月別: 2013年9月

ブログ

◆過去の自分を守る…

おはようございます。(^.^)

 

まずは気持ちのすべてを受けとめる!

全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです。(^.^)

 

悩みの多くは

 

本当は

こうしてほしい・・、のに言えない。

 

本当は

こうしたい・・。のに、言えない、できない。

 

つまり、

自分の本当の気持ちを・・・。

 

「言えない」「表現できない」

ことが悩みとなることが、とても多いです。

 

例えば、

夫婦関係で悩んでいる人が、パートナーに対して

 

「もっと一緒に過ごしてほしい。」

と、思っているのに、素直にそう言えない・・。

 

から、

休日に自分を置いて出かけていく夫を見て、

「不機嫌になる」

 

「もっと話をしっかり聴いてほしい」

と思っているのに、そう言えない・・。

 

から、

テレビばかり見て笑っている夫に「腹が立つ」

不機嫌オーラで表現しても、何も気づかない。

そして、ますます腹が立ってくる。

 

「手伝ってほしい。助けてほしい。」

と思っているのに、素直にそう言えない・・。

 

から、

家事や育児に協力してくれない夫にイライラする。

 

優しくない!最悪!

と結婚したことを後悔するようになる。

 

そして、

イライラ、不満がたまると・・。

 

爆発する。ヽ(`Д´)ノ

 

どうしてあなたは・・。

 

いや、

なんであんたはー!ヽ(`Д´)ノ ウァァァ …。(^^ゞ

 

そして、

本当は、仲良くしたいのに・・ 。

 

一緒に、

穏やかに、過ごしたいのに・・。

 

話をすれば、いらいらしてばかり、

顔を合わせると、ケンカばかり、

 

思いとは、

まったく正反対の

不安で冷たい関係になっていってしまいます。

 

それは、とても悲しいこと。。。

 

ですよね?

 

だって、

しあわせになりたい。と思って結婚したのに・・。

 

・・。

 

多くの人がはまってる・・。

 

“思い” とは、

違う方向に行ってしまう。

 

という、この悪循環。

 

実は・・。

 

そうなるには、そうなる。

 

理由があるんです。( ̄―+ ̄) 。

 

にひひ。

 

その理由さえ、

しっかりとわかっていれば・・。

 

この悪循環から、離れることができます。

 

いつも仲良く、穏やかに、

楽しく、安心して、過ごすことができるようになります。♪(^○^)

 

・・。

 

多くの方々の

カウンセリングをしていて感じることがあります。

 

それは自分が

 

どうしたいのか?

どうしてほしいのか?

 

自分がどう思っているのか?

 

自分の気持ちが

わからなくなってしまっている人。

 

が、とても多いということです。

 

本当は

こうしたい。

こうしてほしい。

こうしてもらいたい。

 

と、いう自分の気持ちがわからない。

 

てゆーか、

自分の気持ちは、

なんとなくわかってるけど・・。

 

素直な・・。

言葉にならない。

 

素直に

表現できない。

 

ということです。

 

だから、

その気持ちを、

相手に伝えることもできない。(伝えない)

 

そして、うまくいかない。

 

ただ・・。

イライラする。ムカムカする。不満はたまっていく。

 

・・。

 

そして、

 

自分の素直な気持ちを

 

言葉にできない。

表現できない。

 

そうなってしまうには、

そうなってしまう理由が必ずあります。

 

それは、

過去に自分の素直な気持ちを伝えたとき・・。

 

無視されたり、

相手にされなかったり、

邪気に扱われたりして・・。

 

大きく、傷ついた。

 

だから、

自分の素直な気持ちを表現しなくなってしまった。

 

もう傷つきたくないから、

自分を守るために、自分の素直な気持ちは・・。

 

言わないと決めた。

 

そして、そこから・・。

 

“思い” とは、

違う方向に歩きはじめたのです。

 

もう、傷つきたくないから

 

もう、そこには、近づかない。

素直な気持ちをぶつけることは、もうしない!

 

はい。

 

その決意は、

子供の時にしたのか?

 

それとも、

この人(パートナー)に対してしたのかは

わかりませんが・・。

 

自分でそう決めたんです。

 

(゜o゜) えーーーーっ。でしょ?

 

ただ、

人は、そうやって無意識に

自分を、傷つくことから守ってるんです。

 

そして・・。

 

その無意識の決断が

自分を苦しめることに繋がることもあるんです。

 

ややこしいんです。( ̄□ ̄;)   はい。

 

・・。

 

なので、

 

もしいま、

思いとは違う方向にいってしまうパターンを

修正したいと思っているのなら・・。

 

穏やかに、安心して、しあわせになりたい。

 

そう思っているのなら・・。

 

言葉にする。

表現する。

 

そう、あらためて決めればいい!

 

と、

言いたいところなのですが・・。

 

これが、

傷つくことを避けて無意識に決めた決断なので・・。

 

なかなか、意識で変えることができないことが多いんです。

 

なので・・・。

 

まずは、その過去の経験、

傷ついたこころ、怖れとしっかりと向き合って

癒していくことが大切です。

 

傷ついたこころが癒えると、

自然と、自分の気持ちを素直に表現できるようになります。

 

そうすると相手は

初めてあなたの気持ちがわかるようになります。

 

過去の自分を守る為ではなく

いまの自分が、しあわせであるために、

 

いまの自分には、

もう必要のない価値観、考え方、行動のクセを

自分自身で変えていけばいいのです。

 

そのための方法を、

こうやってブログで発信したり、講座で伝えたり、

どんどん広げていきたいと思っています。

 

あなたが、

しあわせで心穏やかに過ごせることを願っています。

 

(^_-)。

 

・・。

 

 

今日は、

笑顔ママ育成講座

大阪第3期の最終日です。♪(^○^)

 

もう、この3期メンバーが

こうやって一同に集まることは無くなるんだぁ~。。

 

そう思って・・。

朝からちょっと、センチメンタルな僕です。。(T_T)

 

そうそう・・、あまちゃんも、

今週で終わりだぁ~。。。(T_T)/~~~←一緒にするか?

 

と、いうことで・・。

 

最終日、しっかりと

最後の想いを伝えてきます。ヽ(^。^)ノ

 

★笑顔ママ育成講座は

全肯定!心理カウンセラー養成講座

 

入門編で、

自分自身、そして家族が

しあわせになるためのちょっとしたコツを

 

誰でもが、気軽に、

知ることができるように

まとめてお知らせしています。

 

笑顔ママ育成講座

という、ネーミングなので・・。

 

多くの人が、

「私は、ママじゃないから・・・。」

 

「もう・・、育児は終わったから、」

「まだ、結婚してないから・・。」

 

そんな声をよく聞きますが・・。

 

はい。

ママじゃなくても、参加してください。

 

絶対に、役に立ちますから・・。♪(^○^)

 

次回は・・。

10月23日(水)スタートです。♪(^○^)

 

詳しくは こちら から

ブログ

◆母親のグチばかり…

涼しくなりましたね

気持ちいいよぉ~。。o(^-^o)

今朝は、
風鈴の音で目が覚めました。

おはようございます。

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです。o(^-^o)

小さい頃、
母から、いつも愚痴を聞かされていた。

お父さんの悪口、
おばあちゃんの悪口
周りの人の悪口・・・。

あいつがこう言った
あの人が悪い
あの男のせいだ・・・。

悪口、陰口、愚痴、グチ・・。

本当は聞くのが嫌だった。
聞くたびに、いつも憂鬱な気分になった。

だって、
私はお父さんが好きだから・・。
おばあちゃんも、周りの人も、みんな私に優しくしてくれる。

だから、本当は悪口なんか聞きたくなかった。
本当は、みんなで仲良くしてほしかった。

でも、
お母さんにそう言ったら・・、

お母さんは、不機嫌になった。
だから、何も言えなくなった。

それに、
お母さんが辛そうでかわいそうだった。
だから、私はお母さんの愚痴を聞いていた。

家の中は、
いつも息が詰まる感じがしていた。

誰かが不機嫌じゃないか、
誰かが怒ってるんじゃないか、
喧嘩が起きないように、
家の中の平和をいつも願っていた。

私は、いつの間にか、
人の顔色ばかりを気にして行動するようになった。

そして、
周りの人が信じられなくなってしまった。

そして、
自分のことも、信じられなくなってしまった。
わからなくなってしまった・・・。

大人になった今も、
誰かが不機嫌だとビクビクする。

自分の意見を求められても
頭が真っ白になってどうしたらいいのかわからなくなる。

だって・・、
今まで自分の意見なんて言ったことがないから・・。
いつも相手に合わせてきたから。

結婚して自分の家族ができた。
温かくて幸せな家庭を築きたくて、一生懸命だった。

みんなが笑顔で過ごせるように。
家族が仲良くいられるように・・・。

夫のために。
子供たちのために。
両親、義理の両親のために。

がんばってきた・・。

最近・・、
訳もなく涙が溢れだしたり、
朝起きれなかったり、

なんか変。

力が沸いてこない。
やる気が出ない。

何のために、生きているのかわからない。

自分が、どうしたいのか、
何を求めているのか、わからない。

自分が、
自分であって自分でない気がする。

生きていても意味がない気がする・・。

・・。

はい・・。
こころが疲れきってる。

ガマンしすぎ、気を遣い過ぎ、緊張の連続・・。(=_=)

だから
苦しくて、涙が溢れだしてくる。
力が出ない。

動けない・・・。。。

こころが悲鳴を上げているのです。

そんなときは、

まずは、
“こころを緩める” ことが大切です。

無理に動こうとしない。
これ以上ガマンしない。
もう、気を遣わない。

がんばろうとしない、
これ以上、意志の力で自分を変えようとしない・・。

そして・・、
いままでずっと、置き去りにしてきたこころの声を聴く。

本当はどうしたかった?
本当はなんて言いたかった?
本当はどうしてほしかった・・・?

その思いを、
ひとつずつ叶えていく・・。

“抑圧された思い” が
解放されればされるほど・・。

力が湧きあがってきます。

本来の自分にもどれば戻るほど
生きるエネルギーが湧き上がってくるのです・・。

自分のことがわかってきます。
自分を信じれるようになります。

そうすると、
周りの人のことも信じれるようになってきます。

かならず・・。

はい。
言葉で説明しても・・。

なかなかピンときませんよねぇ~。。…。(^^ゞ

最近・・、
訳もなく涙が溢れだしたり、
朝起きれなかったり、

力が沸いてこない。
やる気が出ない。

そんな症状に、苦しんでいる人・・・。は、

ぜひ、プロの力をお試しください。

そこかい!…。(^^ゞ

チャンスです!
全肯定!心理カウンセラー養成講座

認定カウンセラーの
初回無料カウンセリングの申込みは こちら

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
たかぢんの全肯定カウンセリングは こちら

“悩みパターン別”解決法

◆子育てに疲れてし…

子育て・・・。
なかなかうまく行なかいものですよね?

これでいいのか?って
不安になることもありますよね?

イライラしたり
爆発してみたりヽ(`Д´)ノ ウァァァ

時には、
自分を責めてみたり・・

子供はかわいい。
愛情を注いで育てたい。

でもそれが、
かえって裏目にでてしまったり・・。

自分なりにがんばって
本を読んだり、子育て講座に参加してみたり

そこで学んだことをやってみたりもする。けど・・・。

何日間かはがんばるけど、
思うようにいかなかったり、
忙しくて気持ちに余裕がなくなったりすると、
せっかく学んだことも、いつの間にか忘れてしまってる。

そして・・。
やっぱり、うまくいかない。
そもそも、
子供が甘えてくると、イラッとしてしまう。
その衝動を抑えることができない。

我が子のことなのに・・。

子供の気持ちに寄り添って

できる限り、
子供が望むことをしてたいと思うけど、

やってもやっても、キリがない。
そして、ますますイライラしてくる。

どうして、
こんなに甘えてくるの?
少しは我慢してよ。

どれだけやればいいの?

周りに助けを求めることもできない
相談しても、誰にもわかってもらえない。

苦しくて苦しくて、
どうすることもできなくて、疲れ切ってしまう。

で・・。
子供に当たってしまう。

そして、いつも罪悪感。

もう、どうしていいのかわからない。

||▄█▀█●||||

子供が甘えてくると腹が立つ。
という悩みは、わりと多く聞きます。

母親は、
母性愛に溢れていて、
いつでも無償の愛で子供に寄り添っていなければ。
なんて思うと、できない自分を責めてしまいますよね?

でもね・・、
抑えたいけど、抑えられない。
優しくしたいけど、優しくできない。

そんな自分を、もう責めないでください

がんばっている自分を
もうこれ以上責めないでください。

イライラする、腹が立つには、
それだけの理由があるのですから・・。

例えば
子供が甘えてくると腹が立つとき・・・

その裏には、
自分が幼いとき、
甘えたいのに甘えさせてもらえなかった。

甘えようするたびに、傷つく。

何度もそれを繰り返すうちに
甘えること自体に嫌悪感を感じるようになる。

甘えると、反射的に、体と心が反応する。

そんな感じに
なっていることがとても多いのです。

感情は
湧き上がってくるものなので、抑えることはできません。

嫌だと感じているのに、
身体が反応しているのに、

頭や理性で、
「甘えさせてあげなきゃ」
「母親らしくしなきゃ」とがんばる。

それはすばらしいことですが・・・、

苦しいです。

まず大切なのは、
自分の中にある
「甘えたいのに甘えられなかった」
過去の思い(こころの傷)を癒してあげること。

「甘えてはいけません! 」
そう拒否されて傷ついてる、悲しんでる、
心を癒してあげることが大切なのです。

過去の傷ついたこころが癒えると

目の前の子供が、
無邪気に甘えてきてもイラッとすることがなくなります。

すると、
自然と子供への接し方が変わり、
そのことで、子供の様子も変わっていきます。

これは不思議だけれど、本当のことです。

今までたくさんのお母さんが、
自分のこころを癒すことで楽になっていかれました。

世の中には、
たくさんの育児本や育児講座、育児相談などがあり、
いろいろな方法があります。

中には、
真逆のことを言っている場合もあります。

それらの方法を試してみて、
自分と子供にとって一番の方法を見つけていくことはとても大切です。

でもその前に大切なのは
自分自身(お母さんの)こころだと思います。

自分自身が癒されていれば、
子供が多少わがままを言っても、対応できるだろうし、
たくさんの方法の中から、一番いい取捨選択もできると思います。

どーんと構えた安定したお母さんになれます。

お母さんが笑っていることが
子供が一番うれしいことですから・・。

自分のため、
子供のため、
そして、家族のためにも、
まずは自分のこころを、癒してあげてくださいね。

ブログ

◆我が子にムカつい…

おはようございます。

 

まずは気持ちのすべてを受けとめる!

全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです。(^.^)

 

子育て・・・。

なかなかうまく行なかいものですよね?

 

これでいいのか?って

不安になることもありますよね?

 

イライラしたり

爆発してみたりヽ(`Д´)ノ ウァァァ

 

時には、

自分を責めてみたり・・

 

子供はかわいい。

愛情を注いで育てたい。

 

でもそれが、

かえって裏目にでてしまったり・・。

 

自分なりにがんばって

本を読んだり、子育て講座に参加してみたり

 

そこで学んだことをやってみたりもする。けど・・・。

 

何日間かはがんばるけど、

思うようにいかなかったり、

忙しくて気持ちに余裕がなくなったりすると、

せっかく学んだことも、いつの間にか忘れてしまってる。

 

そして・・。

やっぱり、うまくいかない。

 

 

そもそも、

子供が甘えてくると、イラッとしてしまう。

その衝動を抑えることができない。

 

我が子のことなのに・・。

 

子供の気持ちに寄り添って

 

できる限り、

子供が望むことをしてたいと思うけど、

 

やってもやっても、キリがない。

そして、ますますイライラしてくる。

 

どうして、

こんなに甘えてくるの?

少しは我慢してよ。

 

どれだけやればいいの?

 

周りに助けを求めることもできない

相談しても、誰にもわかってもらえない。

 

苦しくて苦しくて、

どうすることもできなくて、疲れ切ってしまう。

 

で・・。

子供に当たってしまう。

 

そして、いつも罪悪感。

 

もう、どうしていいのかわからない。

 

||▄█▀█●||||

 

子供が甘えてくると腹が立つ。

という悩みは、わりと多く聞きます。

 

母親は、

母性愛に溢れていて、

いつでも無償の愛で子供に寄り添っていなければ。

なんて思うと、できない自分を責めてしまいますよね?

 

でもね・・、

抑えたいけど、抑えられない。

優しくしたいけど、優しくできない。

 

そんな自分を、もう責めないでください

 

がんばっている自分を

もうこれ以上責めないでください。

 

イライラする、腹が立つには、

それだけの理由があるのですから・・。

 

例えば

子供が甘えてくると腹が立つとき・・・

 

その裏には、

自分が幼いとき、

甘えたいのに甘えさせてもらえなかった。

 

甘えようするたびに、傷つく。

 

何度もそれを繰り返すうちに

甘えること自体に嫌悪感を感じるようになる。

 

甘えると、反射的に、体と心が反応する。

 

そんな感じに

なっていることがとても多いのです。

 

感情は

湧き上がってくるものなので、抑えることはできません。

 

嫌だと感じているのに、

身体が反応しているのに、

 

頭や理性で、

「甘えさせてあげなきゃ」

「母親らしくしなきゃ」とがんばる。

 

それはすばらしいことですが・・・、

 

苦しいです。

 

まず大切なのは、

自分の中にある

「甘えたいのに甘えられなかった」

過去の思い(こころの傷)を癒してあげること。

 

「甘えてはいけません! 」

そう拒否されて傷ついてる、悲しんでる、

心を癒してあげることが大切なのです。

 

過去の傷ついたこころが癒えると

 

目の前の子供が、

無邪気に甘えてきてもイラッとすることがなくなります。

 

すると、

自然と子供への接し方が変わり、

そのことで、子供の様子も変わっていきます。

 

これは不思議だけれど、本当のことです。

 

今までたくさんのお母さんが、

自分のこころを癒すことで楽になっていかれました。

 

世の中には、

たくさんの育児本や育児講座、育児相談などがあり、

いろいろな方法があります。

 

中には、

真逆のことを言っている場合もあります。

 

それらの方法を試してみて、

自分と子供にとって一番の方法を見つけていくことはとても大切です。

 

でもその前に大切なのは

自分自身(お母さんの)こころだと思います。

 

自分自身が癒されていれば、

子供が多少わがままを言っても、対応できるだろうし、

たくさんの方法の中から、一番いい取捨選択もできると思います。

 

どーんと構えた安定したお母さんになれます。

 

お母さんが笑っていることが

子供が一番うれしいことですから・・。

 

自分のため、

子供のため、

そして、家族のためにも、

まずは自分のこころを、癒してあげてくださいね。