カテゴリー: ブログ

◆大和まな(菜っぱ…

同性愛、両性愛、トランスジェンダー、
無性欲、性嫌悪セクシャルマイノリティで悩む方専門カウンセラー
全肯定!心理カウンセラー 大和まな(菜っぱ)

★ブログ   http://ameblo.jp/hidamari-no/

プロフィール

13119022_249681728719428_5385000593783449891_n

はじめまして
全肯定!心理カウンセラ-の大和まな(菜っぱ)です。(^◇^)
両親は、いつもケンカばかり、
母親は いつもヒステリック
私は常に、夫婦げんかのとばっちりを受けて育ちました。
家庭内が平和であってほしい!みんなで、普通に仲良く暮らしたい!
物ごころついた時からの・・、私の願いです。

母の精神状態を安定させるために
私は自分の気持ちを押し殺して、ずっと“いい子”をやっていた気がします。
同時に、私は母と同じようなヒステリックな女性になりたくない。
また 母のようになって、父に相手にしてもらえなくなっては
両親を繋ぐ役目が出来なくなって、家庭が崩壊してしまう。
そう感じた私は、無意識で自分が女性として成長することを拒否しました。
だから、自分の女性性を否定し、女性であることに嫌悪感を感じ続けていたのです。

就職活動の際、私が、教師になることを希望する両親の期待に
こんな自分が聖職者になっていいわけがないと、どうしても意に添うことができず・・・。
それがきっかけで・・。全てが、ガラガラと崩れていった感覚を、いまでもはっきりと覚えて います

そして、拒食症・・、入退院の闘病生活
結婚して息子を授かるも離婚。
その後、再婚するも、連れ子継母問題、舅小姑問題、跡継ぎ問題、リストラ問題
2度目の離婚に、両親のダブル介護が重なったころには、身も心も疲れ果て、ボロボロ状態でした。
夢にまでみた平和な家庭、幸せな家庭。
それを叶えるために、いい妻 いい母 いい嫁になろうと必死がんばってきたのに・・。

もう限界・・。
そんな時、吸い寄せられるように、全肯定!と出会いました。
何を感じても、何を言っても大丈夫。
そんな安心感の中で、私は、生まれてはじめて自分を大切にすることを知りました。
自分の本当の気持ちを知ることができました。
「私は、いまのままでいい」「これでいい、こんな私でいい」
こころからそう思えるようになったのです。
私は今 本来の自分にやっと戻れたよろこびをかみしめています

そして、私が癒されてきたことで、信じられないことが起きたのです。
私が、ボロボロになるまで努力しても、ずっと手に入れることができなかったもの。
そうです。私が、幼い頃から願い続けていた、家族の幸せを、手に入れることができたので す。
はじめて、全肯定に出逢ってから、わずか、半年。
ここまで短期間で叶えられるなんて・・、夢にも思っていませんでした。
まずは自分が幸せになることで、その幸せが周りに広がる。
それを、自分自身の体験で、感じることができたのです。

□自分の女性性を受け入れることができない
□自分が自分であってはいけない。
自分が経験してきたこと、自分を苦しめてきたこと。
そして、知人のセクシャルマイノリティーの方の悩みに触れ
そういう、なかなか周りに理解されにくい気持ちに寄り添うお手伝いをしたいと思っています。
私を幸せにしてくれた、全肯定!の灯を、ひとりでも多くの方々に、伝えて行きたい!
いまはそう心から思っています。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆福田靖子/認定プ…

保育士&全肯定!
子育ての悩み専門カウンセリング
全肯定!認定プロカウンセラー 福田靖子

★ブログ   http://ameblo.jp/kokoroiyasi3/

プロフィール

IMG_9696

はじめまして
全肯定!心理カウンセラ-の福田靖子です。(^◇^)

短大を卒業後、
小学生の時からの夢だった保育士になりました。
ずっと夢だった保育士でしたが、
結婚して主人や子ども達との時間を大切にしたい!
そんな想いで、保育士の仕事を退職しました。

子ども達が大きくなって、
いま再び、子育ての経験を生かして保育士として働いています。

子どもの頃から泣き虫だった私が、
ある悩みに苦しみだした時から、
人前で泣くことができなくなりました。

「私がなんとかしなければ…」
「苦しい時だからこそ、私が笑っていなければ…。」

と必死に頑張り続けました。

いま振り返ると、子ども、夫、両親、友人・・。
私の周りの、私の大切な人たちを
心配させないように、悩みを悟られないように、
いつも、無理して笑顔で過ごしていた気がします。

そんなことを続けているうちに
いつしか笑顔でいることが苦しくなってきたんです。
大切な家族と過ごしていても、仕事をしていても
何をしていても不安で不安で何もやる気になれない。
エネルギーが湧き上がってこない。
そして、そんな自分を情けないと感じる・・。
自分では、どうすることもできない。
心と、身体のバランスを大きく崩してしまったのです。

もう、限界・・。

そんな時、
全肯定!心理カウンセリングに出逢いました。

全肯定の場にいると
自分でも驚くほど、自分自身が癒されていくことを感じました。

何を言っても受け入れてもらえる。
その場にいるだけで、安心し、素の自分に戻れる。
次から次へとあたたかい涙が溢れ出てきて・・。
「こんなに私の心は苦しがっていたんだ」
自分の本心に、やっと気づくことができたのです。

そして、やっと
周りの人に、自分の気持ちを伝え
少しずつ、「頼る」「信頼する」ことができるようになっていったのです。

全肯定愛でたっぷり癒された私は
いつの間にか本物の笑顔で過ごせるようになりました。
今、私はとっても幸せです。

私を幸せにしてくれた
「全肯定!心理カウンセリング」そして、「笑顔ママ講座」
7年間、従事してきた保育士としての知識、子育ての経験。
それを合わせて、私もみなさんに幸せをお届けできたら嬉しいです。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆田中つぼみ/名古…

「私には価値がない!」そう感じてる女性のためのカウンセリング
全肯定!カウンセラー田中 つぼみ

★ブログ http://ameblo.jp/mitana314/

プロフィール

IMG_0417-2-205x300

はじめまして
全肯定!心理カウンセラ-の田中つぼみです。

私は、3人姉妹の末っ子として生まれました。
男の子が欲しかった父。直接父から聞いた事はありませんが、
私に対する態度や、従兄弟を可愛がっている所を見ると、
「やっぱり、男の子がいいんだ」と感じとっていました。
なので、小さい頃からずっと、常に、女性として生まれてきたことに罪悪感を感じ
同時に、無価値観を感じ続けていた気がします。
なので、自分とは直接関係のないことでも、いつも「自分が悪い」ような感覚で、
ずっと無意識のうちに自分を責め続けていたのです。

母は、あまり感情を表に出さない人で、何を考えているのかわからなくて、
幼い私は、常に不安な気持ちで過ごしていました。
父から暴言、暴力を受けても何も反応しない、抵抗しない母を見て
「泣いちゃダメなんだ、怖いって言ってもダメなんだ」と自分の感情を抑えていました。
そして、これ以上、母を悲しませてはいけない,困らせてはいけない、
甘えたいけど甘える事もできず、ずっと我慢して生きていた気がします、
小学校にあがっても、クラスの子みんなが敵のように感じ、私を責めている気がして
怖くて2年生までは1人も友達ができず、休み時間もずっと下を向いて座っている子供でした。

私が心理学に興味をもったのは、母の「うつ病」がきっかけでした。
「うつ病って何?」から始まり、6年前から本格的に勉強するようになりました。
昨年、全肯定!カウンセリングを初めて受けて自分の心の中で今まで嫌って無視
したり、追い出そうとしていた自分のイヤな感覚に光を当てる事によって、
いままで、思ってもみなかった言葉がでてきました。「〇〇〇〇」
いままでずっと、押し殺してきた言葉
自分の中にあったけど、周りの気を遣い、ずっと抑え続けてきた言葉。
言葉にして出すことによって、イヤな感情は消化されて、次第に自分が癒されてい
くのを感じました。
今まで、いっぱい、いっぱい無意識で自分を責め続けたり、我慢していた自分に気付
き、そんな自分を愛おしく思え、大切にできるようになりました。
私は、生まれてはじめて、「自分が自分であっていい」
そんな感覚を感じることができたのです。

幸せは、自分の中にあります。
あなたにも、幸せになる力は“かならず!”あります。
いまの私は、周りの人にそう言ってあげることができます。
なぜなら、自分自身が経験したことだから・・。

そして、まずあなたが幸せになることで、やがて周りを自然にを幸せにしていきます。

私は、あなたの心に寄り添います。
「全肯定!カウンセリング」はあなたの気持ちをすべて受けとめ否定しません。
「もうこれ以上、自分を責めないで!これ以上、自分で自分を傷つけないで!あなた
は悪くないよ」

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆三上かすみ/認定…

「セックスレスで離婚寸前?!
旦那さまに心もからだもずっと愛されるカウンセリング
全肯定!心理カウンセラー 三上かすみ

★ブログ http://ameblo.jp/mamaself-blog/

プロフィール

ic_marutani

私はこれまでの人生で、大きく分けて4つの悩みに苦しんできました。

■ひとつは摂食障害
16歳から約13年間、過食・過食嘔吐がありました。
多いときには食費が月30万円を超えることもあり、
経済的に、そして心身もとても苦しい経験をしました。

■ふたつめは、生理前のイライラ(PMS)。
排卵日を過ぎたあたりから無性にイライラして
家族や物に八つ当たりをしてしまうのです。「怒髪天を突く」とは、まさにこのこと。
ちょっとしたことで、煮えたぎるマグマのような怒りが頭の中で爆発して、手足がワナワナと振るえるのです。
それでも「人を傷つけてはいけない」と自分を抑え、かわりに自分で自分の頭や頬を殴ったり、
髪の毛を引き抜ぬいて、痛みを感じることで正気に戻ろうとしていました。
また、極端に落ち込むことも多々ありました。
「私は人に迷惑ばかりかけている」「社会の役に立てない私は価値がない」
自分を責める言葉が頭の中をグルグルして、止められないのです。
婦人科で漢方薬を処方されましたが効果を感じられず、低容量ピルを服用してもイライラは止まらず、
「私はきっと人格的に欠落しているんだ」と追い詰められていました。

■三つめは、子育て。
我が家には、二歳差で、男の子と女の子がおり、特に上の子(タロー)との関わりに悩んできました。
タローは、3度目の妊娠で授かった子どもです。その前に2度、流産を経験しています。
そのせいか、タローがお腹にいるときから…生まれてからも
「この子はいつかダメになってしまうのでは」という思いがぬぐえず
必要以上に心配したり、私の思いとは違う行動を取るとイライラしてしまうのです。
また、タローが甘えてくると嫌悪感を感じたり、反抗的な態度を取ったと感じると 「ゆるせない!」という思いがわいてきて、いつしか「私はタローのことを愛しているのだろうか?」
「タローを心から愛せない私は母親失格だ」と自分を責めるようになりました。

■四つ目は、セックスレス。
私は過食嘔吐が最も深刻だった20代の前半、同時にセックスや男性に依存する状態を過ごしていました。
寂しかったり、心細くなると、男性にぬくもりを求めてしまうのです。
ある時のクリスマスは、好きではない男性と過ごしました。
帰宅してから、私はひとり布団の中で、猛烈な孤独感を感じながら、大泣きをしました。
そんなとき、8歳年上の夫と知り合いました。
夫は、私の心身の状態や、生活状況も全て理解して、
「それでも君は生きているだけで素晴らしい」と、私を受けとめてくれました。
夫と交際した私は、みるみると摂食障害が回復してゆき、その間には結婚、出産を経験しました。
周囲からは摂食障害からの奇跡の復活、と言われましたが、
私の心はいいようのない不安感、欠乏感がありました。
2度の流産、2度の出産、子育ての過程で、セックスのことで夫とすれ違うようになっていたのです。

―セックスレス―
交際していた頃から、夫は、セックスに積極的ではないように感じられました。
「恥ずかしい」「分からない」と言って、いつも同じパターンであることに退屈さを感じ、
私は、さりげなく「こうしてほしい」と伝えてみたり、
セックスの特集が載っている雑誌を一緒に読もうと誘ったり
セクシーな下着を身につけてみたり、普段から夫を立てて、気持ちよく過ごせるようにと、努力しました。
しかし夫は「恥ずかしいからいいよ」「そんなことしないでいいよ」 と言ってスキンシップを避けるようになりました。

子どもが生まれてからは手も繋がなくなり、2人でデートに行くこともなくなりました。
私はだんだんと「本当に愛されているのだろうか?」と思うようになりました。
セックスを避ける夫に、怒りを覚えるようになりました。
「女性としての魅力がなくなったんだ」と落ち込み、
「セックスがないまま、女性としての人生を終わってまうのだろうか」と追い詰められていきました。
セックスのことばかり考えてしまう自分を汚いと感じ、
人格的に、精神的に、何か障害や問題があるのかもしれないと悩むこともありました。
「セックスレス 離婚」「セックスレス 浮気」来る日も来る日も、パソコンで検索をしました。

解決策はないのか?解決できないなら、この思いをどこで発散すればいいのか?
浮気をしようか…いっそ割りきって、風.俗で働こうか…。
風.俗店に電話をして仕事内容を聞くまでに、私の精神は切迫していました。

しかし、それを知ったときの夫の悲しむ顔を思い浮かべると、どうすることも、できませんでした。
セックスレスのイライラを、子どもたちにぶつけてしまうこともありました。
ぶつけたあとで後悔して、自分を責めました。
生理前にはさらにイライラして、家庭の雰囲気は最悪でした。
夫は「仕事で疲れている」「自分も何とかしたいと思っている」と言うばかりで
具体的な方法を考えたり、行動しているようには見えません。
何度もぶつかり、何度も話し合いを重ね、もう一度、あと一度頑張ってみようと
夫婦で試行錯誤するものの…m私たちは、悪循環の渦から抜け出せなくなっていました。
こうして悩み苦しむあいだ、私は様々なカウンセリングを受けました。
あるカウンセラーは、夫を責めて、笑いました。
あるカウンセラーは離婚をすすめ、いろいろな提案をれました。
前世に問題があると言う人もいました。
しかし、そのどれもがセックスレスを解消するに至らず、私は傷つき、ますます悩むようになりました。
「万策尽きた。もう、離婚したいです…。」夫に伝えると、普段は温厚な夫がはじめて壁を殴りました。
夫もまた、どうにかしたいと頭では考えているのに、
心が、からだが、どうすることもできず苦しんでいたのです。
「もう一度。あと一度。これでダメなら離婚しかない…」

私は、風の便りに聞いた、「全肯定!カウンセリング」を受けたのです。
セックスレスで離婚を考えていること。
心もからだも悲しくて、浮気や、風,俗で働くことを考えてしまうこと。
こんな自分が汚くて嫌い。きっと人格的に何かが欠落しているんだ…。
そう訴える私の話を、のちに私のカウンセリングの恩師となるたかぢんさんは、
ただ静かに聞いてくださいました。
時折、たかぢんさんから質問があり、私はじっくりと自分を見つめることができました。
カウンセリングの間、アドバイスも、否定されることもなく、私はどんどん、自分の内側へ進んでいったのです。

すると見えてきたのは、泣いている「心」。私の中の私が、大きな悲しみと、欠乏感を訴えていたのです。
私の両親は、2歳の時に離婚をしました。私は母に引き取られ、7歳の時に母が再婚。
しかし、再婚生活も喧嘩の連続で、私は不安や恐れを感じていました。
「新しいお父さんにお母さんを取られた」と悲しみながらも、「お母さんの幸せ」のために我慢し、
喧嘩が絶えない両親を繋ぎとめよう、見捨てられないようにしようと、神経を張り巡らせながら 幼少期を過ごしていたことが思い出されました。

私は、知らず知らずのうちに、心に空いた大きな穴を、過食(食べ物)や
セックスで得られる肌のぬくもりで埋めようとしていたのです……。
また、生理前の爆発的な怒りや、子どもに甘えられると感じる嫌悪感も
「幼少期に親に甘えられなかった」「満足に話を聞いてもらえなかった」ことから来る、 怒りや寂しさからきていたことも、全肯定!カウンセリングで、ようやく分かったのです。
カウンセリングで心の中を見つめ、表現していくことで、私の中の欠乏感や怒りは、少しずつ消えてゆきました。

日常生活でも、子どもへの嫌悪感が薄らいでゆき、生理前のイライラは、すっかりなくなりました。
そして、あんなに苦悩していたセックスレスも、解消したのです!
夫を変えようとしたわけでも、何か特別なことをしたわけでもなく…
ただ、私が癒され、心が満たされ、安心しただけで解消したことに本当に驚いています。

□離婚や浮気を考えてしまうほどに追い詰めらていても、セックスレスは解消できる!
□パートナーにも自分にも、笑顔と安らぎが戻ってくる。
□パートナーと、再び心もからだも繋がり、家庭が安心できる場所になる。

この喜びと感動を、セックスレスで悩んでいる方に、一人でも多くお届けしたい。
心から愛し合い、信頼しあうお父さんとお母さんが増えれば、
子どもたちもまた、心に愛をもって羽ばたいてゆける…!
そのお手伝いをしたく、私は全肯定!カウンセラーになりました。
セックスレスでお悩みの方は、ぜひ、ご相談ください。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆生将(いくまさ)…

★ 全肯定!心理カウンセラー 生将(いくまさ)

★ブログ http://ameblo.jp/ikumasa-nagano

プロフィール

IMG_3292-300x200

僕は小さい頃より、超がつく程の恥ずかしがり屋で、自分を表現出来ない子供でした。
親の不仲、小学生時代のいじめ、大学受験失敗、悪性疾患による長期闘病等を経験し、
就職後も幾度となくうつ状態となり休職したこともありました。
そして、その間、常に感じていた自己否定感と生きづらさ…。
「もうこの生きづらさは絶対になくならない」
人生を諦めかけていた僕に、もう一度夢を与えてくれたのが、僕のカウンセリングの師匠
藤村高志(たかぢん)さんでした。
たかぢんさんの全肯定カウンセリングは、あなたの中に生まれた感情を絶対に否定しません。
そのあたたかい安心感の中で、あなたがずっと抱えてきた本当の思いに、耳を傾けてみませんか?
2014年11月、たかぢんさんの全肯定!カウンセラー養成講座を修了し、
今、こうしてカウンセラーとしての一歩を歩み始めました。

■カウンセリング

僕のカウンセリングは、あなたの中に生まれた感情を絶対に否定しない!
全肯定!カウンセリングをベースにしています。
カウンセリングは日常会話とは異なり、絶対否定されない温かい安心感の中で、
普段なかなか表現出来ないあなたの本当の想い、過去に言えなかった
あなたの本当の想いに耳を傾けることを大切にしています。
言えなかった想いを言葉にしてみることで起こる気持ちの変化。思考のあなたと、
感情のあなたの関係性が見えてくると、あなたの中で色んなことが動き始めます。
きちんと順序立てて話す必要はありません。感情重視のカウンセリングでは、支離滅裂ぐらいが丁度良いです。
どうぞ、頭がゴチャゴチャのまま、何が悩みかも分からないまま、僕のカウンセリングを受けてみて下さい。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆小田なごみ/大阪…

★引きこもり、不登校、家庭内暴力
電話カウンセリングで子供の問題を根本から解決する専門家!
全肯定!心理カウンセラー小田なごみ

★ブログ http://ameblo.jp/rose-mind/

プロフィール

プロフィール写真-183x225

子供のころ私には、「愛された記憶」がほとんどありません。
甘えたいのに、甘えさせてもらえない。
私のほうを向いてほしい…。だけど、母が大切にするのは、いつも弟のこと。
子供のころからずっと、母に遠慮し、気を遣い、母を困らせないように、
母に嫌われないように、気持ちの全てを押し殺し、いろんなことを我慢し
言いようのない孤独感、空虚感、そして、大きな悲しみをずっと抱えて生きていた気がします。

子供が思春期に入ったころから、急に子供との関係がギクシャクしはじめました。
気づけば、可愛いはずの我が子を怒鳴りつける毎日。
「誰と遊んでいるの!」「きちんと勉強はしたの!」
「何してたの!どうしてこんな時間に帰ってくるの!
どうしてそんなに心配ばかりさせるの!」「いい加減にして!」
子供を縛りつけ、やることなすことにイライラしてしまう…。
そしていつも、こころのどこかで「誰か私を止めて!」そう叫び続けていました。
引きこもり、不登校、家庭内暴力、そして、情緒不安定…。
私が、叫べは叫ぶほど…、子供の問題が、どんどん大きくなっていったのです。
そしていつしか…、「子供がこうなってしまったのは私のせい? 私の育て方が悪かったから…。」
そんな風に、自分を責めるようになっていったのです。

何もかもがうまくいかない…。どん底…。
そんな時…、「全肯定!!心理カウンセリング”に出会ったのです。
すがりつく想いでした。

「何を言っても大丈夫!!」
その言葉に導かれ、自分の心の奥底で気づいてもらえるのを待っていた感情が
次から次へと湧き上がってきました。
ポッカリと穴があいた私のこころを少しずつ、少しずつ、埋めていくことが出来たのです。
それは、大海原で波に体を預け、ゆったりと浮かんでいるいるような感覚。
子供のころからずっと、私が求めていたもの、全てが、あたたかい何かに包み込めれているような感覚。
そして私は、少しずつ、少しずつ、癒されていきました。

癒されていくのと同じタイミングで、
今までの私には、絶対にできなかったことができるようになっていったのです。
子供が悲しんでいるとき、寂しそうな時…、そっと…。、子供と手をつないだり、抱きしめたり
何でもないこと…、でも…、今までの自分には絶対にできなかったことが、
無意識に、自然にできるようになったのです。
さらに同じタイミングで、子供には笑顔が戻り、今日起った、たのしいこと、嫌なこと
全てを話せしてくれるようになっていったのです。
そして少しずつ、ひとつずつ、子供の問題も消えていく…
いまは、家の中にあたたかさ戻り、家族が仲良く一緒の空間を楽しんでいます。
私が癒されることで、子供の問題が解決する。
よくそんな話を聞いていましたが、最初は全く信じられませんでした。
だけど…、本当に、本当に、そうなっていったのです。

全肯定の父である”たかぢん”さんからは
”まずは自分が癒されること、幸せになることが、全ての幸せのもと”
そして、心が癒される前提になるのが…。
何を言っても大丈夫、何が起きても大丈夫。そして、どんな自分でも大丈夫。
気持ちの全てを受け止める!それが、”全肯定”だということを教えていただきました。
全肯定!に出会わなければ、私はいまも、子供をなんとかしようと必死にもがいていたと思います。
私が、私の全てを受け止めてもらえたからこそ、私自身が、癒され、笑顔で過ごすことが出来るようになり、
家族との関係も良くなることが出来たのです。
だからこそいま、子供の事で悩んでいる多くの方々に、伝えたいのです。
母親が、子供のためにしてきたこと、その行動のすべては、その時の自分の最善の方法であり
それら全て含めて、親の、“精一杯の愛情”なんです。
だから…、「自分の子育てが悪かったから…。」そんな風に、もう、自分を責めなくていいんです。
私が、どん底にいたとき、私の支えになった、そして、私を救った全肯定!
だからこそ、子育てに悩んでおられる多くの方々に、私が経験してきたこと…、
そして、私と私の家族を幸せにしてくれた
あたたかで、安心できる全肯定の幸せの輪を、広げて行きたい。
そしてまた、そこから広がったし合わせを、家族に、周りの人に
広げていって欲しいと思い、全肯定心理カウンセラーになりました。
「大丈夫!!きっとよくなります」
私が経験したことは、そんなに難しいものではなかったから
そして、努力も、がんばりも、必要ないことだから…。
たった一度っきりの人生、自分らしく、生き生きと、過ごせたらいいですね。
私に、できる限りのサポートをさせていただきます。

全肯定カウンセラー 小田 なごみ

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆池亀希実子/名古…

不幸の世代間連鎖を解き放つ!専門家
全肯定!心理カウンセラー 池亀希実子

★ブログ http://ameblo.jp/lun-ran-pi/

プロフィール

IMG_7225-200x300

私の母は、酷い虐待を受けて育ちました。

私は、物心ついた時からずっと…、
そんな母の辛かった話を毎日聞いて育ちました。

そして、いつしか母の幼いころの記憶の全てを、
まるで自分が体験したかのように話せるまでになっていました。

本来、私はとても自由でマイペース。

しかし、悲しい育ち方をした母を…、せめて私が笑顔にしてあげたい。

お姑さんに苛められている母を、私が守りたい!

その一心で、「真面目で良い子でしっかり者」

母の“母”を、精一杯演じ続けていました。

その当時は、それが当たり前だと思い、

ただひたすら母のことを思い生活していましたが・・

いま振り返ってみると、40年近く本当の自分を隠して生きるのは、
とてもつらく、息苦しいものでした。

小学校から高校まで、苛めや仲間外れに遭いながらも、

その事を、両親に一切悟られたくなかった私は、

一歩外に出ると誰とも口を聞けなくても平気なフリをして
一匹狼のように過ごしていました。

習い事や勉強など、全て母の望むよう努力して頑張っていました。

だけど母は、私が楽しくなって自分のしたいことをしとようとすると、

それまでの目標も約束も全てひっくり返す人でした。

一番進みたかった音楽の道も、次の夢だった教師になる道も、

大学卒業後に文学研究の道に進もうとしたときも…、

全て母に大反対され…、そして私は断念しました。
その後、就職も結婚も、結局は母に勧められるがままに従い、

結婚に至っては「息の詰まる実家を出られるのなら…」

と、自分を急き立てるように結婚し、子供を二人授かったものの…、

夫からのDV、地獄のような日々…。そして、別居・調停を経ての離婚に至りました。

なんの曇りも無く、笑顔で幸せに暮らせる人だってこんなにたくさんいるのに…。

どうして私は、こんなにも無理して笑っているのだろう…?生きづらい・・・。

こんな私に育てられる子供たちは、きっと私以上に生き辛くなってしまう…。

それだけはイヤ、何とかしたい!
その一心で、心理の世界に飛び込み、セミナーやカウンセリングを受けて、
自分自身の生き辛さの原因が「母との共依存」にあったことを知りました。

そこで受けたカウンセリングでは、母との境界線を引く所で、どうしても

母への罪悪感が邪魔をしてしまい、内心深く傷つきながら

境界線を引くフリをしてしまっていたり、罪悪感などないフリを演じていました。

カウンセラーに気を遣い、カウンセラーの期待に応えるカウンセリング。。

正直、カウンセリングでのワークがとても苦痛で、虚しくもありました。
何をしてもうまくいかない…。

全てに絶望感を感じ始めていた時、
たかぢんさんの全肯定!心理カウンセリングに出会いました。

私は、生まれてはじめて、自分の気持ちの全てを丸ごと受け止めてもらえた!

と実感しました。

母との境界線を引くワークでも、私の罪悪感が置き去りにされる事がなく、

やっと心底癒されて穏やかな気持ちで、母からのこころの呪縛から離れることが出来ました。

 

私が癒されていくのと同じ速度で、
娘のパニック症状は少しずつ少なくなってきています。

息子の不登校は、解決までには、もう少し時間がかかりそうですが…。

そんな息子のこともようやく、あたたかく見守れるようになってきました。

私も、私の大切な子供達も、いままでの生き方を少しずつ方向転換し、

しあわせに向かっている…。そんなよろこびを、いまは実感しています。

全ての問題が解決した訳ではありません。

でも、そんな現在進行形の私だからこそ、

今現在、私と同じように悩み、辛い思いを抱えておられる方に

深く寄り添う事ができると思うのです。

あたたかで、安心できる環境で、自分の気持ちに深く寄り添って貰えると

それまで言葉に出来なかった、気持ちの居場所が自分の心の中にみつかって、

心がほっとして喜ぶのです…。

私が体験した、この全肯定のしあわせを
自分の周りから、少しずつ広げて生きていきたい・・。
そんな思いでいます。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆なかだみゆき/ス…

言いたいことが言えない!
劣等感・母親との関係に悩む女性のためのカウンセリング
全肯定カウンセラー なかだみゆき

★ブログ http://ameblo.jp/beauty-free24/entry-11957725275.html/

プロフィール

DSCN2518-4-245x300

子供の頃からずっと、私は「孤独感」「劣等感」
「自分は役に立たない人間なのでは?」と感じていました。
そして「私の居場所はどこにもない」何となくそう感じていました。
友達と遊んでいるときや、学校で学んでいるときはあまり感じないけど、
ふと放課後に誰もいなくなってたった一人になったとき、
何とも言えない「心もとなさ」や「さみしさ」や「どこにいたらいいんだろう」
などと感じることがよくありました。

母は常に、誰かとわたしを比べていました。
口癖は「○○ちゃんに比べてあんたはダメやな~」「とろくさい!」
母は正しく、自分が間違っている、とずっと思っていました。
だからずっと「自分はダメ」そして、自分のことが大嫌いでした。
何かやりたいと思っても、「あの人にできても、どうせわたしには無理」
「だってとろくさいし、何やってもダメだし」そんなふうに、自分を責め、
否定し、すべてをあきらめていました。

夫と結婚してみたら、
彼は自分の機嫌が悪いときは一言もしゃべらなくなるタイプでした。
最初はわたしが悪いのかとオロオロしたり、なだめたり、怒ったりして
彼を変えようとしてみましたが、彼はまったく変わりませんでした。
そのうち何を言っても無駄だとあきらめ、そうなったときはただ
何も言わず我慢するようになりました。
そうしたらだんだん何も言えなくなってしまいました。
そしてふたたび「居場所がない」ような、自分は必要とされていないような、
そんな感覚になりました。

母も怒ると何日も無視するタイプでした。
そうされるとすごく悲しかったのを覚えています。
「わたしがこんなふうになったのは、母のせい」
けれど、「怒りを感じる自分はダメだ」
今度はそんな風に感じる自分にすらダメ出しをしていました。

全てがうまくいかない。
どうしたらいいのか、全くわからなくなっていたとき、
全肯定カウンセリングと出会いました。
そして、私は自分の気持ちを全て抑えこんでいたことに気づきました。
自分の気持ちを全部認め、肯定していったとき、
ずっと胸に詰まっていた重いものが、ごそっと丸ごと取れるスッキリ感を味わいました。
それは今までに味わったことのない感覚でした。

その後のわたしは夫に対して、
言いたいことが少しずつ言えるようになってきました。
そして、夫に対する怒りも感じることがなくなり夫婦関係も、少しずつ改善していったのです。
そして母に対しての怒りも過去のもので、幼かった自分が感じて痛がっていたんだ
ということにも気づけました。
それどころか、今の母に対してはありがたみさえ感じています。
母はとてもやさしい人だったんだと感じることもあります。
そんなふうに感じることができる自分をだんだん好きになっています。
小さな頃の、甘えたかった気持ちや、悲しかったこと、
つらいと思っていたこと、そこを認めて受けとめるたびに
気持ちが楽になっていくのを感じています。
本当に癒されているんだな~と実感できてます。

全肯定カウンセリングと出会い、本当の意味で自分を大切にすることや、
気持ちを受けとめて満たすことが、こんなに心地よいということを知りました。
わたしのように自分の居場所がないと感じていたり、母親との関係に悩んでいたり、
言いたいことを抑えてしまって苦しかったり、自分はダメだと思っている方

まずはすべての気持ちを受け止める全肯定カウンセリングを受けてみませんか?

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”http://aik.wp-x.jp/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆あんみちえ/大阪…

波乱万丈!頑張り女社長から 幸せ女社長への転身☆
~女性の本当のしあわせのコツを教えます~
全肯定!心理カウンセラー あんみちえ

★ブログ http://ameblo.jp/anmichie531/

プロフィール

あんちゃん写真1-200x300

父は、不器用でまじめだが社会不適合者

いつも口癖は「困った、困った」
母も、私を産んで間もなく統合失調症になり、
ずっと入院生活見舞いに行くと「私を助けて」が口癖

幼い私は甘えることさえ許されなかった
わがまま言えない、迷惑かけない、親を助けられない
人の目を気にし、喜怒哀楽という感情を全て抑えた
気づくと私の中には欠乏感と孤独感と無力感があった

父のように我武者羅に働いた、母のように自分を犠牲にした
結婚・離婚・結婚・離婚・結婚・離婚・・・今はシングル
前妻の子4人と実の子2人育て、娘は不登校、母は寝たきりに…。
私が我慢して頑張れば頑張るほど、
夫は不甲斐無くなっていき別れる事になってしまう
やっとの思いで小さな会社と小さなビルのオーナーになる
けれど私の心は空洞のまま、自分の人生を生きていない気がする
そんな時、たかぢんさんの全肯定心理学に出会う
子供のころの飲み込んだ言葉と、押し殺した感情に向き合った
その辛くて、苦しい想いからだんだん開放されていった
どんどん自分の見え方、聞こえ方、受取り方、感じ方が変わった
いつの間にか、父と母への愛と感謝の気持ちが溢れ出した
闇の中にいると思っていた私、そこにはちゃんと光があった
私の人生を語るだけでも、聴く人は勇気が出ると言ってくれる
あんなに悩んだことや苦しかったことが、私の大切な宝物に思える
気がつけば息子は思いどおり歯科医師になり、
娘は念願の大学に入り好きな仕事を見つけた。
周りには“心友”がいっぱいいてくれる

今は幸せで仕方がない、自分の人生の全てが愛おしい
本当にやりたい事がみつかり、いつもやりたい事をやっている
最近始めた趣味はベリーダンス、筆文字、
ボランテアでチンドン屋も楽しんでいる
以前の私からは想像つかない、一瞬一瞬が輝いている
生まれて初めて自分が好きになった。
全肯定心理学に出会い、自分の中の溢れる愛に気づくだけで
人生波乱万丈! が 人生バラ色! に一瞬で変わる
私はそれを伝えたいと思ってカウンセラーになった
いつも目の前のあなたの心に寄り添いたいと思っている

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆門田泰武/大阪2…

◆NO否定!NOジャッジ!で受けとめるカウンセリング
土佐高知の全肯定!心理カウンセラー 門田泰武

★ブログ http://ameblo.jp/momo1meru2iro33m/

プロフィール

10322870_456702217798302_1523870303_n-225x300

高知県高知市生まれ。

幼少期から、引っ込み思案な上に争いごとが苦手で、
常に、周りの人の様子ばかりをうかがっていた。
周りの人が口論したり、ケンカをしたりしていると、
「何か自分が悪いことをしたんじゃないか?」
「機嫌を損ねるようなことを言ってしまったんじゃないか?」と、
無意識に自分の言動や行動を振り返り、自分を責める事ばかりをしていた。
また自分のほんとうの気持ちを伝えると、「相手を傷つけてしまうんじゃないか」
という不安があり、本心を表現することができず、人間関係に苦手意識が生まれる。
自分よりも他人を優先、優しさは自己犠牲によって成り立つとの考えが確立。
自分の想いを表現せずに他人に合わせることで人間関係を保っていることに
疑問を感じつつも20代で結婚。
結婚生活においても本心を伝えることができず、次第に夫婦関係がギクシャクし、
金銭問題や子育ての問題から目を反らし離婚を経験する。

幼いころから、漠然とした不安や自責感を感じ、
人間関係がうまくいかなかったこともあったためか、幼少期から人の心に興味があり、
現在は精神科看護師として、約20年、病院勤務している。
日々、患者さんのこころのケアをしていく中で、その関わり方や接し方、
話の聴き方の重要性を感じ、藤村高志氏主宰の全肯定!心理カウンセラー養成講座に参加。
まずは自分の気持ちを大切にすること、心を開くこと、お互いにこころを通わせる
「共感する」ことでのみ安心できる関係を築くことができることを学ぶ。
現在は再婚し、夫婦関係や2児の子育てに目を反らすことなく正面から向き合うことで、
とてもいい関係を保っている。

20年間、精神科看護師として、約400名の患者さんに接してきて、
人は、「気持ちを受けとめてもらうことで癒される」ということ。
そして、「存在を認めてもらうことで、心から安心できる」ものということを、
つくづく実感しています。

これからは、その経験を生かし、カウンセラーとして、
かつての私と同じように、自分を責め、心を開くことができず、
人間関係に苦しんでいる方々のお役に立ちたいと考えています。

□人間関係が苦手で、いつも自分が悪いと感じてしまう。
□他人の言動ばかりが気になり、判断基準が自分にない。
□夫婦関係がギクシャクしてしまい、上手くいかない。
□子育てに対する不安がある。

そんな方はぜひ、ご相談下さい。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]