離婚準備!離婚したい女性がやるべき3つの準備とは?|心理カウンセラーが伝授

「もう無理!離婚したい!」
「こんな生活が続くのはもう限界。離婚しようかな」
「でも、離婚したらその後の生活や子供のことが心配で・・・」

離婚が頭をよぎるも、具体的にどうしたらいいのかわからず悩んでいませんか?

準備不足のまま離婚してしまうと、
その後の生活で「こんなはずではなかった!」と、
想定外のことに翻弄され、必ず後悔することになります。

後々、自分の選択を後悔しないために
そして、自分も子供も今よりもっと幸せになるために
離婚したい女性がやっておくべき準備があることをご存知でしょうか?

この記事では、離婚準備の3ステップ決断法について紹介します。
お金・心・未来の不安を解消し、
幸せに向かって一歩踏み出すためのお役に立てたら幸いです。

【ステップ1】経済的自立

まず、経済的自立をしておくことが重要です。離婚後の生活が成り立つための準備です。

具体的には、

  • 仕事を探し働き始める
  • 自分の銀行口座にお金を移動しておく
  • 必要に応じて弁護士を立てて、養育費や慰謝料を確保できるようにしておく

経済的自立ができていないと、怖くて離婚に踏み切れません。
本当は離婚したいのに、ずっと我慢し続ける人生になってしまいます。
まずは、経済的自立の準備を始めることが大切です。
経済的自立

【ステップ2】夫に対して行うこと

次に、夫に対して行う4つのことをご紹介します。

夫のどんなところが嫌なのか?どんな行動が嫌なのか?明確にする

「全部嫌!あれもこれもどれも嫌!」と、
とにかく夫の全部が嫌だと思っているかもしれませんが
よく分析してみると、具体的に 【この行動が嫌】ということがわかります。

  • 休日に一人で部屋にこもってゲームばかりするのが嫌!
  • 機嫌が悪くなると怒鳴るのが嫌!

夫にどう行動してほしいのか?何を求めているのか?明確にする

嫌だと思う行動がわかれば、改善してほしいことや要求が具体的にわかります。

  • 休日は家族団らんの時間を過ごしたい
  • 怒鳴られると怖いので、優しく話してほしい

夫に伝える、話し合う

改善してほしいことや要求を伝えます。
「ここが嫌!なんでこうしてくれないの?」などと
感情的に責めるように言ってしまうと、
必ず喧嘩になって聞き入れてくれなくなってしまいます。

冷静に、具体的に伝えることが大切です。
そして、夫の話も聞き、お互いにしっかり話し合いましょう。
話し合い

夫は向き合える人なのか判断する

自分の要求を明確にして伝えた時、
対応してくれる、改善しようとしてくれる人なら、
これからも話し合って改善しあって、
お互いに心地の良い関係を築いていくことができるでしょう。

もし、こちらの言うことに耳を傾けず、
自分のことばかり主張したり、全く向き合ってくれない人なら、
これから先もうまくいかないでしょう。
その場合は、離婚した方がいいと思います。

夫がちゃんと向き合える人なのか、
どこまでいっても向き合えない人なのか、
しっかりと見極めることが、
離婚を決断する時の大きなチェックポイントです。

【ステップ3】自分の心と向き合う

以下の3つのいずれかに当てはまる場合は、自分の心と向き合う時間をとります。

自分の気持ちがわからない時

夫のどんなところが嫌なのかがわからない場合、
自分の気持ちがわからなくなってしまっています。
それでは、嫌なことを嫌だと伝えることもできないし、要求することもできません。

まずは、嫌だと思うことをひとつずつ書き出してみてください。
それがどう改善したら嬉しいのか、書き出してみてください。
そうすることで、自分の気持ちが少しずつわかるようになります。

夫に言いたいことが言えない時

過去に言いたいことを言って傷ついた経験があると
無意識に恐れを感じて、誰に対しても言いたいことが言えなくなってしまいます。

夫に対しても、言いたいことを言えずに我慢を続けているのなら、
その傷をカウンセリングで癒やすことが大切です。
過去の傷が癒えると、夫に自分の本当の気持ちを伝えられるようになります。

寂しさや悲しみが消えない時

たとえ夫が向き合ってくれても、
どうしても欠乏感が消えない場合、
親に対する気持ちの投影が起きている可能性があります。

  • わかってほしい
  • 受け止めてほしい
  • 甘えさせてほしい
  • さみしい

という気持ちは元々親に対するもの。

あなたの心の根底にある
さみしさ、悲しみ、欠乏感を癒やす必要があります。

この欠乏感を解消しないと、たとえ離婚してパートナーを変えても、
また同じように悩み苦しみ、離婚を繰り返すことになってしまいかねません。
欠乏感

心の奥底にある欠乏感を解消する方法がわからない方は、
カウンセリングがおすすめです。
心の専門家がに任せるのが一番効果が高く、すばやく解消できると思います。

欠乏感が解消されると、
不思議なほどにさみしさ、悲しみ、苦しさが消え、
いろいろなことがうまくいくようになります。

終わりに

女性が離婚を決断する前に準備しておくべきことは大きく分けて3つです。

  • お金の不安をなくす
    経済的自立に向けて行動する
  • 夫と向き合う
    夫のどんな行動が嫌なのか、どうしてほしいのかを明確にする
    夫に伝えて話し合い、夫がちゃんと向き合ってくれるか見極める
  • 自分の心と向き合う
    恐れや欠乏感が大きい場合は、カウンセリングで心の傷を癒やす

この3ステップで離婚準備をしていけば、
後悔のない選択ができます。

あなたの幸せを心から願っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

生きづらい・自己否定・傷つきやすいあなたのための
オンライン少人数限定『無料』セミナー

長年生きづらさを抱え苦しんで、
「自分が嫌い!変わりたいのに変われない」という方が、
孤独感、恐れ、不安で苦しむことがなくなるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

無料体験セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650