孤独感から解放される5つのポイント!いつも「居場所がない」と感じているあなたへ


悩んでいる女性孤独で居場所がない相談者
どこにいても、何をしていても、居場所がなく孤独を感じます。
夫も子供もいて寂しくないはずなのに、孤独感が消えません。

藤村高志(たかぢん)全肯定心理カウンセラー
藤村高志
いつも孤独感を感じているのは、寂しい気持ちになりますね。

悩んでいる女性相談者
心が苦しくて辛くて、やる気も起きません。
どうすれば楽になれますか?

藤村高志(たかぢん)藤村高志
この記事では、孤独感から解放される5つのポイントについて解説します。
「ひとりでいても、誰かと一緒にいても、孤独感が消えない」という方必見です。

まずはこちらの動画をご覧ください。
孤独感から解放される5つのポイントのすべてを約9分半の動画で完全解説しています。

孤独感を感じる理由

あなたは、どんな時に孤独感を感じますか?

  • 家にひとりでいてやることが何もないとき
  • ひとりでランチしているとき
  • 夫と喧嘩したとき
  • 友人グループになじめないとき
  • スーパーで家族連れを見たとき

誰でも、ふと寂しくなったり、孤独感を感じたりしたことはあるでしょう。
なぜなら、人間は“人と人との間で生きる動物”だから。
本能的に、ひとりでは生きていけないようにできているから。
ひとりでいるときや、ひとりぼっちの感覚に陥ったとき、寂しさや孤独感を感じるものなのです。
孤独な女性

孤独感から解放される5つのポイント

でも、どこにいても、誰といても、何をしていても、いつも居場所がなくて孤独感を感じているのなら、
もしかしたら、孤独恐怖症かもしれません。

孤独恐怖症の人は、ひとりでいると強い恐れや極端な孤立感を感じます。
また、人との間に常に疎外感を感じるので、家族や仲間といても孤独を感じ、恐怖を感じます。

そんなあなたが、孤独恐怖症を克服し、孤独感から解放される方法について解説します。

孤独感とは何かを知る

はじめに孤独感とは何かを知りましょう。
そのためには、どんなときに孤独感を感じるのかを知ることです。

  • 誰とも繋がっていないと感じるとき
  • 誰にも頼ることができないとき
  • 誰とも気持ちを分かち合うことができないとき
  • 誰にも気持ちをわかってもらえないと感じるとき

そんなときに、「ひとりぼっち」「孤独感」を感じます。

たとえ人がそばにいても、気持ちを分かち合うことができなければ、孤独感を感じます。
むしろ、周りに人がいればいるほど「わかってもらえない」思いが強まり、孤独感が大きくなることもあります。暗いイメージの花

できるだけ人と関わろうとする

どこかに行ったときや、人の輪の中にいるときに、できるだけ人と関わろうとすることが大切です。

自分の話をしたり、話題にのって話したりして、お互いにコミュニケーションをとりましょう。
相手とコミュニケーションがとれると、つながれた感覚になり、孤独感がなくなります。

そしてこのことは、多くの人がすでにやっていることでもあります。
孤独を感じているからこそ、できるだけ色々な所へ行って、色々な人と関わろうとします。

ただ、人と関わろうとがんばったのに、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。

  • 思うように話せなくてギクシャクした
  • 相手に興味のない素振りをされた
  • 話が盛り上がらず気まずくなった

「やっぱりつまらない。うまくいかない」と自分を閉じてしまいたくなることもあるかもしれません。
なので、次にコミュニケーションがうまくいく具体的な方法をお伝えします。
パズルのピース

自分の弱い気持ちを伝える

  • 悲しみ
  • 寂しさ
  • 不安
  • 緊張

など、自分の弱い気持ちを隠さずに相手に伝えましょう。

  • 私はこういう場所が苦手です
  • 人とコミュニケーションをとるのが苦手なんです
  • 初めての場所ですごく不安です
  • 人前で話すのが苦手で、とても緊張しています

ありのままの気持ちを伝え、相手に受けとめてもらえると、心がほっとします。
そのとき、孤独感はなくなります。

人は、

  • 自分の弱さ
  • 不安な気持ち
  • ネガティブな感情
  • うまくいかないこと
  • かっこ悪いところ

を、「そうなんだね」「それは辛いね」と相手に受けとめてもらえた時に、心から安心できるのです。

いままで、

  • ちゃんとしないといけない
  • うまく話さないといけない

と、本当の自分を隠してがんばってきたことが、反対に孤独感を強めてしまっていたのです。
どこにいても、誰といても、「自分の弱い気持ちを伝えて相手に受けとめてもらう」ことを意識してみてください。
胸に手を当てる女性

受け入れてくれる人を探す

とはいうものの、知らないグループの人や、大人数の人の前で、いきなり自分のことを話すのは勇気がいりますよね。

まずは、身近にいる優しい人を探しましょう。
「この人なら、きっと話を聞いてくれる。受けとめてくれる」
そう思える人がいたら、少しずつ自分の気持ちを話してみましょう。

自分から弱い気持ちを話すことで、相手も自分の弱い気持ちを話しやすくなります。
そして自然にお互いの距離が縮まります。

これを自己開示の返報性といいます。

安心して話せる人ができると、またひとり、またひとりと、穏やかで優しい人間関係が少しずつ広がっていくことでしょう。
そうすれば、孤独感はなくなります。
話し合い

心の傷と向き合い癒す

しかし、自分のことを話そうと思っても、どうしても

  • 自分の気持ちを素直に言えない
  • 弱いところを人に見せられない
  • 怖くて自己開示できない

という場合があります。

小さい頃に、

  • 弱音を言ったら、「弱音ばかり吐くんじゃない」と叱られた
  • 寂しいと言ったら、「お母さんは仕事なんだから仕方ないでしょ」と怒られた
  • 悲しいと言ったら、「いつまでも悲しんでばかりいてどうするの」と突き放された

ネガティブな気持ちを言ったときや、失敗したときに、

  • 「そんなことじゃダメ」
  • 「もっと強くなりなさい」
  • 「もっとがんばりなさい」

と言われ、気持ちを受けとめてもらえなかった経験のある人は、過去に何度も心が傷ついています。

  • また受け入れてもらえないのではないか
  • また傷つけられるのではないか

そんな恐れがあるので、身近な人にも家族にも、自分の弱い気持ちを言えない場合があるのです。

心当たりのある人は、自分の心の傷と向き合うことが必要です。
自分自身で解決することはなかなか難しいので、心の専門家の力を借りて、カウンセリングで心の傷を癒すことをおすすめします。

心の傷が癒されると、自然に自分の気持ちを素直に相手に言えるようになり、孤独感はなくなります。

全肯定®の場は、お互いを受けとめあえる場所です。
その中で、自然に人と気持ちを分かち合えるようになるので、孤独感も解消します。
最初は誰でも、緊張したり不安を感じたりすると思いますので、少人数限定の無料セミナーをおすすめします。
2つのハート

終わりに

孤独感から解放される5つのポイントは、

  1. 孤独感とは何かを知る
  2. できるだけ人と関わろうとする
  3. 自分の弱い気持ちを伝える
  4. 受け入れてくれる人を探す
  5. 心の傷と向き合い癒す

あなたの孤独感が解消し、穏やかであたたかい人間関係の中で、幸せに過ごしていけることを心から願っています。
最後までお読みいただきありがとうございました。

我慢!イライラ!しんどい!
人間関係に疲れたあなたのための
オンライン少人数限定『無料』セミナー

人間関係の悩みを抱え苦しんできた方が
短期間で問題解決し、リバウンドすることなく
自然に自己肯定感が高まるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

90分で問題解決!無料セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650