月別: 2015年9月

新着情報

“笑顔ママ講座” …

祝!中井みかこ ~150回達成記念感謝祭~

 

□日時 : 10月1日(木) 午前10時開始
□場所 : 新大阪ココプラザ 講義室 504
□地図 : http://www.kokoplaza.net/access.html
□内容 : 中井みかこ&たかぢん講演etc、その後、ランチ会。
□会費 : 無料
※ランチ会は実費です。(2000円程度)
抽選当選後のキャンセルは、キャンセル料(全額)が発生します。
□スケジュール
  10時00分~12時00分 中井みかこ&たかぢん講演etc
  12時30分~14時30分 (講演後会場移動して)ランチ会
※ランチ会は、「パーティーホール・デスペーラード」にて開催。
http://r.gnavi.co.jp/c38ew9y10000/map/
募集人数は、40名です。
今回は、先着順ではなく、抽選 です。

※すでに、たくさんのお申込みをいただいてるみたいです。(^◇^)

応募締め切り
2015年9月25日(金)23:59

お申込みは、こちら

みなさんにお会いできることを
心から楽しみにしています。

新着情報

札幌 週末集中3日…

講座名 笑顔ママ講座@札幌 週末集中3日間コース
担当 橘 ほのか
日程 2014年
1日目 10月19日(日) 10:00-15:00
2日目 11月03日(月) 10:00-15:00
3日目 11月22日(土) 10:00-15:00
(全3回)
場所 サロンあゆみ
住所 札幌市白石区(詳細はお申込後ご連絡致しますね)
交通 地下鉄白石駅徒歩3分
受講料 12,000円(欠席の場合振替有り)
お申込み PCからは こちら
スマートフォンからは こちら
“悩みパターン別”解決法

◆「誰にもわかって…

孤独感を感じている人は、

「もう傷つきたくない」から・・・、

自分から距離を置き、
やっぱり誰もわかってくれないと感じて、

さらに
寂しさを大きくしてしまっていることが

実は、とても多いんです。

おはようございます。

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです。(^◇^)

子供のころ

悲しいのに、
さびしいのに、つらいのに・・・。

それを訴えても
誰も、受けとめてくれる人がいなかった。

ひどいことを言われたり
ひどいことをされて、大きく傷ついてるのに・・。

「そんな弱いことでどうするんだ」

「負けるな!」
「もっと、がんばれ、強くなれ!」

そう言われて
さらに大きく傷ついてしまう。

そんなことを
何度も繰り返すうちに…。

まわりの人と、
関わることが怖くなる・・。

誰も、信じられなくなってしまう。

・・。

自分の気持ちを
わかってわかってくれる人は、誰もいない。

だからもう
まわりの人と関わりたくない。
こんなつらい思いは、もうしたくない。

もう言わない。
もう望まない。
もう期待しない…。

そう決めて、
こころを閉ざしてしまう。

そうやって。。

子供のころから、
誰にも頼ることなく、ひとりでがんばってきた・・。

・・。

でもね・・。
やっぱりこころの奥には、消えずにあるんです。

「わかってもらいたい」
「受けとめてもらいたい」

でも
言ったら、望んだら、求めたら、

期待したら
また傷つくから・・・。

誰にも頼ることができなくて
誰にも心を開くことができなくて・・。

誰かが
わかってくれるのを・・・。

ただ、待っている。

求めることができず、
誰かが、わかってくれるのを・・・。

だけど・・。

言わないから
求めないから

その気持ちには、
誰にも伝わらない。気づいてもらえない・・。

やっぱり
誰にも、わかってもらえない。

待っても待っても・・。

こころの奥では、いつも
誰ともつながってない気がして・・・。

「さびしさ」 でいっぱい。

孤独感でいっぱい。

・・。

孤独感を感じている人は、

「もう傷つきたくない」から・・・、

自分から距離を置き、
やっぱり誰もわかってくれないと感じて、

さらに
寂しさを大きくしてしまっていることが
とても多いんです。

多くの方のカウンセリングをしていて
怖れ→行動できない→わかってもらえない→孤独感

そんな抜け出すことができないスパイラルに
苦しんでいる人にたくさん出会います。

その場合・・、

まずは
自分の気持ちに気づくことが大切です。

がんばってる人は、
がんばることで精一杯で

そんな
自分の気持ちがあることに
気づいていないことがとても多いんです。

だから
こころの奥にある自分の気持ちを
しっかりと認める。

まずは素直に、感じてみる。

言葉に出してみる。

さみしい。
悲しい。
わかってもらいたい。

人とのつながりを感じたい。

こわいな~。
優しくされたいな~。

ただ、
その気持ちを、しっかりと感じてみる。

自分の気持ちに気づくことができたら、
その素直な気持ちを相手に伝える。

。。。( ゚Д゚)。。。

これは、
とっても勇気がいることかもしれません。

だって、
過去に相手にわかってほしくて伝えて、

その思いが叶わなくて、傷ついたかたこそ、
「もういい!」「もう関わらない」って、決めたのだから・・・。

だから、怖い。

過去と同じような痛みを感じたくないから・・。

わかるよぉ。。(T_T)

それでも・・。

勇気を出して
一歩踏み出してみませんか?

行動できない。
言いかえると、行動しない。

そうすると
ずっと、同じところにいるから・・。

孤独感の中で、
ずっと、ずっと、待ってることになるから・・。

「信じる」って、
「人に言う」って書きますよね。

お互いに、
言ったり、言われたりすることなんです。

つまり、
自分の気持ちを言う。
相手の気持ちを聴く。
ということ。

言ったり、
言われたり、
相手を受け入れたり、
相手から受け入れられたり、
その繰り返しが、「信じる」

自分を信じる。
相手を信じる。
ことなんです。

その先に、
信頼感が生まれる。

信頼とは、
信じて、頼ること。
言いたいことを言って、相手に頼ること。

それが

こころを安心させる。
こころをあたたかくする・・・。

つながってる喜びを感じる。

子供ころは、
もしかしたら、まわりには
あなたの気持ちを受けとめてもらえない人

ばかり、
だったかもしれません・・。

だけどね…。
もしかしたらいまは、違うかもしれません。

あなたの気持ちを
しっかりと受け止めてくれる人が
あなたのまわりに、山ほどいるかもしれません。

・・、

その第一歩は、
自分が勇気を出すことです。

勇気を出して、
相手に気持ちを伝えてみる。

受け入れてもらえた。
わかってもらえた。

そのたった1度の成功体験が、
実は、とっても大切なんです。(^_-)。

一度うまくいくと、
そのよろこびを、こころで知ることになるので・・、

あとは自然に、
できるようになるんです。

なぜなら・・・。

人は、快楽(大きなよろこび)を感じたら
それをもう一度、体験したくなるように・・。

できてるから。。( ̄―+ ̄)

はい。

どーーーしても、
怖くて一歩を踏み出すことができない。

だけど・・。

もう、さびしのは、いや。
孤独感を感じるのは、いや。

そんな人は・・・、

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラー たかぢんに

頼ってくださいね~。。。(^◇^)

まずは思いのすべてを、どーーんと、受けとめます。

ほんで、
いろんな心のひっかかりがとれます。

受けとりかた、感じ方、見え方
いろんなことが、ガラッと変わると思いますよ。(^_-)。

あなたのしあわせを、
こころから願っていますからね。

ブログ

◆長谷川弘樹/大阪…

女性には理解できない!
男目線で家庭の問題を解決する専門家
全肯定!心理カウンセラー 長谷川弘樹
http://ameblo.jp/hiroki3839

プロフィール

image

こんにちは、全肯定!心理カウンセラーの長谷川弘樹(ハセ)です。

まさか!自分がカウンセラーになるとは、夢にも思っていませんでした。
どちらかと言うと、何時も僕が・・・、問題を作りだしていた側で・・、

ギャンブル依存、転職、内緒の借金、それらによる家庭崩壊、家庭内別居、別居
そのせいで起きた、妻の、鬱、パニック・・・、もう、ダメな夫のオンパレード

会話のない家庭、「一年間でどれだけの事を話せたのか?」

「家族の笑顔は、いつ見ただろう? 笑い声はいつ聴いただろう?」

今思うと、妻と娘にかけた負担は、計り知れなかったと思います。

当時の僕は、妻にも娘にも、親にも、本音を言えず、そして本音を聞けず、ただ、都合の悪いことに触れないように・・・。ずっとごまかしていた気がします。

 

ある日・・、妻が、僕の目の前で、パニックを起こしてる姿を見て、もう、ダメだと思った。
終わったと思った、ショックだった・・・。人は追いつめられるとこんな風になるんだと・・。

なんとかしなきゃと思った。でも・・・、どうしたらいいのか、なにをしたらいいのかわからない。
ただ、抱きしめて、落ち着かせて、「自分のせいだ、自分が悪いんだ!」と言った気がします。
それからは少しずつ話しをするようにしたり、心療内科に一緒に行ったり、そんな事しか出来なかった。…

 

それからしばらくして、ふと、気づいたのです。
最近、妻の笑顔が、増えてきた気がする。 顔色も少しよくなった気がする・・。どうしてだろう?
妻に聞いてみたら・・・、「たかぢんさんという人の、カウンセリング受けた」らしい・・、誰?
心屋なんとか・・、という人と、メールのやりとりもしてるらしい、えっ?えっ?えっ?
どんどん、変わっていく妻・・、「大丈夫か?変な宗教じゃないの?」
でも、医者に行ってもなにも変わらなかった妻が、少しずつ、明るくなっていっているのは事実。

出掛けられなかった妻が、オープンカウンセリングだ、なんとかセミナーだと言って、
遠くまで一人で出掛けて行っているのも事実・・。

 

いつしか自分も、それを知りたいと思って、心屋さんの本を読んだり、たかぢんさんのブログ読んでいるうちに、今度は会いたいと思いはじめて、半信半疑で恐る恐る実際会いに行って・・、
何度か通っているうちに、「こんなに素晴らしい世界があったんだ」と・・、思うようになったのです。
考え方を変えるだけ、在り方を変えるだけ、認めてみるだけ、それだけでこんなに人は変われる。
何度も、何度も足を運んでいるうちに、自分の中でも、少しずつ何かが変わっていく感覚。

自分の心に向き合い、癒されていくにつれて、ギャンブルへの依存心が消え、妻に対しても、娘に対しても、少しずつ、心を開くことができるようになっていったのです。

そして気がつくと、自分の周りの状況も、少しずつ変わっていったのです。

そして、全てが決まっていたかの様に、たかぢんさんの「カウンセラー養成講座」に行けることになって、こんな僕を、受け入れてもらえたよろこびと、言えなかった事が言えた時の開放感、そして、認められるという事の安心感、あたたかさを“全肯定”の中で、はじめて体験することができたのです。

 

妻は、いまは、全肯定できる心屋流カウンセラーとして、心屋初級認定講師として、様々なセミナーや、講座を開催しています。
そんな妻の、生き生きとした姿を見ていて、「この世界に出逢うことができて本当に良かった」と
いま、心から感じています。

 

そして、どん底だった僕の大事な家庭と、妻と娘と僕自身に、幸せをもたらしてくれた全肯定カウンセリングで、僕が感じていたのと同じように、いま、生きづらさを感じていたり、ご主人とのことで悩んでいたり、人間関係で苦しんでいたりしている人の、サポートをしていきたい。

全肯定のあたたかさを、安心感を、妻とたかぢんさんと、周りの仲間と一緒に広げて行きたいと
心から願っています。

 

女性には理解できない!男目線で家庭の問題を解決する専門家

全肯定!心理カウンセラー 長谷川弘樹

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]
ブログ

◆史彩乃/名古屋(…

薬に頼りたくない!」を応援します
薬剤師歴15年の全肯定!心理カウンセラー 史彩乃

★ブログ http://ameblo.jp/solislux/

プロフィール

profile_ayano-150x150

はじめまして
全肯定!心理カウンセラ-の史彩乃です。(^◇^)
子供の私は、テストの成績はよく、いつも頑張るいい子でした。
そうしないと、受け入れてもらえない、そんな風に感じていたからです。
両親の期待に応えるために、必死で頑張って生きてきた気がします。
そしてその期待どおり、難関と言われる大学に入学し、
卒業後は薬剤師として働くことになったのです。
だけど、心のどこかで、いつも空虚感を感じ、自分が自分であってはいけない感覚を感じていました。

その後結婚し、3人の子どもを授かりました。
一人目の子は『LD(学習障害)』本人がいくら頑張っても結果に結びつかない。
最初は、「なぜできないの?」「どうしてこの子はこんななの?」と悩むことばかり。
自分が頑張って生きてきた分、その子の“できない”を、受け入れることが出来なかったのです。
そして3人目が『不登校』高校3年の後半から学校に行けなくなりました。
ある日突然、学校に行けなくなってしまった我が子を前に、頭の中が真っ白になったのを覚えています。
一人目が、LD、そして3人目が、不登校・・。
私は、毎日毎日、「どうしてできないの?」「息子をどうしたら学校に戻せるの?」
そんなことばかりを考えていた気がします。
不登校の息子をみてくれるカウンセラーを必死で探してみたり、心理系の本を読み漁ったり
四六時中息子のことが頭から離れず、私は夜眠れなくなりました。
それでも本人には何も言うことができず、本を読んで涙を流したり、夜、布団の中で涙ぐんだり
職場では子どもの話題がでるのが怖い、うまくいっていないことを知られるのが怖い、
それでも表面上は何事もないように振る舞う日々が続きました。

いままで、自分のことは頑張ればなんとかなったのに・・、
自分の事以外、家族のことでこんなに苦しい思いをするなんて・・・。
そんなときに出会ったのが、全肯定!心理カウンセリングです。
「すべてを肯定する」というところが、なぜか私の心の琴線に触れ、受講することにしました。
講座に通い、その中で、たかぢんさんのカウンセリングを受けることで、
まずは自分が自分を、受け入れることを、生まれてはじめて体験することができました。
できない自分、情けない自分、苦しい自分を・・・。受け入れることができたのです。

私が私のネガティブな部分を受け入れることができたのと同時に、
2人の子どものことが気にならなくなり、学習障害のことも、
学校に行けないことも、受け入れられるようになりました。
「周りと比べなくたっていい。この子にはこの子の育ち方があるんだ」
「頑張れない事は、無理して頑張らなくてもいいんだ」 と思えるようになったのです。
そして、息子が息子なりに考えていることも、前向きに聞くことができるようになりました。
全肯定!カウンセリングに出会ってたった数ヶ月間の変化です。
全肯定!カウンセリングで、私は羽根が生えたように心が軽く楽になりました。
この体験を、ほかの人にもしてもらいたいと思います。

私は、薬剤師として、15年間にわたり、様々な方を見てきました。
その経験の中で、薬の効果と、その重要性も充分に認識しています。
だけど、薬の力だけではどうすることもできないことがあることも、
心のもちようが大事であることも、多くの患者さんを見ていて実感しています。
だからこそ、薬剤師としての知識と経験、そして全肯定!心理カウンセリング、
親の期待に応え、必死で頑張って得たもの、そして、私を幸せにしてくれたものを合わせて
いまの私にしか提供できないものを、みなさんにお伝えしたいと思っています。

まずは自分をまるっと肯定する!

全肯定!心理カウンセラー & 薬剤師 史 彩乃

[button icon=”” target=”_self” text_align=”center” text=”カウンセリングのお申込はこちらから” link=”/form/” hover_color=”#ffffff” border_color=”#dd9933″]
“悩みパターン別”解決法

◆「人間関係がいつ…

人前で、話すのが苦手。

何か話さないといけないと思うと、
余計に焦ってしまって…、

わけが分からなくなる。
何を言ってるのか、わからなくなる。

頭が真っ白になる。

。。。(゜o゜)。

人の輪の中に入れない。
うまく話ができない。
うまく受け答えができない。

集団が苦手・・。むしろ苦痛。

みんなは
楽しそうなのに・・・、自分だけ、

「孤立」 してる・・。気がする。

おはようございます。

まずは気持ちのすべてを受けとめる
全肯定!心理カウンセラーのたかぢんです。(^◇^)

そんな人。

の中では、
実は、あることが起こっています。

どんなことだと思いますか?

・・・。

・・・。

・・・。

にひひ。(^-^)。

自分が・・、

自分に・・。

プレッシャーをかけ続けてる。

ということです。

はい。

うまく話さないと
ちゃんと言わないと…。

間が空かないようにしないと、
楽しい感じにしないと…。

そうやって

自分で
自分にプレッシャーをかける。

自分の言葉で、
自分を緊張させる。

委縮させ続けてる。。( ̄ー ̄)

だから、
ますます緊張して、
自然に話ができなくなってしまってるんです。

えーーー!!! 。(゜o゜)。。。

と、言いたいところでしょうが…。

よーーく考えてみると…。

そーですよ…。 ね?(^_-)

うまく話さなきゃ。
と、頭の中で繰り返して言う。

無意識に、
自分にプレッシャーがかかる。

緊張する。委縮する。

ますますうまく話せなくなる。
ますます、ぎこちなくなってしまう。

その緊張が相手に伝わって…。
まわりを緊張させる。

そして、ますます、
話がぎこちなくなってしまう。

またまた、うまく話そうとする。

エンドレスに悪循環…。

はい。

どうすれば…。
その悪循環から抜け出すことができるのか?

それは、
「自分にプレッシャーをかけるのをやめる」
ということです。

話がないのに、
無理に話をしようとしない。

うまく話そうとしない。
間を取り繕おうとしない。

「話したくないときは、無理に話さなくてもいいよ」
「話したくなければ、黙っていていいよ」
「何も思いつかなければ、そのままでいていいよ」

そう、
「自分に許可」 を出してあげる。

自分の中に向かって
そう言ってあげてください。

今までは、
「うまく話さないと!ちゃんと言わないと」

と、どんどん
自分で自分にプレッシャーをかけ続けていたので、

それをやめる。

そうすると
こころが安心する。

ほっとする。

縮こまってたこころが、ふわっと緩む。

そして、
話したくなったときに、
話したいことがあるときにだけ
話せばいいんです。

また、
緊張してプレッシャーをかけているときは、
意識が自分自身、内側に向いています。

その内に向いている意識を
外に向けるようにすることが大切です。

それは、
相手を見たり、
相手をじっくりと観察したりすることです。

そうすると、

自然に…
気がつくことがある。

ん…。髪…、切った?

ん…。
なにか、言いたいことがあるの?

緊張してるの?
心配事があるの?

ん…?

そうやって、相手を観察する。

そうすると、
自然に自分に余裕が出てくる。

同時に
相手に意識を向けると
相手を知ろうとすると…。

自然に
疑問点が湧いてくる。

そして
相手を見ていて、

ぱっと思いついたこと、
気づいたことを言えばいい。

思いつくままに…。
ただ、それだけなんです


それが、自然な会話になる。

つまり、内側ではなく、
外側を見るということです。

相手に意識が向いているので

自分に、
プレッシャーをかけるころがなくなる。

これは、どんな場面でも
役立つことなので、ぜひ試してみてくださいね。

ポイントは、緊張したときに、
「話したくないときは、無理に話さなくてもいいんだよ」
と自分に向かって言ってあげること。

自分に向いている意識を外側に向ける。

そのために、
相手を見たり、相手を観察したりする。

そして、
話したくなったら、
話したいときにだけ

話せばいい。

…。

自分を苦しめるのは、自分。
自分を楽にするのも、自分。

それを意識して…。

試してみてくださいね。(^_-)

 

第5期目になる次回開催が
大阪市の主催講座として開催するのは・・。

最後。に、なります。

興味がある方は
ぜひぜひ、参加してみてください。

ママじゃなくても大丈夫!

結婚前のあなたにも、
子供のいないあなたにも、

子育ては終わって
もう、おばあちゃんになっちゃったよぉ~・・、(^.^)。

というあなたにも・・。

しあわせになる!
具体的な方法を伝えます!

家族をしあわせにする!
具体的な方法、行動を伝えています。(^O^)

しあわせは女性から広がるもの
一生、役に立つんです(^◇^)

★笑顔ママ育成講座  
詳しくは こちら

“悩みパターン別”解決法

◆不登校、引きこも…

きのうの夜の

すき焼きの味がぁ~♫

※↑イメージ写真です/実物ではありません。

忘れられへ~ん♪。←トータス風。

ほんで、あさ3時半・・。

ブログ記事が、
ドドッと降りてきて・・。眠れられへ~ん♪

で・・。

書いてます。

おはようございます。

まずは気持ちのすべてを受けとめる!
全肯定!心理カウンセラーたかぢんです


これ、書いとかんと・・。
最近、全肯定!カウンセラー増えてきたし・・、

全肯定!カウンセラーってgoogle検索したら・・。

この人とか、この人とが、
トップに出てきたりして・・。焦るので・・。(; ̄_ ̄)。。←わりと小者です。

一応、書いてみた・・。(^.^)

はい。
そんなことは、どーでもええとして、

ドドッと降りてきた記事です

・・。

最近・・。

元気がない。
少し、顔色が悪い。気がする・・。

で・・、

ある日・・。
登校時間になっても、起きてこない。

布団をかぶったまま、動かない。

「学校に行きたくない・・・。」

えーーーっ。( ̄□ ̄;)ガーン

・・。

「どうしたの?」
「何があったの?」

「どうしていかないの?」

何を聞いても、
何を提案しても、返事をしてくれない。

聞き入れようとしない。

「行きたくないの!」
「うーーーん、うるさい!」

・・・。

どうしていいのか?
どう対処していいのか?

わかりませんよね?

お子さんの
不登校、引きこもりで、悩んでる人・・。

実はとっても多いんです。

聞くところによると、

最近では、39人にひとり、
言い換えると、各クラスにひとりが・・、

「学校にいけない」 状態になってる。

と、いうことです。

もちろん、僕のところにも
お子さんの不登校で悩んでるお母さんからの相談

たくさんいただいています。

で・・。

どうしていいかわからない。

そのメカニズムと
対応方法について・・・。

こころの専門家としての観点
から、今日は書いてみたいと思います。・・。

はい。

そもそも・・。

どうして?
学校に行きたくなくなる・・。

と、思いますか?

・・。

はい。

正確には、
行きたくなくなる・・・。のではなく

行けなくなってしまう。

んです。

どうして、いけなくなってしまうのか?

本人にも、わからない。
ことが、ほとんどなんです。

だから・・。

「どうしていかないの?」
「何があるからなの?」

と、聞かれると、本人も困ってしまう。

本人も、
学校に行きたい
行かないといけない。

そう思ってるのに・・、

体が動かない。

なので、その理由を
聞けば聞くほど、本人を苦しめる。

さらに、追いつめてしまう。

と、いうことになってしまうのです。

だから・・。

不登校に陥ってしまった子供に
「学校に行かせようとしてはいけない」

そんなことが、
よく言われるのです。

どうして、
行きたいと思ってるのに、いけなくなってしまうのか?

・・。

それは・・。

言いたいことが、言えない。

から・・。なんです。

いやなことをされても、
「いやだ」と言えない。

してほしくないことをされても
「やめてほしい」と言えない。

いやなこと、
してほしくないこと、

言われたとき、
されたときの対処方法を知らないから・・・。

周りに

気を遣ったり
ピリピリしたり
ビクビクしたり

そんなことを繰り返しているうちに・・・。

だんだん
元気がなくなってきて

だんだん
恐くなってきて

どうしていいのかわからなくなってきて・・。

行けなくなる。

「行かないといけない」
のは、わかってるけど、「恐くて」 行けなくなる・・。

・・。

「やめてほしいときには、やめてと言いなさい」
「いやなときはいやだっていいなさい」

はい。
そう言っても、絶対にダメです。

なぜなら・・。
そんなことをしたことがないから・・。

同時に、
頭の片隅のどこかに・・。

「言ってはいけない」

「言うと、嫌われる」
「言うと、傷つける」
「言うと、もっとひどい目にあう」

そんな 「信念」 がある・・。

から、言えない。
言ってはいけない。

言い返す言葉がない。

そんな状態になっているんです。

えーーーーっ!
小学校の低学年なのに・・。そんなことは・・。(゜o゜)。。

と、思うでしょうが・・・。

よーーーーく、胸に手を当てて・・、

考えてみてください。

あなた自身、お母さん自身・・。

そうじゃなかったですか?。。。( ̄―+ ̄)。

小さいころからずっと・・。

意地悪されても

ゆずったり
ガマンしたり

みんなと
仲良くしようとしたり・・。

していませんでしたか?

そして、大人になったいまも・・。

同じように、

ゆずったり、ガマンしたり
それでも、みんなと仲良くしようとしたり・・。

で・・。

ピリピリ、ビクビク、ソワソワ
苦しい思いをしていませんか?

もしそうでなければ、
ご主人との関係の中で、ご主人が・・。

そうなっていませんか?

・・。

そのコミュニケーションパターンを

受け継いでる。

だから・・。

言えない。動けない・・。

なので、
口でいくら「いいなさい」「しなさい」って言っても

ダメなのです。

子は、親の、
言っていること以上に・・。

していること、
生き方に、大きく影響を受けているからです。

だから・・。

多くの場合、
子供をどうにかしようとしても

うまくいかないのです。

もしかしたら一時的に
うまくいったように見えたとしても・・。

学校には
いけるようになったとしても

根本的な、考え方、生き方は、
信念は、変わっていないからです。

・・。

わが子が、
不登校、引きこもり・・。

行きたいけど、いけない。

そんな状態になった時・・、

一番大切なのは
親自身が、自分の問題として、

自分自身と向き合うこと。

だと、僕は思っています。

「生きづらさ」
という、世代連鎖を終わらせるためには・・。

まずは、親が、癒される必要があるんです。

なぜなら
子にとっては、親の、生き方、していることだけが

真実だから・・。

親が癒され、
自由に行動できるようになると・・。

子供の中でも、自然に・・。
「そうなっていいんだ」と、“こころの許可” がおりる。

・・。

まずは
自分自身が癒され

そして、子供が癒され・・。

家族全員が、幸せに、自由に・・。

生きることができるようになる。

不登校や引きこもり、
そして子供の問題のすべては・・。

そのきっかけ・・。サイン

なのかもしれませんね~。( ̄―+ ̄)。

はい。
こころの専門家として観点から書いてみましたが・・。

どうじゃった? (^.^) ← いきなり広島弁。

少し、ややこしーけぇー・・・。

読んでみて、理解できんかったら・・。

はい。
さらっと、スルーしてください。…。(^^ゞ

子供は、
いいものも、悪いものも含めて・・。

全て親からもらい
影響を大きくうけて生きてるんだなぁ~。

ってことだけ・・。
覚えておいてくださいね。(^_-)。

きっと、
これから先にでてくるすべての問題の

「根本解決のキーワード」
になると思いますから・・。( ̄―+ ̄) 。

お客様の感動の声

人に気持ちを聴いて…

◆人に気持ちを聴いてもらうのってこんなに素敵なこと

 

先日は、ありがとうございました。
はじめは電話でセラピーをされているというのはどんな感じなのか?
それと、電話だから自分のことをさらけ出せるかも?と思っておもいきって体験させていただきました。
あれから、彼に対して言いたかったことが出てきました。
本当は、もっと大好き、と言ってあげたかった。というのと私にも言ってほしいということがわかりました。
そうすると彼の顔が5年ぶりにうれしそうな顔を見せてもらえました。
あと、もうひとつ私がず~っと悩んできたことの答えも出てきました。
私の中で、お金=愛になってまして、このあたりもどうも自分で解決できなくて、常にお金が足りない。
ギリギリで、余裕のない生活をしてきました。欠乏感がありました。
それに対して、いまのところの答えですが(汗)、私なりにですが、私はずっと愛されてきたことに気づかなくて、もっともっと!と愛を欲しがる人でした。
よく言われてる言葉なので、そんなの当たり前、私はそんな風に思っていない、ちゃんとわかっている。と、自分で判断していましたが、確かに私は愛の欠乏を感じて、もっと欲しい、もっとほしいとそればかりでした。
情けないですが、それが今日、わかりました。
感謝感謝と、よく言いますが、いま思うととってもうわべだけで、こころから感謝できていないことにも気づきました。
何に気持ちをシフトしたらいいのかが、少しずつわかりました。
頭でっかちになっていた私に心からの気づきを与えていただいてありがとうございます。
人に気持ちを聴いてもらうのってこんなに素敵なこと、そして、先生の人柄が、私の心を開かせたんだと思います。
やはり、いざ電話に出ていただいても、違う話にしようか、この話題にしようか…、と、考えてしまった自分も正直いますが、本当のことを話せたのは、先生の波動?波長?っと言うものですかね。
愛が伝わってきたので、話せたんだと思います!
いきなり泣いちゃったもんね。(笑)
私も、セラピストのはしくれとして、この体験を肝に銘じて、人に対してそうありたいとおもいました。ほんとうにありがとうございました!
いろいろなことが芋づる的につぎつぎに解決の方向に向かってます。
今後は、もっと人に対して愛を持って接するのと、この彼とのことを知っている人に対して、話題を避けるのではなく、私の気持ちを正直に言えるようにします!
きっと周りはひやひやしていたと思います。
ほんとうに、ありがとうございました。

 

(30代女性 主婦 Y.Tさん)

お客様の感動の声

「えっ?」と、手品…

◆「えっ?」と、手品のように消えていき…。

 

昨日はセラピーをしてくださいましてありがとうございました。
と~ってもやさしい口調で「あ~そうか、そうか」と気持ちをわかってくれることで、こころの中の、どんよりした雲が薄くなり太陽が出てきて体にエネルギーが戻った感じです。
先生とお話している間は、とてつもなく大きなものに、あたたかく包まれている感じでした。
まるで子供のときに、親の腕の中で 「どうした?どうした?」とあやしてもらっていた時のような、そんなあたたかさと大きさを感じました。
お話するまでは、頭の中で心の中のモヤモヤをいろんな角度でみつめたり、分析したり、心理学の本を読んだり、セルフワークをしたりと、1年ぐらい試行錯誤していました。
だけど、声に出すと、全然違うんですね。
「我慢してたんだー」「がんばったんだー」と、思っていることが、体から声として出てきたとき、大きな根っ子が抜けたようにスッキリしました。
なんだか体重が2kgくらい減ったような身軽さです。
長~い時間をかけて見つからなかったことが、先生とお話した1時間で「えっ?」と手品のように消えていき、最後は、「こういうことだったんだ…」と、種明かしをしてもらったような感じです。
こんなに話を真剣に、じっくりと聴いてもらったことは、生まれて初めてです。
しっかりと聴いてもらっていると、こんなに優しい気持ちになれるのですね。
「こんな安らぎの状態が、私の中に会ったんだ!」という発見で、いつも付きまとっていた「さみしさ」が、ぐーーんと減った気がします。
本当に、ありがとうございました。
これからは、自分の感情と、仲良くしていきたいと思います。
そして、少しずつ、気持ちを伝えられるようにしていきたいと思います。
それでは、今後とも、どうかよろしくお願いいたします。
先生のますますのご活躍を、お祈り申し上げます。
こころの底から応援しています。

(30代女性 主婦 Y.Kさん)