奈/スカイ…

全肯定!心理カウンセラー 河村祐奈 かわむらゆうな

★ブログ http://profile.ameba.jp/anguis1031

プロフィール

1446954957369

約10年、産業看護職として、うつ病や不安障害等で悩む従業員の相談に載っていましたが、
医療機関での治療だけでなく、カウンセリングの必要性を感じ、
たかじんさんに全肯定カウンセリングについて学びました。
もし、会社の上司や同僚との人間関係に悩んでいたり、
ご両親やご家族との関係に悩んでいる方がいたら、
まずは無料カウンセリングをどうぞ。
お気軽にご連絡ください(^^)

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆永嶋良一/スカイ…

やすらぎカウンセリング
~快適な人間関係、自信が持てるあなたへ。やすらぎの心を実現!~
メンタルヘルス・カウンセラー 永嶋良一

★ブログ http://ameblo.jp/luminous-smile

プロフィール

20150606_134909

こんにちは。メンタルヘルス・カウンセラーの永嶋 です。
私は、社員2万人の上場企業から、ヘッドハンティングを受けてサムソンに転職しました。
専門はエンジニアリングで、工学博士の学位を持っています。
エンジニアという職業柄、実に多くの人と出会い、またマネージャーとして多くの人を統率し、
一緒にチームとして仕事をしてきました。
そんな中で、私は「ダメ社員」といわれ、不遇な会社生活を送っていた、
多くの人たちの人間関係や会社の環境を改善し、「できる社員」や「快適な職場」に変えてきました。
たとえば、私がある部署に転勤すると、そこには「ダメ社員」と周りから言われているA君がいました。
A君には、論理的思考能力を持ち、職務遂行の能力が充分にあるのですが、それに自らが気づいていませんでした。
さらに、自分に自信が持てず、周囲からのイジメのような扱いを嫌と感じながらも、
その一方で、「仕方がないもの」として容認していました。
たとえば、私が見た光景は次のようなものです。
月に1回の実績会議が始まり、A君の順番になると、周りがニヤニヤしだしました。
そして、当時の所属長がA君の報告について意図してケチをつけ、
A君が回答にしどろもどろするのを見て、周りの人間が大笑いするのです。
また、その所属長は、A君が単純ミスでもしようことなら、部署員全員の前でことさら大声で、
「だから、お前はダメなんだ。」と、「ダメ」という言葉を繰り返しながら何十分も叱り続けるのです。
この結果、周りの人間が「Aはダメだからなあ」といった言葉を、本人の前で日常的に口に出していました。
A君も、自分に自信が無く、またこれに対処する術をもたないため、
「ダメだ」と言われても、周りと一緒になって、ニヤニヤ笑っている状態でした。
私はこれは職場のイジメだと直感しました。
2ケ月して、その所属長と交代に私が所属長になると、私はさっそく改善に取り掛かりました
まず実績会議でA君を笑う、職場のイジメ風潮を取り除くことにしたのです。
実績会議では、私は彼の報告を決して笑わず、真剣に聞くことに努めました。
そして、彼の報告の良い点を褒め、また問題点は徹底的に議論をして、その上で改善を促したのです。
また普段も、彼の単純ミスには、会議室に彼を呼んで注意をし、絶対にみんなの前で彼を笑ったり、叱ることはしませんでした。
また、A君とも個別に何度も話をし、彼自身が気づいていない彼の長所、すなわち
「A君自身が充分に論理的思考ができ、仕事では単純ミスを犯しているだけである。」ことを理解させました。
この効果は3ケ月もたつと現れました。
実績会議でA君を笑う人間はいなくなり、全員が同じ仲間として、彼の報告を真剣に聞くようになったのです。
また、普段でも彼を「ダメ人間」と呼ぶ者も居なくなりました。
A君自身も、自信をもって、自分の意見を周りに発信するようになったのです。
これは職場のイジメが無くなった瞬間でもありました。
私は、A君のような、自分に自信が持てない、また周囲からイジメを受けている人達を多数見てきました。
その都度、A君に対処したような方法で、本人には自信を持たせ、また職場のイジメの風土を改善してきました。
A君のような
職場でイジメを受けている!
自分に自信が持てない!
自分の適職が分らない!
といった、メンタルヘルス上の悩みを持つ人が
たくさんいらっしゃいます。
また、過労も重なり、うつ病になる方も数多いのです。
私は会社の定年退職を機会に、そのような人たちのお役に立ちたいと思い、
ゲシュタルト療法に基づく「全肯定!心理カウンセリング」を受講し、全肯定!心理カウンセラーになりました。
実は、職場のイジメ風潮とともに、誰もが心の中に持っている否定的思考が、職場のメンタルヘルス問題を増長しているのです。
否定的思考とは、
人の評価が気になって、自分を出せない
人前で意見が言えない
といった、自己を否定してしまう考え方のことで、
このため、職場のイジメも我慢せざるをえない状況に陥るのです。
あなたの否定的思考を改善し、「自分や職場が好きになる」あなたへ変えていきます。
人間関係など、メンタルヘルスに悩むあなたへ、
ぜひ、私のカウンセリングを受けてみませんか。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

ひさびさに “たか…

 

“受けとる”ことには
もっと、ふかーーーい、深ーーい意味が・・。
あるんです。( ̄ー+ ̄)
受けとるとができるようになると・・。
みーーーんなが豊かになるんです。
みんなが
幸せになれるんです。(^◇^)
・・・。

きのうのブログ記事
◆与えてばかりだと、豊かにはなれないんです。

の続きです。

あなたが、
“与えたい”と思うのと同じように・・。

人はみな、“与えたい” と思っているんです。

与えることで
大切な人によろこんでもらいたい。

役に立ちたい。

そして、認めてもらいたい。

それが、人のこころです。

・・。

両親も

子供のあなたの役に立ちたいと思っているんです。

だからこそ
あれやこれや、いろいろと干渉してきたり

やることなすことに
いろいろと口出ししてくるんです。

ご主人も
妻である、あなたの役に立ちたいと

心から思ってるんです

だからこそ
毎日毎日、身を粉にして働いてるんです

そしてその給料を、
家族に渡してくれているんです。

悩みごとを相談したら
いらん(^-^;アドバイスを
いろいろとしてくれるんです。

お子さんも同じ
お母さんの役に立ちたい

だから、
お母さんに手伝いをしようとしたり

お母さんを笑わせようとしたり・・。

落ち込んでいたら
そばにいてくれようとしてくれるんです。

・・。

でもな・・・。

残念ながら、

多くの人が
その愛に、気づいていないんです。

その愛を、
受けとっていないんです。

与えることばかりにベクトルが向いているから・・。

・・。

そして

お母さんのことを
ただ・・、「口うるさい!」「めんどくさい」

自由にさせてくれない
信用してくれていない

と、感じていたり・・・。

ご主人のことを

仕事ばかりで、
自分の話を全く聴いてくれない
私の気持ちをわかってくれない

と感じたり・・・

お子さんの愛も受けとることなく・・。

「いいから、お母さんがやるから、
邪魔だから・・、あっちにいってなさい!」

そんなことになってしまってる。

悲しいことです。(T_T)。。。

そして・・、

受けとってもらえない方は・・。

そのたびに、傷ついてる。

だけど

それでもめげずに

もっと、もっと、もっと、
もっとがんばらないと・・、そう思って・・。

またまた、与えようとする。

両親も、ご主人も、お子さんも・・。

そして、あなた自身も・・、(゜o゜)。。

そして、みんなが・・。

私、ばっかり・・。
僕、ばっかり・・。

誰もわかってくれない・・。

みんなが与えようとするばかりで
受けとることにベクトルが向いていないから・・。

あげたい×あげたい
与えたい×与えたい

要は、
需要と供給のバランスが取れていない。

だから
みんなが、わかってもらえない・・・、と、感じるし

愛情を育むことができないし
信頼関係も築くことができないし

いつまでたっても安心できないし
幸せだと感じることができないんです。

・・。

人はみな

誰かの役に立ってこそ
誰かに認めてられてこそ
安心する

ことができるようにできているんです。

だからころ、
誰かがしっかりと、それを受けとることが大切なんです。

受けとってもらえたら
与えた方も、受けとった方も、よろこびを感じる。

そして、
信頼関係が出来あがる

だからね・・。

まずはあなたが・・。
しっかりうけとったらいいんです。(^◇^)

受けとることは・・・。与えるより・・。

ラクちんです。 ええよぉ~。( ̄ー+ ̄)←受けとり上手床上手たかぢん^_^;

ほいでな・・

それはなにも
無理に感謝しないといけないとか・・。

と、いうめんどくさいことではないんです。(^-^;

ただ・・。

目の前の相手が
何を与えようとしているのか?

を、知ろうとすること・・。

そして、それを、
しっかりと受けとろうとすること

まずは、それだけでいいんです。

ほんまでっせ( ̄▽ ̄)。

・・。

そしたらね

それを繰り返していたらね・・。

受けとることに
ベクトルをむけ続けていたらね・・。

いつか・・。

自然に・・。

気づくことができるんです。

与える側の愛情に・。

そして
「いつも、私の心配したり、気遣ってくれて・・、ありがとう
 だけどね、もうひとりでできるから大丈夫だよ」

そんな、優しい言葉が出てきたり・・。

「いつも、家族のために一生懸命働いてくれてありがとう
 あなたのおかげで、私も、子供たちも・・。
 安心して暮らすことができてる。」

そんな言葉が、自然に出てきたり

「ママのこと、大事に思ってくれてありがとう
 いつもそばにいてくれてありがとう
 手伝ってくれて、ありがと~ね」

子供の優しさとか、ありがたさに、気づくことができたり・・。

その先に・・。

相手をよろこばせる。
相手を、しあわせにする。

そして、自分も幸せになる。

・・。

ベクトルが、
“与える”に向いているときは・・・。

私ばっかり・・。

“受けとる” に向けると・・。

私も、そして、周りの人も・・。満たされる。

受けとるだけ・・。

カンタンやろ?(^◇^)

・・。

と、いうことで・・。

全肯定!岐阜メンバーが・・。

ひさびさに
“たかぢんCafe” を企画してくれました。(^◇^)。

なので・・。

たかぢんのまるっと愛・・、

o0480071913482302775

受けとりにおいで~。(^◇^)

詳細はこちら↓

♡たかぢんcafe in 岐阜♡


2015年を、しあわせに締めくくるために
来年を、しあわせで安心できる一年にするために・・。
冬の夜に、たかぢんさんと楽しいひと時を過ごしましょう!(^◇^)
まずは自分をまるっと肯定する!全肯定の場所に・・、
あなたをご招待します(^◇^)!

■開催日時
12月14日(月) 18時30分~21時30分
■開催場所
がぶ飲みワイン酒場  NEWTON BAR(ニュートンバル)
  JR岐阜駅そば、アクティブG   2F
http://www.hotpepper.jp/strJ000806180/
■内容
素敵なお食事と3時間飲み放題(たかぢんさんつき)
■料金 4,500円(税込)
・コミュニケーションが苦手
・人の輪に中に入るのが苦手
・はじめての場所に行くと孤独感や疎外感を感じてしまう
そんなあなたでも大丈夫!
“心のドレスコード”は・・、どんな自分でもOK!(^_-)。
全肯定!スタッフとたかぢんさんが、
あたたか~くお迎えしますからね~(^◇^)

★お申し込みは、こちら

先着30名、
満席になり次第申込フォームがクローズします。

 

与えてばかりだと、…

あなたは
あなたが大切に思ってる・・。

あなたの周りの人・・。

ご両親、ご主人、お子さんに・・。

“愛を与える” ことばかりに・・・。
意識をむけていませんか?
支えてあげよう
やってあげよう

手伝ってあげよう、助けてあげよう・・。
あげよう、あげようあげよう
多くの人が
愛を与えよう、あげようとしますが・・・。

愛情を育むため
信頼関係を築くためには・・・。

実は・・。

与えるよりも
もっと、大切なことがあるんです。

( ̄ー+ ̄)

それは、
愛をしっかりと受けとろうとすること・・。

実は・・、

愛は・・、

与えるよりも、
受けとろうとすることの方が

大事なんです。( ̄+ー ̄)。

言葉を変えるなら・・。

受けとることに
ベクトルを向けた方が

より早く、
信頼関係を築くことができるし・・。

絆も深くなるし・・。

しあわせに
より早く、近づくことができるんです。

どうしてだと思いますか?

・・。

なぜなら・・。

与えてばかりで
受けとることをしていないと・・・。

その先に、
不足とか、不満が、生まれるから・・。

なんです( ̄ー+ ̄)

だって・・・、

与えてばかりで、
受けとることがないんじゃもん・・。(T_T)。

しかたないよなぁ~。

不満もたまるよなぁ~。(^-^;。。

こんなにやってきたのに、
誰もわかってくれない!

どうして私ばっかり・・。( `ー´)

そんなことになっちまう。

その気持ちは、
抑えようとしても、出てこないようにしても・・。

かならず
じわじわ、じわじわ・・・、

湧き上がってくるんです。

与えてばかりだと・・。

そやろ?( ̄ー+ ̄)

だから
与えるばかりじゃなくて・・。

受けとる
ことが大事なんです。

・・・。

ほいでな・・。

受けとることには
もっと、ふかーーーい、深ーーい意味が・・。

あるんです。( ̄ー+ ̄)

受けとるとができるようになると・・。

みーーーんなが豊かになるんです。

みんなが
幸せになれるんです。(^◇^)

・・・。

はい。

あしたは・・、

その深ーーーい意味・・。

書こうと思ってます。(^◇^)

楽しみにしといてーな。

もしかしたら、

あさって・・、いやいや、しあさって・・。

に、なるかもしれんけど・・。(^-^;。。

・・。

札幌着

外気温、5度・・。

寒いぞ!

うまいぞ!
o0480064013481544961

怪しぃ~ぞ。
o0480064013481544968

 

親を思う優しさがゆ…

おとといのブログ記事
自分に優しくできる人は、好かれる

に対して・・。
こんなご質問をいただきました。

いつも学ばさせていただいてます。

たかぢんさんの本に出会い、一気に読破、
5月に名古屋のオープンカウンセリングに参加し
先月より笑顔ママ講座も受講させていただいて
全肯定のすばらしさ、私はこれを求めてたんだと、
日々気づきながらも・・・、
苦しくなった時、自己開示すると(その気持ちを周りの人に伝えると)
“無意識に自分を責めている自分”に気づくのです…>_<…
「自分責めはしない!」って決めてもなぜかしてしまう。
これにも理由があるのでは?
ここを消化しないと進めないのか…と、思えたりするのですが、
どうでしょうか?教えてください。
・・。

はい。
詳しく、お話を聴いたわけではないので・・。

あくまでも・・、

よくあるケース
として、ご説明させていただきますね。

ネガティブな感情は、
誰かに聴いてもらって・・。


「それは苦しかったね」
「それは悲しかったね」


そんな風に
寄り添ってもらうことで小さくなっていきます


なので、

それができないと、
ひとりで、苦しんでしまうことになるんです。

だけど・・。

自分の気持ち、
ネガティブな感情を
誰かに聴いてもらうことに・・。罪悪感を感じる。

そうすると、それが、できない。(>_<)。

・・・。

罪悪感・・。

それをもっと詳しく掘り下げてみると・・。

多くの場合・・・。

自分が、
「悲しい」「さみしい」「苦しい」と周りの人に言うと・・。

周りの人を
傷つけてしまったり、苦しめてしまうのではないか?

という、恐れ

それを、
罪悪感として感じてることが多いんです。

私が・・、
悲しい、さみしい、苦しい、と言うことで・・。

周りの人を、
悲しませてしまう。苦しめてしまう。

だから・・、言えないし、言わない。

・・。

どうして
そうなってしまうかというと・・。

子供の頃、自分自身が
周りの人の話を聴かされて苦しんでた。

と、言うことが、とても多いんです。

例えば、

子供のころ、
母親の愚痴ばかり聞かされて・・。

本当は、
愚痴ばかり聴かされるのは嫌だったけど・・。

その話を聴いてあげないと
苦しんでいるお母さんを、悲しませてしまう。

苦しめてしまう。

私が、支えてあげないと
私が、お母さんを助けてあげないと・・。

そう感じて・・。

イヤだけど、
ガマンして、お母さんの愚痴をずっと聴いてきた。

本当は私は、
お父さんのことが大好き
おばあちゃんのことが大好き

だけど、そんな気持ちを抑えて・・。

ただ、おかあさんの愚痴を聴き続けてきた・

そして・・。

話を聴くたびに
自分自身のこころを傷つけてきた。

聴くばかりで
聴いてもらうことのない幼少期。

だから
ネガティブな話を聴くことは、苦しいこと。

幼い頃の経験で、
それを無意識に学習しているので・・。

私は、
どんなに苦しくても
どんなにつらくても・・。

その思いを、
誰かに伝えて、苦しめてはいけない

誰にも言ってはいけない。

そして、
言うことに罪悪感を感じてしまう。

そんなことになっていることが本当に多いんです。

親を思う優しさがゆえ
自分の気持ちを抑え、そして自分を苦しめてしまってる。

そんなスパイラルに
はまってしまっている人が・・。

本当に、多いんです。

優しい人だからこその、苦しみ・・。

だからね・・。

そんな優しい人は
ぜひ、自分自身に言ってあげてください。

まずは自分に、
優しくしてあげてください。

「苦しいときには、『苦しい』って言ってもいいんだよ」
「悲しいときには、『悲しい』って、いってもいいんだよ」
「誰かに頼りたい時には、頼ってもいいんだよ」

いままで充分ガマンしてきたんだから・・・。

もうひとりで・・
ガマンしなくてもいいんだよ
抱え込まなくてもいいんだよ。

ってね・・。

・・。

自分に優しくできる…

自分を否定しない、自分全肯定とは・・。

自分のすべてを肯定する。

と、いうことです。

悲しくなってしまう自分
つらいと感じてる自分に・・。

「悲しかったね」
「苦しかったね」
「つらかったね」

って、

言葉をかけてあげる。

と、いうこと

うまくいっていない自分に・・。

「できる限りやったのに
 思うような結果にならなくて、つらいね」

「あなたが、できる限り精一杯頑張っていることは
 私が一番よく知っているからね」

そんな風に

言葉をかけてあげるということ。

そして・・。
“自分を肯定することが大切”

自分を否定しないことが大切
それが
自分を楽にすることはわかってる
わかっているけど・・。
否定ばかりしてしまう自分も・・。

「あ~また、否定してしまってたね~
 もっと、○○したいもんね
 もっと、○○できるようになりたいもんね~
 もっと、○○してほしいもんね」

そんな風に、
言葉をかけてあげるということ。

多くの人が
周りの誰かに、わかってもらいたい
と、願っています。
認めてもらいたい
受けとめてもらいたい
わかってもらいたい
それは人の本能で 
どうすることもできません。
けどな、
どれだけ求めても
なかなか
思うように受けとめてもらえない。
認めてもらえないものです。
だからね。。
自分が自分に、
してあげるんです。
自分の中の、もう一人の自分
自分の中の、こころの自分に・・。

私自身が、
優しくしてあげる

認めてあげる
受けとめてあげる。
と、いうことなんです。
愛情の自己完結!(^O^)
それが、自分全肯定。
自分がいつも
自分のことを優しくしてあげたり
自分のがんばりを認めてあげさえすれば
人は、かならす
上機嫌でいることができるし

安心するし、心地いいし、
その、安心、心地いいそのものが
幸せを感じるということなんです。

そして同時に
自分に優しくできる人
自分を認めることができる人は
自然に、

周りの人にも
優しくできるし、認めることができる。

イコール
周りの人に好かれるし、愛される。(^O^)
そして
お互いに自分に優しく、周りの人に優しく
それが、
全肯定の世界です。

最近よく

どうしても
自分を否定してしまうんです
肯定できないんです

肯定できない自分を
またまた責めてしまうんです。

そんなお話を聞くので

今日はちょこっとだけ、

自分全肯定のコツ。
全肯定の世界に一歩近づく具体的な方法

書かせていただきました。(^O^)

。。。

いまから
そんな全肯定な世界を広げる

全肯定!オープンカウンセリング。

新大阪で開催します。(^O^)

お会いできることを
こころから楽しみにしています。(^O^)


◆にしあやこ/大阪…

子供を愛せない!
~イライラママから笑顔ママへ~

゛継母” 全肯定!カウンセラー  にし あやこ

★ブログ http://ameblo.jp/ayanh1281831/

プロフィール

IMG_4412

両親の家庭内別居のなかで育ち、
いつも母親の顔色を伺いながら育ちました。

いつも不安で、不機嫌そうな母親の顔。
「母親に笑っていてほしい」私はいつもその思いを忘れることはありませんでした。

そして、両親の離婚。

”女性は愛されて結婚するほうが幸せなんだ!”
という思いから1度目の結婚を決めるも、夫の全てを受け入れることが出来ず
娘を身ごもりながら、鬱病で苦しむ毎日…。そして1度目の離婚。

その後、前妻との間に子供を持つ男性と再婚するも
継子継母問題、双方の両親との不和問題。
生活も苦しく、息子を授かるも家庭はうまく行かず、
お互いを傷つけあうような調停離婚をしました。

母子家庭
病弱な息子は入退院を繰り返し、働いても働いても生活は苦しく、
母との折り合いも悪く、私はどんどん追い詰められて行きました。

「誰かに頼りたい!助けてもらいたい!」
いつしか支えてくれる男性を求めるようになっていました。、
ですが、誰とお付き合いをしても心は満たされず、
身も心もボロボロになっていきました。

そして前夫との再会、息子が繋げてくれた再会でした。
「この人ともう一度頑張ろう!」という思いで再婚を決意しました。
しかし、調停まで起こした離婚の代償は大きく、私の両親には許してくれるはずもなく、
再々婚を機に実父とは断絶。

もう、私が帰る場所はどこにもない。
血のつながっていない夫の子供、そして息子を幸せにしたい、幸せな家庭を築きたい!
そのためにいい母、いい妻、いい嫁になろうと必死で頑張る日々、
「本当の母になる!」と決意したはずのに…、
どうしても継子を受け入れられない自分を責め、苦しむ日々。
そして、何度同じ事を言っても忘れてしまう継子、ADDがあることがわかります。
育てにくさに苦しみ、発達障害についても学び、
どうにか上手く育てていきたい一心と責任感で必死でした。

報われない努力の繰り返し、誰も私を助けてくれない、
そんな思いがどんどん夫へと向かって行きました。
夫婦関係は悪化の一方へ…。
夫婦関係の改善の専門家に相談したり、
マニュアル本を徹底して自らを改める毎日。

そんな中、夫に女性の影。
「私はなんのために再々婚したんだろう?」
「いままで、なんのために頑張ってきたんだろう・・・?」
人生の絶望を味わい、身も心もボロボロになりました。
夫を疑い、証拠を集めていっても、苦しくて傷つくばかり。
どんどん自分が苦しくなりました。
私は自分を全否定していくようになり、
「うまくいかないのは全部自分のせい!」だと思うようになっていったのです。

もう限界・・、どうすることもできない。
ぼんやりした意識の中で、「夫婦関係」と検索し、
たかぢんさんの”全肯定カウンセリング”にたどりついたのです。
まずは自分をまるっと肯定する?自分が幸せになる?
息をしているだけのようなもう何も出来なくなった私に、
全肯定は、一筋の光のように見えたのです。

たかぢんさんの全肯定カウンセリングを受け、
私の人生は、突然大きく好転し始めました。

自分が癒されたことで、
驚くようなことがどんどん起きはじめたのです。

信じられなくなっていた夫の態度が、どんどん変わっていく。
「どうしても愛せない!」と感じていた継子のことを、
少しずつですが、受け入れることができるようになっていく。
何より、私自身が、自分を責めることがなくなっていく。
自然と、私自身の気持ちが変わっていく・・。

そして、子供のころから求め続けてきた
私の本当の居場所が、やっと見つかった。
本当によかった、本当にあきらめなくてよかった。
いま私は、心からそう感じています。
過去の私が経験したように、
今を苦しんでいる方々のために、
心に寄り添うお手伝いをしたいと思っています。
今のあなたの気持ちをそのまま受け止めます。

私を幸せにしてくれた、
全肯定!の温かで美しい灯りを、
ひとりでも多くの方々に伝えていきたい!
そう願っています。
〝継母”全肯定!カウンセラー にしあやこ

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]