最後の親孝行!幸せの世代間連鎖

大正15年生まれ、95歳の父。

最近は、
心臓の機能低下で血圧が200近くまであがったり
前立腺がんで、尿が出にくく全身がパンパンにむくんだり

「いつどうなるかわかりません」と
常々、医師から言われていたんですが…。

コロナ禍で
面会も許されていなかったんですが…。

やっと、やっと…。
「父の通院の付き添い」という形で、
約1年半ぶりに、会うことができました。

もしかしたら、
「今日が父に会える最後の日になるかも知れない」

そんな思いもあって
後悔しないように、思いつく限り、精一杯の親孝行を考えた(^O^)

親孝行第1弾!父をおんぶした

僕は親不孝なことに、40歳過ぎるまで
「洗濯物を一緒に洗うのもイヤ!」
「同じ皿に盛られた料理をつつくのも気持ち悪い!」

ずっと、父のことが大嫌いだと思っていました。

だけど…。
僕自身が、自分の心に向き合ったこと
父が長生きしてくれたおかげで

55歳になってやっと、
ウソ偽りなく、まごころから、
父を大事にできるようになれたこと
父を、愛おしい、大好きだと思えるようになれたことが
心から、うれしいんです。

父が亡くなる間際で、
分かり合えたことが、ほんまにうれしいんです。

もう5年、生きてくれたら
もっともっと親孝行できるけぇーー。

おとうちゃん、
がんばって一日でもなごー生きてなー。

親孝行第2弾!「チチキトク」

以前父に、こんなことを聞いたことがあるんです

「お父ちゃんが、おじーちゃんにしたことで
 おじーちゃんが、一番喜んでくれた親孝行はなに?」

父は、こう答えました。

親父が死ぬ直前にの、
「チチキトク」ちゅー電報が届いたんじゃ…。

わしはまだ、学校を卒業したばっかりで
お金をもってなかったんじゃが、
貯金を全部下ろして「まんじゅう」をこーて帰ったんじゃ。

戦時中の食べ物がない時じゃけ―のぉ~。

親父はまんじゅうを食いながら・・。
「うまい!うまい!」ゆーて…。
「さとし(←父)苦労しとるんじゃろーにありがとーのー」

ほいで、泣いて喜んだんじゃ。

それが、わしのいちばんの親孝行じゃ…。

その話をしながら、涙ぐむ父。

…。

なので…。僕も真似してみた。

最後になるかもしれない親孝行、第二弾!

親孝行の幸せ!世代間連鎖(^O^)「まんじゅうこーた」

ぜひ!みなさんも
幸せの世代間連鎖(^O^)試してみてくださいませ

※注
まだ父は「危篤」ではありません。(^-^;

生きづらい・自己否定・傷つきやすいあなたのための
オンライン少人数限定『無料』セミナー

長年生きづらさを抱え苦しんで、
「自分が嫌い!変わりたいのに変われない」という方が、
孤独感、恐れ、不安で苦しむことがなくなるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

無料体験セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650