カテゴリー: 全肯定!心理カウンセラーのご紹介

◆藤原有紀(ゆきん…

コンプレックスに悩むあなたの心に寄り添います♡
全肯定!心理カウンセラーゆきんこの「本来の自分に戻る」カウンセリング

★ブログ http://ameblo.jp/nijihimeko/

プロフィール

yukifujiwara

はじめまして。
全肯定!心理カウンセラー ゆきんこ こと藤原有紀と申します。

私はずっと・・
自分には価値がないと思っていました。

私は生まれつきの心臓の病気で、
何度も手術を受けたので身体に傷痕が残っています。

子どもの頃から
「私はみんなとは違うんだ。出来損ないなんだ。」
と思ってきました。

大人になるにつれ、
身体の傷がコンプレックスとなり女性としての自信も持てなくなりました。
自分の傷を嫌っていました。ずっと見ない様にしてきました。
いつも自分を隠したい気持ちがありました。

そして、そんな自分をさらけ出すことができないので、
私は誰かに頼ったり、甘えることができませんでした。

何か問題が起こるたび、手あたり次第に本を読み、
インターネットで検索してはブログを読み漁り、
問題を解決するプログラムに申し込んだり、
良妻になるセミナーに参加してみたり・・・
でもやり方をいくら習っても、実践できませんでした。

やっぱり私はダメなんだ・・・。
思考が同じ所をぐるぐるまわり、自分を責めてさらに苦しくなりました。

でも全肯定!に出会い、心がどんどん緩んでいきました。
たかぢん師匠の全肯定!カウンセリングを受けて、
初めて自分の傷をじっくり見ることができました。

私はダメなんかじゃない!
実は、この傷こそが私が頑張ってきた証なのだ!
むしろ私の強みであり勲章なのだ!
と胸を張って言える様になりました。
やっと本来の自分として生きることができる!
身体中が喜んで、力が湧いてくるのがわかりました。

頭でどんなにHOW TOを理解しても、
心を置き去りにしていては実行に移せないのです。
まずは自分の心でFEEL TOをすることで、
自分を知り、心を癒すことが大切です。
心が癒えれば、苦しみの渦に巻き込まれることなく、
自分で人生の舵を切っていくことができます。

もう大丈夫です。
私があなたのどんな気持ちにも全肯定で寄り添います。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆なかのひろみ/東…

自分がきらい!
全肯定で誰よりもあなた自身と仲良くなろう!
周りも幸せになる!カラーから自分らしく輝こう!

全肯定心理カウンセラー・なかのひろみ

★ブログ http://ameblo.jp/mr-kobu-hibiki/

※カウンセリングは、女性限定とさせていただきます。

プロフィール

s_DSC06751 (1)

全肯定!心理カウンセラーの なかの ひろみです。

私はいつからか生き辛さを感じていました。
でもそれはみんな何かあるだろうし、これぐらい我慢してるはず。
大人なんだから私が我慢できることはして当たり前と
思って生きてきました。

その辛さが耐えられなくなってきたのは結婚してからでした。
今から思うと…、私は結婚前から先の“幸せ”を描いていませんでした。

旦那は、悪い人ではありませんでした。
ただ・・「どうせ俺なんて」と自分を責める人でした。

付き合い始めた頃、元カノがずっと忘れられなかったけど
やっと忘れられそうだと旦那が言ってくれました。

ですが…、婚約指輪を買いに行った時…、
「元カノだったら良かったのにって思った」と言われました。

普通なら怒ったりすると思います。
だけど私は、ただ「なぜそんなことを言うのだろう…?」と驚き
「この人の気持ちを受け止めてあげないと」と思っている私がいました。

いまから思うと、とても不思議なのですが
この時、“本当は大きく傷ついていた”ことに、
私は、気づいていなかったのです。

結婚の準備は、すべて私がやりました。
結婚してからは、私の方が仕事してる時間は短いのだからと
「家の事は主婦がするのが当たり前なんだ」とひとりで動いてました。

「主婦とは、夫のすべてをサポートするもの・・、」
「母のように献身的に支えるものなのだ」と思いこんでいたのです。

そして、旦那の2度の転職。
1年間無職の間は私は仕事と家事も全部していたので
イライラすることもありました。

旦那との未来を描けないまま不安を感じたまま、月日が流れました。

周りにはそれなりに過ごしているよと
本当はどうしていいのかわからないのに
相談も出来ず人の話ばかり聞いていました。

気づいたときには…、
心のぽっかりと穴があいてるのを感じながら、
ただ泣いてる私がいました。
でも、なんかそのうち落ち着くよねとごまかしていました。

弱音を吐けず、自分で出来る事はするのが当たり前。
迷惑をかけるなんてダメだと思っていました。
自分ができないことを人に見せることも出来なかった。

でもこのまま生きていても…。意味があるのだろうか?
今、振り返ると、生きているけれど心は死んでいたと思います。

そんな私でしたが友人の話に寄り添っていると
自分を認めれるようになった友人が一言
「カウンセラー目指したら?」

私は何を言っているのだろう?私が癒されたいのに。。。
と思いながら聞いてました。

そこで出会ったのが全肯定!と言いたいのですが…、心屋でした。
それが、2014年の春。夏には、心屋マスターコースに通っていました。
そこで自分よりも他人を優先が当たり前と思っていたことが
違うのだと知りました。

少しずつ緩んでいく私とともに離婚の話が進み始め
2015年の3月にマスターコースを卒業してすぐに
15年間の結婚生活を終えました。

そこから両親や友人、マスターコースを卒業したときには
「おめでとう」まで言ってもらい、誰も責めてないのに
心を学んだのに、離婚した自分をずっと、責めてました。

周りと同じように出来ない自分を責めていた時に
全肯定を知り、たかぢんさんの本を読んで…、
今の私は、“癒し”の時なのだと気づき、
気持ちが楽になったことを覚えています。

そして9月に東京オープンカウンセリングに参加し
見ているだけなのに、癒されながらも頭とお腹が反応し
そのことにびっくりして、「私にはきっと必要なはず!」
と思い、2016年の2月から念願の全肯定養成講座を学びました。

そこで学びながら全肯定に触れているうちに、癒されていき
少しずつ思考ではなく、心の声である私と仲良くなれるようになりました。

カウンセリングを受けてからは、
自分を大事にしないとこんなに悲しくて、子供のように泣きたくなることを体感。
どれだけの間、心の声に傾けるのを待っていてくれたのだろう?と思うたびに、
自分に向かってごめんねと謝ります。
それに気づいてから、自分を否定することが減りました。

本当は誰も自分のことを責めたくないですよね。
それなのに責めてしまうことが苦しい。
でも、自分の本当の心の声を一人で受け止めるのがこわい。

本当は…。知るのがこわいから
気づかないように、私もたくさんしてきました。

たくさん作っていた心の壁を
ゆっくり、ゆるめたいと思ったら、私にお話をしてみてください。
離婚の迷いも話してみると変わるかもしれません。

離婚前や離婚後のいろんな思いも抱え込まずに話してみませんか?

あなたのどんなお気持ちも否定しないでお話を聴かせていただきます。
あなたの心にそっと寄り添います。

全肯定!心理カウンセラー
心屋リセット認定カウンセラー
アドバンスプロカラーセラピスト

なかの ひろみ

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆盛岡正伸(まーく…

介護疲れ・うつ・燃えつき症候群専門!
全肯定!心理カウンセラーの盛岡正伸(まー)です

★ブログ http://profile.ameba.jp/masanobu5599

プロフィール

1463303638615

初めまして
介護疲れ・うつ・燃えつき症候群専門!
全肯定!心理カウンセラーの盛岡正伸(まー)です

私は学校を卒業後、家族と共に自営業を10年ほどおこなった後、
全く違うジャンルである介護の職場で働く事になりました。
介護の職場では、登録ヘルパー、社員、サービス提供責任者など、
さまざまな職種を経験しました。

初めて私が働いた職場は、デイサービスというジャンルの介護施設で、
毎日朝6時半から夜10時や11時まで気合と根性で働き続けました。
極度の緊張の中、何に対しても『はい、やります』と答えていました。

そしてある日、
私は、念願だった施設長になることが出来ました。
でも、実際の施設長の業務は思っていたよりも過酷で
毎日上司から売り上げの事で『お前は給料泥棒か』と罵られていました。

部下の前では施設長らしく振舞い・・、
上司からの電話は、応接室に隠れて取るようになりました。
寝る暇もないほど、気合と根性で働きましたが、
毎日、胃がキリキリと痛み、食欲も出ず、どんどん体重も落ちて行き、
自分が自分で無くなっていくような感覚を感じていました。

そして、ある日突然…、
燃えつきたように動けなことがくなり、出勤できなくなったのです。
私は、切り捨てられるかのように、一般社員に降格になりました。

極度のプレッシャーから解放されたこともあって
なんとか、出勤することはできるようになりました。
頭の中ではいつも「家族のために頑張らないと・・」
そう、自分に言い聞かせ、ムチを打って頑張っていました。
そんなことがしばらく続いていたのですが…。
またもやうつ…、登録ヘルパーに降格しました。

「どうしてこんなことになったんだ?」
「どうすればいいんだ?」
「これから先どうなってしまうんだ」
その言葉が頭から離れず、今までの自分を責めてばかりいました。
「頭がおかしくなった」もう終わりだと思っていました。

そんな私の姿を見た、信頼し尊敬している方が数冊の本を貸してくださりました。
その頃の私には、かなり自由な時間がありましたが、本を読む気にはなれず、
毎日山積みにした本を眺めているだけでしたが・・。
読まないのも悪いと思い、少し読んでみると、そこには、その頃の私に必要な事が
たくさん書いてあり、私は泣きながらいっきに本を読みました。

私の心は少しずつ回復していき出来ることから毎日少しずつ行動し、
登録ヘルパーから社員になり、社員からサービス提供責任者になりました。
それから心の本を読む事が趣味になり、
私も「カウンセラーになって心の苦しさに悩んでいる人のお役に立ちたい」
という思いが強くなっていました。

その頃に出会ったのが、
全肯定!心理カウンセラーの藤村高志さん(たかぢん)の本でした。
本を読み終えた後、藤村高志さん(たかぢん)の事をネットで調べ
ブログを読み、養成講座の存在を知りました。
そして、受講する事を決めたのです。

同時に、自分がいままで感じていたこと、経験してきたことを
「誰かの役に立てば、心の支えになれば…」という思いで書き始めました。
書き始めてわずか数日のことでした。
僕のブログを読んで下さった方からの、カウンセリングのご依頼が入ったのです。

そして、学んだばかりのカウンセリングを
僕にできる範囲内で、精一杯させていただきました。

そして僕は、はじめて体験したのです。
カウンセリングの前と、受けた後で、クライアントさんの表情や声のトーンや、
まるで別人のように、変わっていく姿を、目の当たりにしたのです。

「カウンセラーになって本当に良かった」
「これが、自分が本当にやりたかったことなんだ」
と、心から思うことができたのです。

それから先も、
人と人の関わりの中で、周りの期待に応えきれず、
どうしていいのか、わからなくなってしまった方。
家族の介護に疲れ、身も心もボロボロになってしまっていた方、
多くの方々のお話しを聞かせて頂きました。

僕も、“周りの人の期待”に応えようと精一杯頑張り
それなのに、うまくいかなくて、心が疲れ、動けなくなった1人です。

悩みに大きい小さいはなく、どの悩みも
その人にとっては真剣な悩みなのだと私は思います。
何を話しても大丈夫です。話せなくても大丈夫です。
長い間があいても大丈夫です。支離滅裂でも大丈夫です。

まだお会いした事のない、あなたと出会える事を楽しみにしています。
僕が、これからのあなたの幸せのなんらかのきっかけになれたらと、心からそう思います。

長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。感謝しています。

ブログ
http://profile.ameba.jp/masanobu5599

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆かわかみかずよ/…

自分らしい結婚・生きがいを手に入れて輝きたい
強がり・負けず嫌い・ガマン強い・完璧主義の方のための全肯定心理カウンセラー・かわかみかずよ

★ブログ http://ameblo.jp/all-ok-mirai/

プロフィール

FullSizeRender

はじめまして、全肯定心理カウンセラー・かわかみかずよです。

自営業の家に生まれ、親からは、
「あとで」「忙しい」と常に言われて育ったせいか
喜怒哀楽は表現しないようにしていて、
家では存在感を消しているような子供でした。

短大卒業後OLとなりました。
恋愛は、そんな家庭環境のせいか気持ちを素直に伝えるのが苦手で、
占いに振り回された時期もあったものの、結婚への焦りを手放した28歳の時、
夫と出会い結婚。2人の男の子に恵まれました。

夫との生活は穏やかで心地よいものなのですが、
それと反比例するかのように自分の親戚のトラブルに悩まされる毎日。
母に相談しても体面ばかりつくろうため全く力にはなってもらえず、
逆に親戚をかばう姿に失望し、悲しくて、母とは距離を持つようになりました。

月日が流れ子供たちの成長とともに自分の時間が増えていきました。
妻・母以外に仕事をして人の役に立ちたいと、
趣味も資格も特技もない専業主婦から勉強して、カラーセラピストになりました。
ビジネスのコツを学びたいと参加した起業講座では、
あまりの厳しさに驚き、落胆し音をあげました。

3年前、美容関係の会社の方と知り合い、
セラピストとしても成長・活躍できるチャンスがあると聞き、そこでの仕事も始めました。
しかし、親子ほど年齢の離れた女性上司から、
仕事上でやることなすこと否定され、半ウツ状態になってしまった私がいました。
それらをきっかけに、自分は頑張っているのに理不尽な思いをする・わかってもらえない・評価されないという同じような壁に当たることに気づいたのです。
でもまだ、親を始め、周りの人や環境のせいにしようとしていました。

その後ひょんなキッカケで出会ったスピリチュアルで、
心の在り方が現実の現象を作るということをを知りました。
何か根本的な所を解決したほうがいいかもしれない、と思い始めて
自分を見つめることを徹底的にやってみようと取り組んでいきました。
そんな中、全肯定カウンセリングに出会ったのです。
オープンカウンセリングに参加して、師匠・たかぢんさんやカウンセラーの方々の、
人を、私を、全て肯定して包み込む温かさに触れました。

学びながら、
ネガティブな感情を持つことをダメだとしていたことに気づきました。
弱さは出せずに、相手に対する望みをぶつけすぎてたことに気づきました。
自分が自分を最も受け入れていなかったのです。
自分を否定していた!周りが変わることを求めていた!のです。

心や感情の扱い方を学び、ワークを通じて、
自分を認めてラクになるうちに、弱音も出せるようになりました。
それを全肯定されていくうちに、悩みのパターンから抜けることができました。
そして、もっと多くの方に全肯定の素晴らしさを知ってもらいたいと
思うようになりました。

友達には弱いところ見せたくない。
話したけど、ラクにはならなかった。
同じところでグルグルしている。
一生懸命笑顔にしてるけど、でも本当はいっぱいいっぱいで、限界・・・
誰かに聴いてほしいけど、周りの誰にも言えない・・・
普通に聴いてもらうだけでは悩みが解消されない・・・

こういうことがあるかもしれません。
人一倍頑張ってきましたよね、努力もしてきましたよね。
わかります。なぜなら、私がそうだったから。。。!

全肯定カウンセリングで
○ネガティブな思いも全て受けとめてもらえてラクになる
○過去のくすぶっていた未解決の思いがクリアになる
○ありのままの自分を大事にできる
○相手が周りが、違う角度から見えることで関係性が変化
○自分の中から、一歩踏み出す勇気が湧く
○自分のあり方に気づくことで行動、状況が変化
こんな新しい自分になっていけます。
カードリーディングで、今のあなたにぴったりなメッセージもお伝えいたします。

強がり・負けず嫌い・ガマン強い・完璧主義で気持ちを抑え込んできたけど、
本当は自分らしい結婚・生きがいを見つけて輝きたい方、
私に胸の内をお話ししてみませんか。
心がほぐれて次の一歩につながるカウンセリングで、
本当のあなたらしい輝きを放つお手伝いをさせてください。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆賀数(かず)久美…

フィットネスインストラクターLips代表
全肯定!カウンセラー 賀数久美子のブログ

★ブログ http://ameblo.jp/kokokazu4771/

プロフィール

IMG_20150702_151648

KRT_4583

皆さま、はじめまして。
全肯定!心理カウンセラーの賀数(かず)久美子です。

子どもの頃、両親は共働きでしたので、妹と二人部屋で、寂しく待つ毎日。
忙しさのせいで、両親はピリピリしていることが多かったように感じます。
そのせいか、少しでも失敗をすると大きな声で怒鳴られたり、
暴言で脅されたり、タンスの中に閉じ込められたリすることもありました。
夜中には、父と母の喧嘩、「ドンっ」と壁を叩く音や大きな罵声に、
怖くて布団をかぶり耳を塞ぐ日もありました。

その頃言われ続けたのが、
「甘えるんじゃない!」「お姉ちゃんなんだからガマンしなさい!」
「しっかりしなさい!」「空気を読みなさい!」「気を遣いなさい!」
私は「しっかりしなくてはいけない」「子どもであってはいけない」
そうしなければ、私は愛されないんだ、と強く思っていました。

中1の時に、両親が離婚。
私の心の中は、悲しさと怒りでいっぱいになりました。

本当は、仲良く家族で暮らしたかった。
本当は、幸せな家庭であって欲しかったのに・・・
私は、父に対して「家族を見捨てた」と、恨みの気持ちを持ちました。
「お父さんなんて、絶対に許さない!」
その頃から「男性は裏切る」「だから人を100%信じない」
「信じられるのは自分だけ」ということを握りしめて生きて来たのです。
やがて、 母と妹は、私が守る!という想いが、私を強く縛るようになりました。

高校入学から社会人(OL)の頃は、友達にも恵まれ、
明るく開放され楽しく過ごしていました。
自分に自信をつけるために、自己啓発や心理の本をよく読んでいた時期です。

その後、フィットネスインストラクターに転身。
信頼できるチームメイト・仕事仲間・仕事・先輩に恵まれ、
とても充実した人生を送っていました。

が、しかしその間に、2度の離婚を経験。
夫の女性問題・借金・鬱・お金のトラブル・私のプチ鬱等、
色んな問題が浮かび上がりました。
何でこんなことばかりが続くのか、私には全く理解できません。
一生懸命楽しく生活しようと努力しているのにと、自分を責め続けました。
ただ、仕事柄ポジティブ思考が身についていたこともあり、
離婚する事に対する罪悪感は、全くありませんでした。

悲しい気持ちから逃げるかのように、
仕事に打ち込むようになって7年目を迎えたある日、
ずーっと充実していた毎日だったのに、
ふとぽっかり胸に穴が開いたような感じがしたのです。
特に何か嫌な事があったワケでもないのに・・・。

嬉しい楽しい感情は、素直に受け入れられていました。
でも、辛い・寂しい・悲しい・孤独といったネガティブな感情は、
見ない・無かったことにして、全てに蓋をしてきたんです。
もしかしたら、私の周りの大切な人達を心配させないように、
心を悟られないように、いつも、無理して
笑顔で過ごしていたのかも知れません。

そんなことを続けているうちに
いつしか、何もやる気になれない。
エネルギーが湧き上がってこない。
そんな状態になっていました。

そんな中、全肯定!心理カウンセリングに出会い
心理カウンセラー養成講座で心の仕組みを学び、
カウンセリングを受け、様々な感情と向き合い昇化できた時、
「こんなに私の心は苦しがっていたんだ」 と、
やっと自分の本心に気づくことができたのです。

それと同時に、ありのままの自分を認め、
受け入れられるようにもなりました。

今の私は、家族をはじめ、
周りの人の温かさや優しさの深さに
心から幸せを感じる日々を過ごしています。

「キャンドルの光に人が癒されるのは、光と影の両方があるからだよ。」
師匠たかぢんさんから教わった言葉です。

私もキャンドルのように優しく温かく、
全肯定!の幸せを広げるお手伝いをしたいと願っています。
心も身体も癒される・元気になれるサポートを目指します。

一人で悩んでがんばって、疲れ切っている方々の
お役に立つことができたらとても嬉しいです。

まずは気持ちの全てを受けとめる!
全肯定!カウンセリングで、自分の本当の心を感じてみませんか?

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆中田詩子/大阪(…

わずか3回のカウンセリングで!
対人恐怖、アダルトチルドレンの悩みストレスから解放!
対人恐怖、アダルトチルドレン専門!心理カウンセラー中田詩子

★ブログ http://ameblo.jp/cocoro-pi/

プロフィール

IMG_0847

関西を拠点に心理カウンセリングや心理学講座を行っています。

過去の私は、長い間 “どうしようもない生きづらさ” を、抱えて生きていました。

“アダルトチルドレン” その言葉は、あまりにも以前の私にピッタリの言葉でした。

「人がこわい」「人間関係が苦手」「いつもビクビクしてしまう」そして、「いつも緊張し、疲れてる」

「必死で頑張っているのに、なぜかいつもうまくいかない」

物心ついたころからずっと…、常に、不安、緊張、対人恐怖症に苦しみ、

その他にも、うつ、摂食障害など様々な心の苦しみを経験しました。

「なんとかして楽になりたい!」そう思って、心に関する様々な本を読みあさったり、毎日毎日

何時間もかけてネットサーフィンしたり、様々なセミナーに参加したり、コーチング、カウンセリング、

ヒリーング、ありとあらゆる方法を試してきました。

だけど、なかなかうまくいかない…。少し良くなった気がしてもすぐに元に戻ってしまう・・。そんなことの繰り返し・・。

そんな時、「全肯定!心理カウンセリング」に出会いました。

ただ、話をしているだけで、自然に、「自分の中から答えが溢れ出てくる感覚」

いままでに、出会ったことのない受容感、生まれてはじめて感じる感覚を感じ…、

そしてカウンセリングが終わったその瞬間から、うそみたいに、人の目が気にならなくなる。

あんなに自分を苦しめてきた、“不安”や“恐怖”から、いつの間にか解放されている。

何をがんばった訳でもないのに、安心感に包まれたあたたかい感覚。

私はとうとう、長年の泥沼の苦しみから解放されたのです。
いまその体験を振り返ると、自分を苦しめていた呪縛から解き放された、そんな感覚です。

毎日が楽しい、自由に生きるとはこういうことなんだ!視界が広がる感覚。

初めて、そんな風に感じることができたのです。

“全肯定!心理カウンセリング”

これまで様々なカウンセリング手法を体験したり学んできた中でも、私にとっては一番しっくりくるものです。

「クライアント様に負担のないカウンセリング。まずは全てを受けとめる(肯定する)カウンセリング」です。

誰に対しても怖れを感じてしまっていた当時の私には、このカウンセリングでないと、響くことはなかったと、

今となっては思います。

「過去の私のような、あんな苦しみの日々は、もう誰にも味わってほしくない。」と思います。

だからこそ、私の人生を変えた、この全肯定!心理カウンセリングで、今度は私が・・、

かつての私と同じように、人との関りに、不安や恐怖を感じ、常に緊張し、苦しんでいる人の役に立ちたい!

人生を変えるサポートをしたい!という思いで、全肯定!心理カウンセラーになりました。

不安緊張、対人恐怖、愛着障害、うつ、摂食障害を経験し、それを克服したカウンセラーです。

カウンセリングをしていて、私のこころの中には、ある確信があります。

それは「大丈夫!必ずよくなる!」

なぜなら、あんなに長い間苦しんでいた私が、そこから離れ、しあわせに生きることができるようになれたのだから…。

全ての人が怖い!信じられない。

もしかしたら、いまはそんな風に感じているかもしれませんが…、

そんなあなたに、しっかりと寄り添い、安心感を感じてもらいたいと思っています。

「少しでも心が軽くなり、楽しく心地よく毎日を生きられるように…。

「せっかく生まれてきたのだから、のびのびと生き生きと自分らしく、人生を存分に楽しんで生きてほしい・・。」

そんな思いです。

私にできる限りのサポートをしていきたいと思っています。

全肯定!心理カウンセラー 中田詩子

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆大木 華(はな/…

いつも自分の気持ちにダメ出し?!
罪悪感とサヨナラ!

~私の一番の味方をわ・た・しに~

不倫・婚外恋愛・依存・うつ
全肯定!カウンセラー 大木 華

★ブログ http://s.ameblo.jp/miffy1975mitana/

プロフィール

BeautyPlus_20160607111247_save

こんにちは。
全肯定!心理カウンセラーの大木 華(おおき はな)です。

私はこれまでずっと、
私が感じている気持ちは・・・”いつも間違っている”と思っていました。

私が「弱い」から、そう感じてしまうんだ。
もっと成長して強くなれば、そんなことは感じなようになるはず。
そうやって今まで自分の気持ちにいつもダメ出しをしてきました。

そして私の中には、
「罪悪感を抱えた」
「期待に応えられない」
「弱い」
自分がいつもいて、

「不安」
「自信のなさ」
「うつ」
「人間関係で悩む」
がついて回っていました。

幼少期より道楽者の父親のことで苦労する母親の背中を見て育ちました。
父と母とのけんかや、父親の暴力、酔って帰ってくる父親の姿・・・。
そんな家庭不和の中、母はひたすら耐え、母自身が自分の宿命としてとらえ
何とかしなくてはと、それはそれは一生懸命努力していました。
でも私は、そんな父親に従うしかない母親にどこかで嫌悪感を感じていました。
自分はこんな女性にはなりたくないと。
たまに母の口から出る、父に対しての愚痴。
”言いたくもなるよね”と思いつつも、それを聞くと、
自分にその父親の血が流れているんだと思い、何とも言えない気持ちになりました。
子どもの私に対しては忙しい中でも優しく、愛情を注いでくれた母。
一方、一緒に過ごした思い出がほとんどない父。
私はいつの頃からか、外では‘いい子‘で、周りの目を気にして、
周りに気を遣って生きるようになっていました。
人に嫌われないように、自分の気持ちを抑えて生きていました。
心から仲の良い友達ができずに、人の輪に入ることが苦手なことを
ずっと悩んでいました。いつも人と比較しては一喜一憂してきました。

高校卒業前、ある日突然、心の中が崩れ落ちていく感覚に陥りました。
何もする気が起きず、こんなに頑張れない自分なんて自分じゃない、
周りはこれからの大学生活を、将来を夢見ているのに、
こんな姿を周りにも見られたくないし、何より自分が見たくありませんでした。
卒業という門出の日を、私は人生の終わりだと思い込み、悶々としていました。
このとき、初めて”死んでしまいたい”と思うように…。
その頃はまだ「うつ」という言葉され知られておらず、
今思えば、完全に「うつ状態」でした。

それから何とか回復し、社会人となり・・、
そして今の夫と結婚、子どもが産まれ、今度は子育てに苦労しました。
我が子は、それはそれは育てにくい子どもでした。
寝ない、動き回る、偏食がひどい・・・・
‘立派な子供に育てなくては!‘とのプレッシャーの中、
可愛いと思いつつも、周りと同じように、育児書に書いてある通りに育てられない事で
自分を責め、時には我が子に手をあげてしまったりと、
次第に育児ノイローゼになっていきました。

後に子どもの発達の特性が分かり、
自分の子育てが間違っていたわけではなかったとホッとするも、
今度は‘私がしっかり育てなくては!‘と気負いすぎて不眠になってしまい、
病院に通うようになりました。

その頃と時を同じくして、夫とのセックスについて悩むようになりました。
私はもっとしたいと思っていても、夫からは言ってこない。
私がお願いしても、「疲れているから」と拒否される。
今日はしようね、と約束してもお酒を飲んで先に寝てしまう。

夜中に一人で泣きながら、パソコンで「セックスレス」について検索しては、
どうしたらセックスが出来るようになるのか、私の何がいけないのかを考えたり、
セックスレス解消の商材を買ってみたり・・・。
何より、普通は子どもが産まれたら性欲は落ちると言われているのに、
セックスを求める私は欲求不満で、淫乱なのではと自分に嫌悪感を抱いていました。

夫と完全にセックスレスになっていた時、、
あることがきっかけで心の糸が切れ、
それまで我慢していた思いが堰を切ったようにあふれ出し、
不安な気持ちや欠乏感を埋めるためにチャットや出会い系サイトにはまりセックス依存に・・・。
しかしそこには、罪悪感・虚無感・孤独感と、何も変わっていない現実だけがありました。

そんな中で、私のことを私以上に大切に思ってくれる人との出逢いがあり、
婚外恋愛-不倫をしました。
私が幸せならば、子どももきっと幸せになるはずと思い、
この人と一緒にこれからの人生を生きていこうと、夫との離婚を決意しました。

しかし、色々な罪悪感からその後精神的に病んでしまい、パニックで緊急入院。
私は世の中で一番の裏切り者だと自分を呪い、自殺未遂をしてしまいました。
そして、夫のもとに戻り、今までの生活を送る日々。
夫との関係は何も変わらず、悩みながらも何とか過ごしていた

そんな時、全肯定!に出会いました。
私は小さい頃から絶対的な価値観の中で生きてきました。
「自分という人間は最高に尊い」
「強くなること」
「現状に満足することなく、さらに高みを目指していく」
「人のために生きることで、自分も幸せになる」
「縁によって揺れ動く感情に振り回されず、確固たるものに主軸をおいて生きていく」

この価値観で幸せになっていく人たちがいる一方で、
頑張れば頑張るほど、決まって「うつ」になる私。
幸せになるためより、地獄に落ちたくないからやっている私は、
いつもいつも自己不信と不安の中にいました。
私が兄姉の中で一番恵まれてきたはずなのに、ぱっとしない私。
恩師やみんなの期待に応えられない私。
そんな、いつもいつも自分にダメ出ししてきた私が・・、

全肯定!に出会ってからは、
”私が感じている気持ちは間違っていない”
”どんな気持ちも否定しなくていい”
”本当に思っていることを感じてもいい”と思えるようになり、
自分のことを認め、受け入れ、癒せるようになっていきました。

カウンセリングを受けてからは、いつもいつも感じてきた罪悪感が軽くなり
私が癒されたことで、子どもは自己肯定感が上がり、
更に夫にも変化が出てきたことを実感しました。

他人の事を気にしたり、期待に応えることよりも、
まずは何よりも自分が癒され幸せになっていく事で、
そのあふれた思いが周りにも必ずや伝わっていくということが分かりました。
今までの絶対的な価値観とはやり方が違うかもしれないけれど、
私は私が思ったやり方で自分も周りも幸せになっていくんだと
思えるようになりました。

そして何より、私自身の中に、私のことを大好きでいてくれる
応援してくれる存在がいることに気が付いたのです。

~私の一番の味方は、わ・た・し~
全肯定!心理カウンセラーとして、この思いを広げていきたいと願っています。
今、色々なことで罪悪感を持っていたり、自己嫌悪感が強かったり、
世間的にはタブーといわれていることを抱えて悩んでいる方々に、
寄り添っていきたいと思っています。

一人で抱え込んでいてどうにもならない苦しい思い、
あなたのどんな気持ちもジャッジや否定などせずにお聞きします。
どうぞ安心してお話しください。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆麻生さや/東京(…

悩み(摂食障害、アトピー、鬱etc )を味方にあなたのキラキラを見つけよう。

全肯定カウンセラー 麻生 さや

 

★ブログ http://ameblo.jp/syk760516/

プロフィール

20160602さやたん

摂食障害、醜形恐怖、うつ症状、アトピー、PMS、
父への嫌悪感、母への苛だち、夫への依存etcの
家族や夫婦関係の悩み、生き方が定まらない苦しみ、、。

全肯定に出会う前の私は、
常に何かに追われるような焦燥感や、
もう消えてしまいたいという虚無感の中で生きていました。

私は小さい頃からアトピーや喘息があり
病院通いの多い手の掛かる子供だったと思います。

中学の頃、父の会社の倒産を機に、
経済状況も夫婦仲も明らさまに悪化していきました。
そんな中、親を心配させてはいけないという思いと、
取り柄のない迷惑の掛かる存在なのだというか思い込みから、
学校の成績を上げる事に夢中になりました。
成績はやればやるほど上がりました。
しかし、大学に入ると、勉強しても成績は上がらず、
このままでは価値のない人間になってしまうと、
努力しても伴わない結果に私は焦りました。

その頃、“摂食障害”“過食嘔吐”が始まったのです。
上がらない成績に比べて、体重は簡単に落ちていきます。
「頭、いいね~」という賞賛から
「痩せてていいな~」という賞賛を求めて、
ダイエットにのめり込みました。
食べた後の罪悪感と、太る事への恐怖から逃れる為に
手に入れた『嘔吐』という行為。
それは諸刃の剣となり、私を傷つけていきました。

コントロール出来ない過食嘔吐により、
大学2~3年生に掛けては、ほとんど学校に行けませんでした。
過食嘔吐と学費を稼ぐ為のアルバイト生活。
キラキラと輝く学生生活を送っている同級生達と
醜く太った貧しい自分を比べて、
「死んでしまいたい」
「なんのために生きてるの?」
と自問する苦しみの毎日でした。

大学はなんとか卒業しましたが、
過食嘔吐は止まず、仕事は長続きしませんでした。

20代は過食嘔吐による引きこもりと短期のアルバイトを繰り返す日々。
自分の醜さを呪い、なけなしのお小遣いを持って
整形外科に相談に行ったこともありました。

30代に入り、やっと自分に合う職場に出会い、
過去の自分を捨て、表面的には充実した日々を過ごしていたと思います。
でも、すり傷だらけの心はすぐに痛みました。
回数は減ったものの過食嘔吐は続き、
ストレスはアトピーの湿疹や喘息発作を引き起こしました。
ままならない自分への苛立ちを、母親へ暴言を吐くことや、
恋愛へのめり込む事で解消していました。

そして、今の旦那と出会い結婚したものの、
かつて母にしたように暴言を吐き、
離婚を突きつけるような事を何度もしました。
本当は大好きな旦那をどうして振り回してしまうのか、
本当は二人で穏やかな日々を送りたいのに…。

この頃から少しずつ心について興味を持ち、
上手くいかない自分の人生について考えはじめました。
心の専門家のブログを読み、セミナーに参加する事で、
自分の内側に原因があることは分かるものの
根本的な解決策を見つからないまま長いこと
セミナージプシー状態が続きました。

そんな中出会ったのが「全肯定カウンセリング」です。
全肯定のホームページに書かれている内容は、
自己啓発的な考え方を変えようとするものではなく、
湧き上がる感情に善悪をつけず受け入れる事で
自分も周囲も変わっていくというものでした。
全肯定の心の向き合い方は、すり傷だらけの私の心を
まるっと柔らかく包み込んでくれたのです。

全肯定のカウンセリング養成講座を受け、
心の仕組みを知り、癒しのワークを練習していく中、
私の心は、身体は、本来の姿を取り戻していきました。

本当にやりたいこと。
本当に好きなこと。
本当の言葉。
本当の笑顔。

誤解を受けるかもしれませんが、
養成講座を受け、カウンセラーとして活動出来るようになった今、
私と同じような症状の人を治してあげたいとか、
苦しみから救ってあげたいという気持ちはなくなりました。
アトピーの炎症や喘息、摂食障害という問題行動、
湧き上がる希死念慮すらも、『自分の味方』だったということがわかったからです。
私を守る為に、心も身体も頭フル回転で闘かい、気付かせてくれていたのです。

私と同じように生きづらさを感じている方に
全肯定のカウンセリングを通して、今の悩みそのものを慈しみ、
自分こそが自分の一番の味方だという感覚を実感してもらいたいのです。
元々あなたに備わっていた強さと美しさを一緒に見つけていきたい。
そんな気持ちでお話を伺いたいと思っています。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆居神こころ/東京…

全肯定!心理カウンセラー 居神こころ

 

★ブログ http://ameblo.jp/moriogi/

プロフィール

私

初めまして^^
全肯定!心理カウンセラーの居神こころです。

もし本当に胎教というものがあるなら、
私は生まれた時から「生まれてきてごめんなさい」
という思いで生まれてきました。

2~3歳の頃の写真は全て口を一文字に閉じ
しかめ面のものばかり、笑顔の写真はありません。
では、どんな子供だったかというと
とても育てやすい、とても出来の良い子供でした。

私の母はとても頑張り屋さんで、
お見合いで3回しか会っていない父と結婚し
家業の燃料店(灯油屋さん)を祖父母と母の3人で経営していました。
祖母はとても強い人で、女帝のような存在でした。
そんな祖母の命令を全て受け止め、
一生懸命に働く母の迷惑になりたくなかった私は、自らに

甘えてはいけない
泣いてはいけない
わがままを言ってはいけない
頑張らなきゃいけない

もっと言うなら

子供であるな
楽しむな
人を信じるな

このような禁止する命令を自分で自分に与えて生きてきました。

このような信念をもって生きているとただ感じることは孤独です。
だって、誰にも頼らず、誰にも弱音を見せず、ただ独りで頑張るのみだから。
一人の人間、限界がありますね(笑)

とてもとても小さな箱に子供の私を閉じ込めて
見ないで聞かないで何も分からないようにして、
周りの人達の都合の良いように生きてきました。

そんな私が結婚すると、今まで抑えてきた、
感じないようにしてきた感情が溢れ出し
自分で自分がコントロールできなくなりました。

甘え方が分からない
愛して欲しい
こうしてほしい、ああしてほしい・・・・ほしい・・ほしい・・

親に求めてこなかった愛全てを、旦那さんに求めました。
旦那さんはとても精神的に穏やかな人でしたが、
家に帰れば奥さんがこのような状態で待ち構えていては
心落ち着くはずもなく、結婚半年くらいで浮気をし、離婚に至りました。
私は生まれて初めて大きな声で泣きました。

こうなってやっと気が付くのですよ(笑)
このままではいけないと(爆)

そこからやっと自分で自分を見つめ始めました。
それまでは、自分はほったらかしにして、人のことばかり考えていました。
他人の視線や評価で自分の価値を決めてきました。
自分が何をしたいのか、自分は今なにを感じているのか、
無意識で全く考えないようにしてきました。

固く閉ざした心を、何枚も何枚も鎧を着こんだ心を
大切にゆっくりゆっくり緩める日々の中
やっとこの「全肯定」カウンセリングに出会い
まずは自分を全肯定し認めて癒すことを繰り返しました。

良いところも悪いと感じるところも全て認め♪
許し♪ そして癒しちゃうんです♪

するとどうでしょう。
とてもとても生き辛かった毎日が、
とてもとても生きやすい毎日に変わりました^^

そんなお手伝いを私もしてみたいと思いました。
一人で抱え込んでいるその想い、そっと話してみませんか?
あなたの中の本当の想い、気付いてみませんか?
本来のキラキラしていて魅力的な自分に戻りませんか?
毎日を楽しく過ごしませんか?

最初の1歩お手伝いいたします。
まずは私の大きな愛を感じてみてくださいね^^♪
どうぞ宜しくお願い致します。

こころん♪

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆丸井珠喜/東京(…

あなたの心に寄り添います

全肯定心理カウンセラー
笑顔ママ講師・〇っとレッスン講師

たまちゃんこと丸井珠喜@京都です

★ブログ http://ameblo.jp/maruitamaki/

プロフィール

丸井珠喜写真

みなさん こんにちは~

あなたの心に寄り添います
全肯定心理カウンセラー、笑顔ママ講師・〇っとレッスン講師
たまちゃんこと丸井珠喜@京都です

私の家庭は、父は仕事で数ヶ月に数日帰宅する、父不在が当たり前の
母子家庭のような家庭で育ちました。私は兄二人の長女、そう一番末っ子の女の子
それを言うと「かわいがられたでしょう?」って言われます。
い~え まったくかわいがられたという記憶はございません。
それどころか、母からの猛攻撃、兄二人からも攻撃、時々帰ってくる父も基本攻撃
近所に親戚も居なく、助けてくれる大人も居ない、私の心はずたずたに傷ついてきました。
そのうち傷つく私がおかしいんや、なんか言われる私が悪いんや
私は居ないほうがいいんや、私って何なんやろう?
私なんて、必要ないんやろ!死んだらいいんやろ!
女やからこんなこといわれるんや、男やったら良かったのに
アホやしブスやし可愛くないし

小学生のときには、習い事で女子全員からの無視、行くのがいやで
母に言うと、え?!っと否応なくそんな感じ、
言えなくなって我慢して行かざるを得ませんでした。
10代の頃、どういう死に方がいい?
雪山登山にのぼって、行方不明で私の身体ごと出てこなければいいなぁ
見つからないところで、私の存在を跡形もなく消し去りたい
中学時代には、そう、生きている資格がないと思っていました。
色紙の寄せ書きに男子から、髪型変、ドブス、と書いてあるものが出てきたり
高校でも女子クラス、理由を言わずに避けられたりしました。
やっぱりわたしは嫌われるんや、昔で言う根暗なやつでした。

20代には、早く家を出たくて、就職とともに一人暮らしを始めます。
女性が苦手で、うまく人と接する事が出来ない私は、
男性ばかりの職人の世界に就職しました。
京都弁とは違うイントネーションに「え?」と聞かれるだけで話せなくなりました。
怖くて一人がいいなぁと、一人部屋に居ると、寂しくて孤独感に襲われました。
当時、貴重にもお付き合いしだした人にも、
おごってもらう事も出来ず、甘えられず常に割り勘
お金も必要になり、苦手な接客を平行して始め、世間は厳しいと言うけれど
母より厳しい人はこの世の中には居ない事を学びました。

30代に突入とともに結婚、初めての妊娠で稽流流産、仕事が心の支えになりました。
その後、初めての出産、母が関東から京都に来た時
ひと月経たずして大喧嘩、そんな母娘関係は続きます。
出産とともに仕事も退職し、一年過ぎたころ、
二人目が欲しいと言っても、相手は要らないと平行線
子育て、ママ友、町内、苦手な人間関係から逃げるように再々就職します。
ちょっとわがままな人、結婚相手をそうとしか思っていませんでした。

2015年GWに突入する前夜 暴言を吐かれました。
家のこと、町内のこと、子供のこと、仕事、全てしていたのに
「私は奴隷か」と怒りが込み上げますが、言えませんでした。
家庭を壊す事なんてあり得ない!
子供も居て、家もあって、私が我慢すれば、子供のためにも離婚なんて絶対に無理

そんな時、心屋仁之助氏のブログから藤村高志氏を知り、
大阪の出版パーティーに申し込みます。
その頃は悩みは無いと思っていました。
ちょっといままでにない喧嘩をしているだけ・・と。
数週間過ぎ、やり直そうと思い直します。でも、私の心は正直、無理でした。
そして「まずは自分をまるっと肯定しよう」の〇っとの表紙を見て
「あ!離婚 〇か!!!」と離婚を決意しました。

そう決めてみると、子供を些細な事で長時間叱責していた相手からも離れられる。
子供のためにも離婚は〇!!
子供への叱責を相手に言えず守れなかった私も〇!!
離婚する事によって、全てがうまく行くことが分かったのです。
親戚、親、相談し、出版パーティーの日、2015年5月・・・
朝に離婚を申し出て、翌日から別居生活が始まりました。

出版パーティーで、本を手に入れて癒し方を知った私は
こんなにすばらしい本を書ける人はすごい!と、仕事をしながら、東京へ子供を連れて通い 全肯定心理カウンセラーへの道に踏み出したのです。
母息子 生活するためには心理カウンセラーだけでは・・と思い
対人恐怖を抱えながら、転職先のいじめに耐えながら
中井美賀子さんの笑顔ママ養成講座で資格を取り
中田詩子さんのMRMで心理を学び自信をつけていきます。
また心屋仁之助氏や藤村高志氏の先生である、
矢野惣一先生のイベントやグループカウンセリングに通い
未だに日々心理について学んでいる状態でした・・・が
ついに2015年5月 実母との確執 呪縛 恨みつらみ が
感謝というかたちになり 解決できました。
その後 中井美賀子さんの何気ない〇っとレッスンの講義中の言葉で
実父との事も感謝というかたちに消化していきました。
そうあんなに苦しかった私はたかぢん師匠との出会いで
ありのままの自分にたどり着くことが出来たのです。
そんな笑顔もママもその言葉もとても苦手だった私が いま笑顔で母親やっています。
小さいおっさん=フット=息子とともに 幸せな生活を過ごしています。
しんどい思いをしている人に少しでも幸せになって欲しい。
私自身が幸せになることで 闇と共存する温かで美しい灯りを周りに広げ
一人でも多くの人に楽になってほしい そう願っています。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]