元警察官の「困った裏事情」子育て編

まずはじめに警笛を!
「子どもの話は、真剣に聞いてはいけません!」

…。

えーーーーっ!!!  なんで???
真剣に聞かんとあかんやろ?
と、思った方も多いと思いますが・・。

実は…。
真剣になればなるほど
「尋問」になってしまうので
子どは親に、話をしなくなります。
へたすると「ひきこもり」を誘発してしまいます。

家に帰ってもなにも話さない。

「ただいまー」ということもない
「ねえねぇ…。」と話しをしはじめることもない

「挨拶くらいしなさい!」ゆーても、「…。」

一度部屋に入ったら、まったく出てこない
何をしているか、何を考えているかまったくわからない。

イエローカードです。

おそらく、
「お母さんに言ってもめんどうだから話さない!」
その「無言のアピール」です。

真剣に聞いた結果です。(^-^;

「このままじゃいけない!」と思って
なんとかしよう、関わろうとすると…。

さらにエスカレート
不登校、ひきこもり、家庭内暴力、非行…。

レッドカードにつながる危険もあります。

…。

こんなご相談をいただきました。

■子どもが話をしてくれない!

いつもブログを読ませていただいています。私は元警察官です。
たかじんさんはいつも、子どもの話を聞くときは
まずは「気持ちを受けとめる」ことが大事と言われていますが
私はそれができまません。
表面上ではできても、心の中では
常に元警察官が出動してしまい【尋問】になってしまいます。
「いつ?」「どうして?」
「誰がそんなこと言ったの?」
「こうすれば良かったんじゃない?」
最近は、子どもがまったく話をしてくれません
受けとめてもらうことでどんなに癒されるか
カウンセリングで分かっているはずなのに、
どうしたらいいのでしょうか?

警察官あるある、教師あるある
状況をしっかり把握しないといけない職業の親の
「こまった裏事情あるある」です

もとに戻って。
「子どもの話は真剣に聞いてはいけない!」もとに戻って・・。

「子どもの話は真剣に聞いてはいけない!」
その真意をお伝えします

この真意がわかると
子どもとの関係が、めちゃくちゃうまくいくようになります

子どもが、
どんなことでも話してくれるようになります。

なのでお母さんも、
すごく安心でき、心配することがなくなります。

と言うことで、
続きは、下記のリンクからご覧になれます。(^O^)
◆【元警察官の「困った裏事情」】

生きづらい・自己否定・傷つきやすいあなたのための
オンライン少人数限定『無料』セミナー

長年生きづらさを抱え苦しんで、
「自分が嫌い!変わりたいのに変われない」という方が、
孤独感、恐れ、不安で苦しむことがなくなるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

無料体験セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650