カテゴリー: 全肯定!心理カウンセラーのご紹介

◆楓りよ(りょっち…

「両親からの見えない呪縛ときょうだい差別で育っても幸せになれる」
全肯定!心理カウンセラー 楓りよ(りょっち)

★ブログ http://ameblo.jp/chochitatoshu/

プロフィール

t02200293_0720096013433039070

幼い頃、父はギャンブルやお酒に依存していました。
借金が借金を生み、家計は火の車
母は、いつもヒステリックで、私は母の愚痴ばかりを聞かされて育ちました。
父は、夜中に酔って帰ってきては、夫婦喧嘩が始まり罵声や怒号、
「ガチャーン」という物音を聞聴くたびに、ビクビクし、
怖くて布団を被って耳を覆いながら寝るという日々を過ごしていました。
翌朝、母の顔にアザが出来ている事もたびたびありました。
中学生の頃、そんな毎日に耐え切れず、母に訴えました。
「そんなに嫌なら、離婚すればいいのに・・。」
私にとっては、「苦しそうな母を助けたい」そう思ったからこその一言でした。
その時、母から返ってきた言葉は、私のこころに突き刺さる衝撃的な一言でした。
「あんたが生まれたから離婚できんのやん!」
「あんたが生まれてこんければ離婚できたのに」
「あんたさえ生まれてこなければ・・。」
私は、言葉を失いました・・。
それ以来、私は母を親として見る事ができなくなり、そして誰も信用できなくなり
非行、不良少女を絵に描いたような生活。
自分の衝動を抑えきれず、荒れ果てた行動を繰り返していました。
それに加え、親からいつでも兄と比較され、兄妹差別をされて育ってきました。
兄はいつも習い事や欲しいものは、長男だからという理由で買い与えてもらえ
しかもいつでも新品のもの。
高校は進学校のため、バイトが出来なかったのでお小遣いをもらっていました。
大学も行かせてもらえ、車も親に買ってもらっていました。
私は下だからと言われ、いつも我慢を強いられてきました。
いつでもお古を与えられ、兄のように新品はなかなか買ってもらえませんでした。
習い事は兄のついで程度に行かせてもらえたそろばんのみで、
私がオルガンやピアノが習いたいと言っても聞き入れてはくれず、自分の希望は叶えてもらえませんでした。
高校になったらお小遣いがもらえなかったので、バイトをして稼いでました。
美容学校の授業料や、自動車学校も車も親は私には一切出してくれないので、
私自身も待遇の差に不満はあるものの親に頼る事無く自分のバイト代から全て出しました
結婚が決まった時も、婚礼家具も着物も、ウエディングドレスも費用は自分で出しました。
親はいつでも、兄には出せても私には出せない。その方針はずっと続きました。
ただ長男というだけで兄ばかりに愛情が注がれて、
家族の中でも私はいつもひとりぼっちで孤独感をいつも抱いてきました。
そんな家庭環境の中で育った私は、人とうまく関わる事もできませんでした。
□友達とうまく交流ができない。
□ほんの些細なひと言に、大きく傷つき、周りの人に気を遣ってばかり。
□人を信用したいのに信用できない。
□そして裏切られる。
「自分が嫌い!」「どうにかして自分を変えたい!」
当時の私は、そんなことばかりを考えていた気がします。
母は離婚できない自分を悔やみ
「女も男に頼らず自立できる職業を」という思いを私に託し
私は、母の望む通り、“美容師”という職業につきました。
すると・・・、今度は親からのお金の要求
私が断りでもしようものなら
「今まで育ててもらった恩はないのか!」
「冷たい子。そんな風に育てた覚えはない!」となじる親。
苦労してやっと手に入れたものを・・、いつも親に奪われる・・。
小さい頃からずっと、私が助けて欲しい時には、放っておかれ
私の意思で自由にしたい時には、自由にはさせないとコントロールしてくる母。
母の思い通りになるまで延々と、言い寄ってくる母にうんざりする毎日。
そんな両親から、早く解放されたい!
私は、自分が安心できる居場所が欲しくて、あたたかい家庭を築きたくて、
両親から逃げるように結婚しました。
その母は、数年前に他界しましたが、その翌年、今度は認知症になった父親の介護をすることに・・。
やっとの思いで、離れたはずの両親から、今度は違う形で引き寄せられてしまう。
介護という先の見えない不安や、慣れない状況に苛立ち、
まるで真っ暗なトンネルや迷路に迷い込んだような、そんな感覚を感じていました。
誰にも頼れなくて、つらくて苦しくて・・・、逃げ出したい・・・。
それでも、介護の必要な父を、見捨てることはできない。
どうして私だけが、いつも私ばかりがこんな目に合わないといけないの?…
運命さえ味方をしてくれないんだと、ただただ孤独と絶望の淵に立っていました。
そんな時、偶然、テレビで心屋さんを知り、そこから、たかぢんさんを知り、
全肯定に出会ったのです。
いままで、感じたことのない安心感の中で、幼い頃からずっと抑えてきた

自分の本当の気持ちに気づき、自分を大切にすることの本当の意味を知ったのです。
あんなに「嫌い」だった自分のことを、「好き」だと感じることができるようになった。
あんなに嫌いだった亡くなった母のことも、少しずつ許すことができるようになった。
あんなに怖かった父のことを、今では許すことができた。
あんなに、誰も信じられなかったのに、いま、多くの人に囲まれて生きている自分
そんな自分に「よくがんばったね」「よく我慢して生きてきたね」
そんな風に、いまの私は言うことができます。
いま、私は、とても楽しく充実した日々を送っています。
そして、生まれてきてよかったと思えるようになりました。
私の周りの人や出来事、全てに感謝の気持ちでいっぱいです
もし今「つらい」と感じてる方は、まずは自分を大切にする全肯定にふれてみませんか?
あなたがあなたらしく生きられる
「あなたの本来の魅力」を引き出していけたらと思います。
私にしかできないサポート、私にしかできないことを
お伝えしていきたいと思います。
勇気を出して、はじめの一歩、踏み出してみてくださいね。
あなたの「輝く」を応援しています。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆河村祐奈/スカイ…

全肯定!心理カウンセラー 河村祐奈 かわむらゆうな

★ブログ http://profile.ameba.jp/anguis1031

プロフィール

1446954957369

約10年、産業看護職として、うつ病や不安障害等で悩む従業員の相談に載っていましたが、
医療機関での治療だけでなく、カウンセリングの必要性を感じ、
たかじんさんに全肯定カウンセリングについて学びました。
もし、会社の上司や同僚との人間関係に悩んでいたり、
ご両親やご家族との関係に悩んでいる方がいたら、
まずは無料カウンセリングをどうぞ。
お気軽にご連絡ください(^^)

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆永嶋良一/スカイ…

やすらぎカウンセリング
~快適な人間関係、自信が持てるあなたへ。やすらぎの心を実現!~
メンタルヘルス・カウンセラー 永嶋良一

★ブログ http://ameblo.jp/luminous-smile

プロフィール

20150606_134909

こんにちは。メンタルヘルス・カウンセラーの永嶋 です。
私は、社員2万人の上場企業から、ヘッドハンティングを受けてサムソンに転職しました。
専門はエンジニアリングで、工学博士の学位を持っています。
エンジニアという職業柄、実に多くの人と出会い、またマネージャーとして多くの人を統率し、
一緒にチームとして仕事をしてきました。
そんな中で、私は「ダメ社員」といわれ、不遇な会社生活を送っていた、
多くの人たちの人間関係や会社の環境を改善し、「できる社員」や「快適な職場」に変えてきました。
たとえば、私がある部署に転勤すると、そこには「ダメ社員」と周りから言われているA君がいました。
A君には、論理的思考能力を持ち、職務遂行の能力が充分にあるのですが、それに自らが気づいていませんでした。
さらに、自分に自信が持てず、周囲からのイジメのような扱いを嫌と感じながらも、
その一方で、「仕方がないもの」として容認していました。
たとえば、私が見た光景は次のようなものです。
月に1回の実績会議が始まり、A君の順番になると、周りがニヤニヤしだしました。
そして、当時の所属長がA君の報告について意図してケチをつけ、
A君が回答にしどろもどろするのを見て、周りの人間が大笑いするのです。
また、その所属長は、A君が単純ミスでもしようことなら、部署員全員の前でことさら大声で、
「だから、お前はダメなんだ。」と、「ダメ」という言葉を繰り返しながら何十分も叱り続けるのです。
この結果、周りの人間が「Aはダメだからなあ」といった言葉を、本人の前で日常的に口に出していました。
A君も、自分に自信が無く、またこれに対処する術をもたないため、
「ダメだ」と言われても、周りと一緒になって、ニヤニヤ笑っている状態でした。
私はこれは職場のイジメだと直感しました。
2ケ月して、その所属長と交代に私が所属長になると、私はさっそく改善に取り掛かりました
まず実績会議でA君を笑う、職場のイジメ風潮を取り除くことにしたのです。
実績会議では、私は彼の報告を決して笑わず、真剣に聞くことに努めました。
そして、彼の報告の良い点を褒め、また問題点は徹底的に議論をして、その上で改善を促したのです。
また普段も、彼の単純ミスには、会議室に彼を呼んで注意をし、絶対にみんなの前で彼を笑ったり、叱ることはしませんでした。
また、A君とも個別に何度も話をし、彼自身が気づいていない彼の長所、すなわち
「A君自身が充分に論理的思考ができ、仕事では単純ミスを犯しているだけである。」ことを理解させました。
この効果は3ケ月もたつと現れました。
実績会議でA君を笑う人間はいなくなり、全員が同じ仲間として、彼の報告を真剣に聞くようになったのです。
また、普段でも彼を「ダメ人間」と呼ぶ者も居なくなりました。
A君自身も、自信をもって、自分の意見を周りに発信するようになったのです。
これは職場のイジメが無くなった瞬間でもありました。
私は、A君のような、自分に自信が持てない、また周囲からイジメを受けている人達を多数見てきました。
その都度、A君に対処したような方法で、本人には自信を持たせ、また職場のイジメの風土を改善してきました。
A君のような
職場でイジメを受けている!
自分に自信が持てない!
自分の適職が分らない!
といった、メンタルヘルス上の悩みを持つ人が
たくさんいらっしゃいます。
また、過労も重なり、うつ病になる方も数多いのです。
私は会社の定年退職を機会に、そのような人たちのお役に立ちたいと思い、
ゲシュタルト療法に基づく「全肯定!心理カウンセリング」を受講し、全肯定!心理カウンセラーになりました。
実は、職場のイジメ風潮とともに、誰もが心の中に持っている否定的思考が、職場のメンタルヘルス問題を増長しているのです。
否定的思考とは、
人の評価が気になって、自分を出せない
人前で意見が言えない
といった、自己を否定してしまう考え方のことで、
このため、職場のイジメも我慢せざるをえない状況に陥るのです。
あなたの否定的思考を改善し、「自分や職場が好きになる」あなたへ変えていきます。
人間関係など、メンタルヘルスに悩むあなたへ、
ぜひ、私のカウンセリングを受けてみませんか。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆にしあやこ/大阪…

子供を愛せない!
~イライラママから笑顔ママへ~

゛継母” 全肯定!カウンセラー  にし あやこ

★ブログ http://ameblo.jp/ayanh1281831/

プロフィール

IMG_4412

両親の家庭内別居のなかで育ち、
いつも母親の顔色を伺いながら育ちました。

いつも不安で、不機嫌そうな母親の顔。
「母親に笑っていてほしい」私はいつもその思いを忘れることはありませんでした。

そして、両親の離婚。

”女性は愛されて結婚するほうが幸せなんだ!”
という思いから1度目の結婚を決めるも、夫の全てを受け入れることが出来ず
娘を身ごもりながら、鬱病で苦しむ毎日…。そして1度目の離婚。

その後、前妻との間に子供を持つ男性と再婚するも
継子継母問題、双方の両親との不和問題。
生活も苦しく、息子を授かるも家庭はうまく行かず、
お互いを傷つけあうような調停離婚をしました。

母子家庭
病弱な息子は入退院を繰り返し、働いても働いても生活は苦しく、
母との折り合いも悪く、私はどんどん追い詰められて行きました。

「誰かに頼りたい!助けてもらいたい!」
いつしか支えてくれる男性を求めるようになっていました。、
ですが、誰とお付き合いをしても心は満たされず、
身も心もボロボロになっていきました。

そして前夫との再会、息子が繋げてくれた再会でした。
「この人ともう一度頑張ろう!」という思いで再婚を決意しました。
しかし、調停まで起こした離婚の代償は大きく、私の両親には許してくれるはずもなく、
再々婚を機に実父とは断絶。

もう、私が帰る場所はどこにもない。
血のつながっていない夫の子供、そして息子を幸せにしたい、幸せな家庭を築きたい!
そのためにいい母、いい妻、いい嫁になろうと必死で頑張る日々、
「本当の母になる!」と決意したはずのに…、
どうしても継子を受け入れられない自分を責め、苦しむ日々。
そして、何度同じ事を言っても忘れてしまう継子、ADDがあることがわかります。
育てにくさに苦しみ、発達障害についても学び、
どうにか上手く育てていきたい一心と責任感で必死でした。

報われない努力の繰り返し、誰も私を助けてくれない、
そんな思いがどんどん夫へと向かって行きました。
夫婦関係は悪化の一方へ…。
夫婦関係の改善の専門家に相談したり、
マニュアル本を徹底して自らを改める毎日。

そんな中、夫に女性の影。
「私はなんのために再々婚したんだろう?」
「いままで、なんのために頑張ってきたんだろう・・・?」
人生の絶望を味わい、身も心もボロボロになりました。
夫を疑い、証拠を集めていっても、苦しくて傷つくばかり。
どんどん自分が苦しくなりました。
私は自分を全否定していくようになり、
「うまくいかないのは全部自分のせい!」だと思うようになっていったのです。

もう限界・・、どうすることもできない。
ぼんやりした意識の中で、「夫婦関係」と検索し、
たかぢんさんの”全肯定カウンセリング”にたどりついたのです。
まずは自分をまるっと肯定する?自分が幸せになる?
息をしているだけのようなもう何も出来なくなった私に、
全肯定は、一筋の光のように見えたのです。

たかぢんさんの全肯定カウンセリングを受け、
私の人生は、突然大きく好転し始めました。

自分が癒されたことで、
驚くようなことがどんどん起きはじめたのです。

信じられなくなっていた夫の態度が、どんどん変わっていく。
「どうしても愛せない!」と感じていた継子のことを、
少しずつですが、受け入れることができるようになっていく。
何より、私自身が、自分を責めることがなくなっていく。
自然と、私自身の気持ちが変わっていく・・。

そして、子供のころから求め続けてきた
私の本当の居場所が、やっと見つかった。
本当によかった、本当にあきらめなくてよかった。
いま私は、心からそう感じています。
過去の私が経験したように、
今を苦しんでいる方々のために、
心に寄り添うお手伝いをしたいと思っています。
今のあなたの気持ちをそのまま受け止めます。

私を幸せにしてくれた、
全肯定!の温かで美しい灯りを、
ひとりでも多くの方々に伝えていきたい!
そう願っています。
〝継母”全肯定!カウンセラー にしあやこ

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆井之口かおり/東…

お母さんとの関係を変えることで、人とつながり出会いが増える
全肯定!心理カウンセラー 井之口かおり

★ブログ http://ameblo.jp/kaochan67/entry-12089896440.html

プロフィール

1439708383936

私は、昔からよく、周りの人から相談を受けていました。
中学生のころは、友達のこと、彼氏のこと、親のこと、コンプレックスのこと、
男女問わず人には、話しにくいような身の上話しを相談してくれたり、
いつもいじめられていて、ほとんど話をしたことのない子から、突然「友達になって欲しい」と言われたり・・、
「どうしてこんなに相談されるの?」「話やすいから?」「見た目が優しそうだから?」
「話やすそうだから?」自分では、どうしてそんな風に相談されるのかはわからなかったけど、
大人になっても多くの人から、仕事のこと、ママ友とのこと、子育てのこと、ご主人のこと、姑のこと・・・、
相談は多岐にわたりました。
人の話を聞くことは嫌いではなかったし、どんよりと悩んでいた友達が、ただ話を聴いてあげるだけで、
笑顔になっていくのが、ただ嬉しくて・・、何時間でも話を聴いていました。

でもだんだんと、もどかしさを感じるようになったのです。
そして、話を聴くことに、ストレスを感じるようになっていったのです。
話した後はすっきりして帰っていくのですが、根本解決にはなっていなかったからです。
人は、自分の話を聴いてもらうと安心し、そしてそれだけでかなり楽になる人もいます。
でも、そうではない人もいる。その時はよくても、また落ち込んで話をしにくる。
「この人はなぜ、同じ苦しみを繰り返すのだろう?」
「どうして、こんな風に感じるんだろう?」
「そうじゃないよ、そんなことはないと思うよ」どんなに励ましても、
それを受け入れることができず苦しんでいる人をみていて、その人の心の奥にある根本的なものを知りたい!
そんなことを考えるようになったのです。、
そして今から4年前、「そうだ!子どもたちも手がかからなくなったし、
思い切って心の学びをしてみよう!」そう思い立ったのです。
それからいまに至るまで、様々なブログや本を読んだり、セミナーや講演会、
人の心理を学べる学校に行ったりと、たくさんのことを学んできました。
だけどどこに行っても「私が本当に求めているもの」に辿りつくことはできなかったのです。

そんな時、偶然知ったのが、「全肯定カウンセリング」でした。
「まずは自分をまるっと肯定しよう!」の本を読み、「私が探していたものはこれだ!」
そんな風に感じ、たかぢんさんのブログを隅から隅まで読み進めていくうちに
「もうこれは講座を受けるしかない!」と思い、講座を受講しました。
全肯定カウンセリングは、今まで私が学んできたことの、集大成のようでもありました。
“目からうろこ”なこともたくさんありました。
いままで、様々な人の話を聴いてきて、引っかかっていたことが、全て腑に落ちたのです。
そして、私の中にも「カウンセラーとしてやっていける!」という自信が広がっていったのです。

人は常に、誰かに苦しめられているのではなく、自分が自分を否定し苦しんでいます。
そしてまずは自分が、自分の中にあるネガティブな感情を認め、肯定し、言葉にすること
そしてそれを、誰かに受けとめてもらったり、寄り添ってもらうことで、あたたかさや安心感を感じ癒されていきます。
感じたままに表現し、行動することで、自信がつき、生きる力が湧き上ってくるのです。

□自分が好きになれない。
□親子、職場、隣人など人間関係でいつも悩んでる
□自分が何をしたいのか、どうなりたいのかわからない。
□自信がない

全ての問題解決のキーワード、
それが・・。まずは自分をまるっと肯定しよう!全肯定!心理カウンセリングなのです。

子供の頃からずっと、たくさんの人の話を聴いてきてわかったこと、
長い間、心理に関する様々学びから得たことを生かして、
ひとりでも多くの方が、自分らしく、生き生きとした人生を歩むことができるように
私にしかできないこと、私にしかできないサポートをしたいと思っています

・全肯定!カウンセラー
・笑顔ママ講座
・米国NLP(TM)協会認定プラクティショナー
・プロフェッショナル心理カウンセラー
・Liberty Wingsプログラム受講
・TAWファミリープログラム受講
・さとう式リンパケア(初級)(上級)(筋ゆる)(セルフケア)
・クォンタムタッチヒーリング Ⅰ Ⅱ 受講
・遠隔身体調整
・あるがままヒーリング
・言霊ヒーリング
・整理収納アドバイザー2級

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆小林阿津子/東京…

もうダメ・・」しんどい!助けて!が教えてくれるメッセージ
~双極性障害(躁うつ病)を乗り越えて~

 

全肯定!心理カウンセラー小林阿津子

★ブログ http://ameblo.jp/atchan58/

プロフィール

小林阿津子プロフィール写真

はじめまして。全肯定!心理カウンセラーの小林阿津子です。
私は小学3年生から中学3年生まで、不登校を経験しました。
学校に行こうと玄関に立つと、お腹が痛くなって、トイレにこもる毎日。
「学校に行きたい!」「友達と遊びたい」という思いばかりが先立ち、
いつも体調不良になってしまう自分を責めてばかりいました。

学校へ行っていない間、いつでも学校に戻れるようにと、勉強だけは
がんばって続けていたお陰で、長い間不登校であったにも関わらず、
なんとか家から徒歩5分の高校に、進学することはできました。
そして高3の秋、自分自身の生きづらさの原因を知りたくて、
心理カウンセラーになるために大学へ行くことを決心しました。

中学、高校生活、大学合格で得たものは「頑張れば前に進める」ということでした。
だから、どんなに辛くても、常に自分にムチを打っている私がいました。
どうしてうまくいかないんだろう?なんでこんなにしんどいんだろう?
私の頑張りが足りないからだ!ずっとそんな風に自分を責める毎日。
大学を卒業する頃には、内定をもらっていた企業に、突然、辞退届を出したり、
大学院の入試をすっぽかしたり、自分で自分の行動をコントロールできないほどに、ボロボロになっていました。
そして、ようやく就職できた予備校の担任業務でも、
大きなプレッシャーに押しつぶされ、出勤できなくなってしまったのです。

そしてついに、精神科のお世話になることになりました。
「うつです」先生にそう告げられた時、正直私はとてもホッとしました。
私はずっとその言葉がほしかったのだなぁと思います。
それは「私がうまくいかないのは自分の頑張りが足りないせいではなかった、
病気のせいだった」と思えたからでした。
しかしいくら治療に通っても、生きづらさから解放されることはありませんでした。
しばらくすると病名も双極性障害(躁うつ病)と変わり、「死にたい、消えてしまいたい」と感じることが増えました。

結婚を機に、この病気を本気でなんとかしなければと感じ、
それまで絶対に受けたくないと思っていた心理カウンセリングを受ける決心をしました。
カウンセリングを受けたり、心理学講座を受ける中で、自分との向き合い方を知りました。
そして、一時期には1日に30錠ほど飲んでいた薬をゼロにすることができたのです。
そのタイミングで精神科も卒業し、8年半の闘病生活を終えることができました。
「もうこれで自分の人生を歩める」と、そんな風に感じ、なにか勝ち誇ったような気分になったことを覚えています。
私はもう大丈夫!

だけど・・・、ある出来事をきっかけに、
またしても私はどん底に突き落とされた気分を味わうことになるのです。
「もうダメ、もう本当にダメだ・・・」
そんな時、藁をもつかむ思いで辿り着いたのが、全肯定!でした。
オープンカウンセリングやたかぢんcafé、笑顔ママ講座に参加して、
全肯定!の空気をいっぱいに感じました。特に笑顔ママ講座では
心のしくみを教えてもらったことで、私の厳しい自分責めがどうして起こるのか
理解でき、少しずつ自分に優しくできるようになった気がします。
そして2015年3月、はじめてたかぢんさんのカウンセリングを受けたのです。
カウンセリング中、私の中に沸き起こる感情を受け容れることがとても苦しくて、くじけてしまいそうになりました。
この気持ちを外に出してしまうと、天と地がひっくり返ってしまう
それほどまでに、気持ちを抑え続けていたのです。
けれど、たかぢんさんの温かくて力強いカウンセリングのお陰で、私のペースでありのままの感情を受け容れることができました。
私の中の小さな私はずーっと「休みたい」「自分のペースで生きたい」と発し続けてくれていました。
それなのに、その気持ちを無視して頑張り続ける私に、不登校や双極性障害、
「死にたい」という気持ち、どん底と感じる経験でSOSのサインを出し続けてくれていたことに気づいたのです。

いま私は、心の底から活き活きと「生きる」スタートラインに立ったところだと感じています。
今まで頑張ってきてくれた自分自身に心から「ありがとう」と伝え続けながら、これからの人生を私らしく生きたいと思っています。

あなたのその生きづらさは、何を教えてくれていると思いますか?
あなたの本当の気持ちを知ることで、あなたらしく生きられるようにお手伝いさせていただきます。

□ いつも私はうまくいかない
□ こんな自分を変えてしまいたい!
□ 自分を責めてばかりで苦しい
□ 不登校で苦しんでいる(ご本人・ご両親・支援者)
□ うつでしんどい
□ 減薬断薬に苦しんでいる

そんなあなたへ・・あなたがあなたの一番の理解者であるために、自分に優しくなれるカウンセリングを受けてみませんか?
ゆっくりまったりの〜んびりな雰囲気でお待ちしています(*^_^*)

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

脳科学の専門家!〝…

北海道に・・・。
20070529065454

全肯定のしあわせが・・。

どんどん・・、

広がっていってるんです。(^◇^)(^◇^)(^◇^)

新たに2名!
無料カウンセリング、はじめました~!(^◇^)

★たった数ヶ月で “脱!自己否定!”
全肯定!心理カウンセラー 藤村美保子

DSC06942 (1)

★対人関係、子育て専門カウンセラー
全肯定!心理カウンセラー 菊池そのみ
Attachment-1

ほいでな・・、

11月と12月には・・、

再び・・。
オープンカウンセリング・・、開催します。(^◇^)

もちろん、↑のふたりも・・。登板します。(^◇^)(^◇^)

ほいで僕も、いちお・・、行きます!
※防寒して・・( ̄ー ̄)←びびりすぎ。(^-^;。

会いにきて~な~。(^_-)

でな・・。

まだ、ひっそりとですが・・。

こんな募集も開始してるんです( ̄ー+ ̄)

ほいでこれが
つい先日、先行予約終えたばかりになのに・・。

うれしいことに、
すでにたくさんの方々にお申し込みをいただいてるんです。

くーーっ(>_<)

あんがと。

と、言うことで・・。
あたたかで安心できる全肯定の幸せ

北海道に・・、確実に・・、広がってるんだべ~(^◇^)

あ~あああああ~あ~♪ああ~あああああ~♪
ん~んんんんん~ん~♪んん~んんんんん~♪
(^◇^)byさだ。

20070529065454

・・・。

ほいでな・・。

東京では・・。←( ̄ー ̄)。

なんと・・。

“医学博士号”を持つ
全肯定カウンセラ―が・・。
誕生しました。(^◇^)

し・・、し・・、しかも・・・。

数○年←何年か正確に知らないため(僕が(^-^;)変な表記になってます

某有名大学で
“脳科学””再生医療”について・・、

研究をしてきた・・、という・・・。(゜o゜)。。

そっち系の・・。( ̄ー+ ̄)
専門家過ぎるほどの専門家。(^◇^)。

全肯定!カウンセラー誕生です。

医学博士と言うと・・。

なんか・・、

堅苦し~い感じ・・、とか
こ難し~~~い感じ・・。とか・・、

もしかしたら、少し冷たい感じ・・。とか・・。

イメージする人も多いと思いますが・・。。

この人は・・、
まったくそんな感じじゃないんです・・。

ほれ・・。(^-^)。
IMG_0832a

見た通り・・。

見たまんま・・。

きみは恵比寿さんか?!
と、言いたくなるほどのあったかオーラを持つ男・・。

仏の優しさを持つ医学博士・・。

なんです。(^◇^)

“医学博士” やつちゃん先生の

全肯定!心理カウンセリング 永井康雄

で・・、やっちゃん先生も、
無料カウンセリング、スタートします!(^-^)。

たぶん、
あんまり長い期間は・・・。

しないんじゃないかなぁ~。。。( ̄ー+ ̄)

知らんけど・・。←大阪人か。(^-^;

・・。

そして・・。東京でも・・。

12月5日、6日で
オープンカウンセリング、開催します(^◇^)。

やっちゃん先生も・・、ほいで、いちお僕も・・。( ̄ー ̄)

行きます(^◇^)。

これから・・。

東京も・・、
面白くなりそうなんだよねぇ~( ̄ー ̄)。←似合いません。

あたたかで安心できる全肯定のともしび・・。
image
これからも
どんどん広げていきますからね~。(^◇^)

ローソク・・。( ̄ー+ ̄)もとい、キャンドルもって・・。

まってて~な。(^◇^)

・・。

でな・・。

ふと、気づけば・・。

きのう10月24日は、
僕の母の命日だったんです。

なので、
妻と、おかあちゃんの三人で・・。

近所のお寿司屋さんに
お寿司を食べに行ってきました。(^◇^)

遺影を持っていくと・・。

お店の人や、周りのお客さんに、
たいそう迷惑がられそーなので・・。(^-^;

遺影を
スマホ写真にとって・・

連れていっちゃりました。(^◇^)

途中から・・・、

おかあちゃんのこと忘れて、
僕も妻も、寿司に夢中になったけどな・・。(^-^;

命日に、
おかちゃんを思い・・。

幼き日の母のぬくもりを感じる・・。

たかぢんなのでした。

おかあちゃん(T_T)

◆永井康雄/東京(…

“医学博士”やっちゃん先生の
全肯定!心理カウンセリング 永井康雄

★ブログ http://ameblo.jp/kokorolab/

プロフィール

IMG_0832a

僕は以前、“脳科学”“再生医療”など、生命科学の研究職についていました。
くる日も来る日も研究、研究の毎日・・。無我夢中で、寝る間も惜しんで働いていました。
そんな時、母親のくも膜下出血による入院、度重なる上司からの嫌がらせ、
激務、過労が重なって、“うつ病”を発症してしまったのです。
それでもその苦しみを抑え、仕事は続けていました。
そんなある日の休憩時間、ひとり屋上でビルの下を眺めていた時、
スーーっと吸い込まれるような感覚、背中を押されるような感覚を感じたのです。
「このままここにい続けたら・・・、僕は死を選んでしまう」
僕は退職をする決意をしました。

上司からのパワハラは、僕に大きなトラウマを残しました。
精神科で治療を受けましたが、トラウマは消えないまま
退職後も、うつ病の苦しみは続きました。
“薬の副作用”“摂食障害”さらには“対人恐怖”まで感じるようになったのです。
「この苦しみから逃れたい!」
「なんとか自分の力で、いまを乗り越えたい!」
そう思って、大量の本を、片っ端から読みあさりました。
だけど、いくら頭で考えても、どれだけ理解しても、
その苦しみから離れることはできませんでした。

そんな時、ふと立ち寄った書店で、偶然目に飛び込んできた“全肯定!”の文字。
『まずは、自分をまるっと肯定しよう』
全肯定の提唱者、藤村高志(たかぢん)さんの著書でした。
数時間でその本を読み終え、そして今度は、たかぢんさんのブログを、
隅から隅まで読んでいるうちに、“あること”に気がついたのです。
僕はいままで、脳科学、再生医療の研究者という仕事柄、全てのことを頭で理解しようとしてきました。
科学的に根拠のないこと、証明できないことは意味のないこと。
そんな風にすら思っていたのです。
けれども、たかぢんさんの書いていることを理解していくうちに、
科学では解明できない部分が、心理の世界には無数に存在するのではないか?
はじめて、そんな考えが頭の中をよぎったのです。
そして、何か見えない力に導かれるように、たかぢんさんの主催する
“心理カウンセラー講座”に参加したのです。

全肯定の場所は、いままで僕が生きてきたところとは全く違いました。
思考や知識、経験値で結果を導こうとするのではなく、
いま、ここで、クライアント自身が感じている身体の反応に、問題解決の糸口がある。
たかぢんさんのカウンセリングをみていて、それを実感することができたのです。
僕自身も、講座の中でたかぢんさんのカウンセリングを受けました。
受けた直後は・・、特に、何も・・、感じることがありませんでした。
しかし、帰宅後お風呂で頭を洗っているとき、いままでと同じように
元上司のことを考えたのにもかかわらず、何も、嫌な感情がわいてこないことに気づきました。
思わず・・。「たかぢんさんすごい!全肯定すごい!」と、叫んでしまいました。
そして驚いたことにその後、あれほど自分を苦しめていた“摂食障害”
“対人恐怖”などの症状が、少しずつ消えていったのです。

こんなにもあっさりトラウマから解放されるのなら・・、
もっとはやくカウンセリングを受けておけばよかったと思っています。

そんな自らの体験、カウンセリングを通して得られた気づきを活かして、
ひとりでも多くのうつ、パワハラ、トラウマ、摂食障害、対人恐怖などで
苦しんでいる方々のお役に立てたらと思っています。
「全肯定」の幸せを自分で感じとって、その幸せをまわりの人にも少しずつ広げていく。
この発想にたいへん共感しています。
これから、カウンセリングを通じて幸せをみなさんに広げていきたいと思います。
脳科学的根拠を参考にしたうえで、あなたの心に寄り添ったカウンセリングをいたします。
ぜひご連絡ください。

“医学博士”やっちゃん先生の
全肯定!心理カウンセリング 永井康雄

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

◆菊池そのみ/札幌…

対人関係、子育て専門カウンセラー
全肯定!心理カウンセラー 菊池そのみ

★ブログ http://ameblo.jp/sochidesuyorosiku/

プロフィール

Attachment-1

私はいつも、人間関係に悩んできました。
職場などでの人間関係、ママ友との人間関係、一番身近なはずの家庭内の人間関係。
どうしていつも、人間関係がギクシャクしてしまうんだろう?
周りの人はみんなうまくやっているのに・・、どうして私はうまくいかないんだろう?

私の父は「我慢こそ美徳」な人で、小さい頃から我慢を強いられ、
母は、そんな父に、逆らう事なくついていく人でした。
両親ともに、体罰をしつけとして考え、特に父が激しく体中にアザができるほどでした。
私のやる事に、上から目線で口出し、思うようにいかないと怒る父。
褒められる事もなく、親の言われた通りに、自分の気持ちも、意思もなく育っていきました。
自分に自信がなく、いつも不安で、本当の自分を見せたらバカにされる、
弱い自分を見せたら負けだと思い、もっと、もっと・・、と頑張っていた気がします

仕事を辞め、結婚しましたが、今度は、子育てをしていく中で、悩む毎日。
「自分の親のようにはなりたくない!親のような子育てはしたくない!」
そう思えば思うほど、そんな考えとは裏腹にイライラするばかり・・。
2人目が産まれ、2人の子育てに追われている時は、
自分で気持ちをコントロールすることができなくなり、それでも子供には体罰をあたえたくなくて、
子供のおもちゃを投げてドアのガラスを壊したこともありました。

このままでは自分は親のようになる、子供たちに、私と同じ傷を負わせたくない
そんな思いで、いろいろなブログを見たり本を買ったり、子育て講座に参加したりしていました。

そんな時、全肯定に出会ったのです。
そして、カウンセラーになる気は全くなかったのに・・、
何かに導かれるように、全肯定!心理カウンセラー講座に参加したのです。
いままで、人前で質問をしたことなど一度もなかった私が、この講座の中では、
質問をするようになったり、ひとりで喫茶店に入ることができなかった私が、
ひとりでふらっと喫茶店に入ったり、主人とのケンカで、何故、
私が怒っているのか説明できるようになったり、親に対しても責める気持ちが小さくなってきたり・・・。
自分では気づかないうちに、不思議なことが次から次へと起こり、同時に・・。
自分がどんどん癒されているのを感じたのです。
自分の気持ちを否定しない!まずは自分をまるっと肯定する!自分を大切にし始めたら・・、
少しずつ心がラクになり、見える景色、聞こえる音、感じ方、受け取り方の全てが変わる。
そこには、今まで見たことのない私がいました。
師匠のカウセリングを受けてからは、心がさらにフワフワとラクな居心地の良い気持ちになり、
親に対し、「産んでくれてありがとう」という、今まででは考えられない気持ちがでてきました。
正直、自分でも驚いています。
主人にも「前と変わった」と言われるようになりました。
今では、前よりラクに子育てができ、楽しく、ラクに自分の気持ちを大切に過ごそうとしている自分がいます。

私が今まで悩んできた、親子関係、対人関係、子育ての悩みの経験を
少しでも生かし、微力ながら一緒に皆さんと成長できたらいいなと思っています。よろしくお願い致します。

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]

“性”のことだから…

私は・・。
7才の時に“性暴力被害”に遭いました。

「誰にも言ったらいけないよ!」

加害者のその言葉だけが、
なぜか、私の中にはっきりと残っていたのです。

そしてその言葉が、
この出来事を私の心の底に封じ込めたのです。

7才ながらに、
「なんとなくいけないこと」を共有してしまった私は・・、

共犯者になってしまったのです

喉の奥がヒリヒリと焼けつくような、張りつくような感覚。

煮えたぎるマグマのような怒りを抑えることに、
私は生きるエネルギーの全てを費やしていたように思います。

もし・・、この怒りを、私から出せば、
この世界を滅ぼしてしまうことになるのではないか?

とさえ、感じていました。

それほど強烈な、
“怒り”を抱えていたのです。

自分の中に染みついた
「自分は汚れている」 という思い・・。

絶望感と孤独感を抱えて過ごす毎日。

そして…、

19才の時に、
さらに性暴力被害に遭ってしまったのです。

決して望んでいたことではないけど・・、

自分が引き寄せてしまった・・。

そんな感覚を感じていました。

「ほらね、やっぱり…」とでも言うように・・。

そして、抑えきれなくなっていた怒りは、
いつの間にか自分に向かっていきました。

続きは こちら

・・・。

新たに・・。

全肯定!心理カウンセラーが誕生しました。(^◇^)

“もうひとりで抱え込まなくていい!大丈夫!”

性暴力サバイバー
全肯定!心理カウンセラー西野友恵(友とも)

・・。

いま、人気急上昇中!

「セックスレスで離婚寸前?!

 旦那さまに心もからだもずっと愛されるカウンセリング

全肯定!心理カウンセラー 丸山ももこ

同性愛、両性愛、トランスジェンダー、

無性欲、性嫌悪セクシャルマイノリティで悩む方専門カウンセラー

全肯定!心理カウンセラー 大和まな(菜っぱ)

に、続いて・・

これで・・・。

3人目の
“性”を扱うカウンセラーの誕生です。

(^◇^)(^◇^)(^◇^)

どーして?

全肯定には、

“性” を扱うカウンセラーさんが多いんですか?

よくそんなご質問をいただきます。

たかぢんが・・。

エロだから?

( ̄+ー ̄)

と、も・・、よく聞かれます。(^_^;)

いやいやいや。
はい・・。ええ、まぁ、まぁ、エロなんです(^-^;。ぶっちゃけ・・。

エロエロな、いろいろなこともよく妄想するしな・・。( ̄ー+ ̄)

で・・。

まあまあ、そーはゆーても・・。。

みんな、同じなんです。

エロ、なんです。

じゃろ?( ̄ー+ ̄)

「私は違うわ!純白です!」

ゆーても、ダメなんです。( ̄+ー ̄)

なぜなら・・、

本能やしな。

人間の生命をつかさどる

種の保存をつかさどる・・。

大事な、大事な、本能。

だから、抵抗しても、
その本能に、逆らうことはできないんです。

ムダなんです。

けどな・・。

なぜか・・、子供のころから

“性” のことを口にするのは、タブー。

はずかしいこと。

そんな概念が強すぎて・・。

多くの人が

その大事な本能が、ないような顔をして

生きてるんです。

あるけど

ないことにしてる・・。

あるけど

見ないようにしてる、見えないようにしてる・・。

けど・・。

こころの奥では
性のこと、あれこれ考えているんです。

“性の悩み”
たくさん抱えてたりもするんです。

本当は・・。。

セックスレスの悩み

性暴力のトラウマ
自分の性に対する違和感・・。

性に対する嫌悪感。

あと、性欲が強すぎる・・。

もしかして・・、変態か・・?おいらは・・。

ってね・・。(^-^;

でも

それを口にしてはいけない。

特に女性は

それを、口にしたがらない・・。

相談したら

軽蔑される気がするから・・、

変な人だと思われるから・・。

誰にも

相談することができない

だからこそ
ますます、ひとりで苦しむことに・・。

なってしまうんです。(T_T)。。。

・・。

どーして

全肯定のカウンセラーは・・・。

そのタブーなはずの“性”を、扱う人が多いのか?

それはね・・。

全肯定!カウンセラーが
全肯定!カウンセリングで、癒されているから・・。

だと、思うんです。

自分の中に、
確かにある、ものを・・。

自分のもの、
自分の一部として

受け入れることができてるから・・・。

認める
ことができてるからなんです。

人はね・・。

自分の中にあるものを
認め、受け入れることができたとき・・。

心から癒され、安心し、自信が湧き上がってくるんです。

「セックスレスで、悩んでたんです。」
「性被害にあって、苦しんでたんです。」

「自分の性に違和感を感じてるんです。」

「私・・、すごく、エロいんです。」
それが
自分の一部なんです。それが、自分なんです。

そうやって言葉にして、
認め、受け入れることができたとき・・。

隠すものがなくなるし
ビクビクすることもなくなるし・・。

周りの目も、
気にすることがなくなるし・・・。

堂々と、することができる。

私は、私のままで、素晴らしい!
変える、そして変わろうとする必要なんて、まったくない!(^◇^)

で・・
自信が、湧き上がってくる。

そして・・。

そんな、
ありのままの自分も

受け入れてもらえるんだ。

ということを
知ることができるんです。

自信があるからこそ
全肯定!カウンセラーは

多くの人が、
多くのカウンセラーが、

触れたがらない、
“性” のことを扱ってる人が多いんだと・・。

僕は思うんです。

はい。
自分全肯定!カウンセラーなんです。(^◇^)

・・・。

これは
“性”のことに限らず・・。

自分の顔
自分の容姿
自分が育った環境・・。

自分が抱えてる障害。

長い間抱えてきた

コンプレックスだと思ってきたところ

悲しい、さみしい、許せない、憎い!

そんな、ネガティブな感情・・・。

を・・。

認め、受け入れることで

自分らしく、自由に、堂々と
生きることができるようになります。

かならず・・、です。( ̄ー+ ̄)。

・・。

ほいでな・・。

その先には、
もっと素晴らしいことが待ってるんです(^◇^)。

自分が長い間悩んできたこと
そして、それを乗り越えた経験は・・・。

実は、多くの人に
“勇気” と “希望”、“エネルギー”を与えることができるんです。

あの人も・・、
私と同じように悩んでた
私と同じように苦しんでた・・・。

だけど・・。

それを乗り越えて・・。

いまは、
自分らしく、堂々と生きてる。
自信に満ち溢れて生きてる。

私も、あの人と同じように
いまの苦しみから、離れることができるんだ。(^◇^)

幸せになれるんだ!

ってね・・。(^_-)

いままで、
悩んできたことには・・。

すべて意味がある!

それを・・。

自分と同じような経験をしている人
いま、を、苦しんでいるひとりでも多くの人に・・・。

伝えたい!
しあわせのサポートをしたい!

そんな思いで
活動してくれてるんだと思うんです。

僕は、
そんな自分全肯定な仲間を

こころから、誇りに思っています。(^◇^)。

これからも
あたたかで安心できる全肯定のしあわせ

みんなで、
日本中に広げていきたいと思っています。

・・。

と・・。いうことで・・・。

あなたも
自分全肯定の世界に向って・・。(^◇^)

はじめの一歩、
踏み出してみてくださいね。(^_-)

・・・。

□全肯定!オープンカウンセリングのお申し込みは こちら

 11月9日(月) 新大阪
 11月14日(土) 札幌
 12月4日(金) 札幌
 12月5日(土) 東京
 12月6日(日) 東京

□全肯定!電話無料カウンセリングのお申し込みは・・ こちら