欲しいものを手に入れる方法!欲しいものが手に入る人と入らない人の特徴と違い

あなたは、本当に欲しいものを手に入れていますか?

  • 欲しいもの
  • 欲しい部屋や家
  • 欲しい環境
  • 欲しい仕事やお金
  • 欲しいパートナーや人間関係
  • 欲しいライフスタイル

今まであなたが集めてきたもの、あなたの周りにあるものは、
あなたが本当に望むものですか?

  • 「全然欲しかったものじゃない!」
  • 「いまいちピンとこないものばかりだ!」
  • 「こんなはずじゃなかった!もっと違うものがあるはず!」

それどころか、

  • 何が好きなのか?
  • 何が欲しいのか?
  • 何のために働いているのか?
  • 何のために生きているのか?

「まったくわからない!」
そんなことになっていませんか?

“自分が欲しいもの”がわかっていなければ、これから先もずっと、欲しいものは手に入りません。

欲しものがわかっていても、“手に入れる方法”を知らなければ、やはり手に入れることはできません。

この記事では、欲しいものが手に入る人と入らない人の特徴と違いについて解説します。
欲しいものを手に入れる方法を知りたい方必見です。

欲しいものが手に入らない人の特徴

欲しいものが手に入らない人の思考パターンと行動パターンをお伝えします。

欲しいものが手に入らない人の思考パターン

欲しいものが手に入らない人には、典型的な思考パターンがあります。

それは、“失敗したらどうしよう思考”です。

  • 「拒否されたらどうしよう」
  • 「否定されたらどうしよう」
  • 「断られたらどうしよう」
  • 「うまくいかなったらどうしよう」

そう考えてばかりで、動こうとしません。

なぜそうなってしまうのでしょう?

それは、

  • 拒否されたり、否定されたりしたら終わり
  • 失敗したら終わり
  • あきらめるしかない

と、思っているからです。

あきらめてしまったら、欲しいものを手に入れることはできません。

欲しいものが手に入らない人の行動パターン

欲しいものが手に入らない人の行動パターンは、

  1. ◯◯が欲しい(したい)
  2. でも、言えない(できない)
  3. 断られるのが嫌だから。失敗するのが怖いから

いつも、

  • 「あれが欲しい!」けど、「欲しい」と言えない
  • 「あれやりたい!」けど、「やりたい」と言えない
  • 「これが好き!」だけど、「好き」と言えない

なぜなら、

  • 変だと思われるのが嫌だから
  • 断られるのが怖いから
  • 否定されるのが嫌だから

そうやって自分から行動しようとしません。

この行動パターンをもっている人は、欲しいものを手に入れることはできません。
悩みに振り回される

欲しいものが手に入る人の特徴

欲しいものが手に入る人の思考パターンと行動パターンをお伝えします。

欲しいものが手に入る人の思考パターン

欲しいものが手に入る人の思考パターンは、“今度はこうしよう思考”です。

  • やってみて拒否されたら、「今度はこうしよう!」
  • 言ったことを否定されても、「今度はこう言ってみよう!」
  • チャレンジして失敗しても、「今度はこうやってみよう!」

あきらめずに、次の改善策を考えます。
お茶を飲む女性

欲しいものが手に入る人の行動パターン

欲しいものを手に入れられる人は、まず行動してみます。
決して、はじめからいつもうまくいっているわけではありません。
あきらめずに何度も改善し、アプローチし続けます。

そうやって、どんどんチャレンジし続けていると、

  • どう言ったら、批判されたり、否定されたりするのか?
  • どうやったら、失敗するのか?うまくいかないのか?

など、少しずつわかってきます。

そして、

  1. 失敗経験の数に比例して、うまくいく方法もわかるようになる
  2. 短期間で確実に、欲しいものを手に入れるコツがわかるようになる

その結果、いつもうまくいくようになるのです。
手に赤い花

欲しいものを確実に手に入れるための重要なポイント

欲しいものを確実に手に入れるための重要なポイントがあります。
それは、自分自身へのフォロー&心のケアです。

自分自身へのフォロー

拒否されたとき、否定されたとき、失敗したとき、うまくいかなかったときに、
あきらめずに“今度はこうしよう思考”を貫くことがとても大切です。

そのためには、

  1. うまくいかなかったことを反省しない
  2. 失敗した自分を責めない
  3. すぐに結果を出そうと焦らない

この3つのことが重要です。
両手で包んだハート

心のケア

拒否されたとき、否定されたときに、心が傷つくこともあります。
心が傷ついたままだと、怖くて次の行動ができなくなってしまいます。
自分で、自分の心の傷を癒やしてあげましょう。

胸に手を当てて、自分自身にこう言ってあげてください。

  • 「よく勇気を出して行動したね」
  • 「傷ついたね、よしよし」
  • 「だからこそ、うまくいく方法がひとつわかったね」
  • 「行動を起こしたからこそだね、素晴らしいね」
  • 「これを生かして、今度はこうしようね」
  • 「これを繰り返していたら、いつか必ず幸せになれるからね」

心がふっと軽くなり、安心した気持ちになります。
これが、心のケアの具体的な方法です。

自分で自分をフォローし、心のケアができるようになると、何も怖くなくなります。
胸に手を当てる女性

終わりに

欲しいものが手に入らない人は、“失敗したらどうしよう思考”です。
失敗を恐れて行動しないので、欲しいものは手に入りません。
うまくいかないのであきらめてしまいます。

欲しいものが手に入る人は、“今度はこうしよう思考”です。
まず行動してみて、うまくいかなくてもあきらめません。
何度も改善し、チャレンジし、最終的にうまくいくようになります。

欲しいものを確実に手に入れるための重要なポイントは、

  • 自分自身へのフォロー
  • 心のケア

“今度はこうしよう思考”と“自分自身へのフォロー&心のケア”で、
欲しいものをどんどん手に入れてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

孤独・不安・嫌われたくないあなたのための
オンライン少人数限定『無料』セミナー

長年生きづらさを抱え苦しんで、
「自分が嫌い!変わりたいのに変われない」という方が、
孤独感、恐れ、不安で苦しむことがなくなるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

無料体験セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650