パニック障害になりやすい人の特徴と原因【外出が怖くて引きこもりがちなあなたへ】


困った顔の女性パニック障害に悩む相談者
パニック障害で、外出するのが怖いです。
病院へ行くのも不安で怖くて、家に引きこもりがちです。

藤村高志(たかぢん)全肯定心理カウンセラー
藤村高志
不安や恐れが大きいと、外出するのが怖くなってしまいますね。

困った顔の女性相談者
周りからは怠け者のように思われて理解してもらえません。
でも、情けないですが本当に辛くて苦しいです。

藤村高志(たかぢん)藤村高志
誰にもわかってもらえないのは辛いですね。
一人で抱え込むと余計に苦しくなってしまいます。
この記事では、パニック障害になりやすい人の特徴と原因について解説します。

まずはこちらの動画をご覧ください。
パニック障害になりやすい人の特徴と原因のすべてを約7分の動画で完全解説しています。

最初に大切なことをお伝えします。
パニック障害は、怠け者でも、情けないことでもありません。

パニック発作は、頑張りすぎを示す体からのメッセージ「レッドカード」です。
頑張りすぎた結果起こる症状なので、頑張りすぎることを少し緩めるだけで、必ずよくなります。

パニック障害になりやすい人の特徴

パニック発作を引き起こしやすい人の4つの特徴について解説します。

弱音を吐かない

  • 我慢強い
  • 泣き言を言わない
  • 頑張り屋

いろいろなことを一人で抱え込み、弱音を吐かない人です。
傷ついた心

まじめで完璧主義

  • コツコツとまじめに取り組む
  • 何でも完璧にやろうとする

妥協することを嫌がり、最後までやり遂げようと努力する人です。

人に頼らない

  • 責任感が強い
  • 一人でやろうとする

「自分で全部やらないといけない」と思って、人に頼らず、いろいろなことを背負い込む人です。

自責感が強い

  • 自分が悪いのではないか
  • 自分が足りないのではないか
  • 自分がおかしいのではないか

自責傾向が強く、人のせいにしない人です。

つまり一言でいうと「辛抱強い人」です。
辛抱強い人が、さらに頑張りすぎて辛抱しすぎた結果、心と体が悲鳴をあげて、パニック発作が引き起こされるのです。
胸に手を当てる女性

パニック障害の原因

なぜ、パニック障害になりやすい「辛抱強い人」になったのか?
その原因について、たくさんのクライアントさんの話を聞いて、わかったことがあります。
その原因は、小さい頃の生育環境が関係しています。

責められ追い詰められた

例えば、両親がとても厳しく、

  • そんなことでどうするんだ
  • ちゃんとしなさい
  • こうしないとだめじゃないか

いつも責められ、追い詰められ、逃げ道のない環境で育った人です。

頼れる人がいなかった

例えば、両親が忙しかったり、構ってくれなかったりして、

  • 寂しさも嫌なことも、我慢するしかなかった
  • 自分でやらないと誰も助けてくれなかった

自分でどうにかしないと生きていけなかった環境で育った人です。
男の人が苦手

心の拠り所がなかった

例えば、両親が離婚したり、母親と死別したりして、

  • 頼れる人が突然いなくなった
  • 助けてくれる人がいない
  • 甘えられる人がいない

心の拠り所となる、安心できる居場所がない環境で育った人です。

パニック発作が繰り返し起こる理由

そのような環境で育った人は、

  • 自分でやらなければいけない
  • ちゃんとしなければいけない

と、いろいろなことを一人で頑張ります。

そして、頑張っても頑張っても、

  • 行き詰まって、どうすることもできない時
  • 責められ、追いつめられた時
  • 逃げ道がないと感じた時
  • 誰にも頼れない不安を感じた時

心と体が悲鳴をあげ、それがパニック発作の症状としてあらわれるのです。

一度パニック発作が起こると、自分で自分をコントロールできない恐怖を経験します。

  • 自分はどうなってしまうんだろう?
  • 死んでしまうのではないか?

そう思って、パニック発作そのものがトラウマになります。

「またパニック発作が起きたらどうしよう」とパニック発作が起こることを恐れるようになります。
その結果、「どうしよう?どうしよう?」とさらに自分を追い詰めることになり、パニック発作が頻繁に起こることにつながってしまうのです。
混沌

終わりに

パニック障害は、怠け者でも、情けないことでもありません。
パニック発作は、頑張りすぎを示す体からのメッセージ「レッドカード」です。

パニック障害になりやすい人の特徴は、

  1. 弱音を吐かない
  2. まじめで完璧主義
  3. 人に頼らない
  4. 自責感が強い

パニック障害の原因(生育環境)は、

  1. 責められ追い詰められた
  2. 頼れる人がいなかった
  3. 心の拠り所がなかった

一度パニック発作が起こると、「またパニック発作が起きたらどうしよう」と自分を追い詰めることになり、パニック発作が頻繁に起こることにつながってしまいます。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
あなたの幸せを心から願っています。
最後までお読みいただきありがとうございました。

繊細で傷つきやすいあなたのための
【生きづらさ解放】
オンライン少人数限定『無料』セミナー

繊細で傷つきやすく
生きづらさを感じている方が
短期間で問題解決し、リバウンドすることなく
生きづらさから解放されるセミナーです。
少人数制でリラックスした雰囲気で受講できます。

☑生きづらさを今年中に何とかしたい!
☑自己否定のクセを今年のうちにやめたい!
☑モヤモヤを解消し、2023年をスッキリ迎えたい!

【2日間限定!追加開催決定】
2022年12月11日(日)10:00~11:30【満員御礼】(キャンセル待ち)
2022年12月28日(水)10:00~11:30

90分で問題解決!無料セミナーはこちら

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定カウンセラー藤村高志

全肯定®️!心理カウンセラー
㈱スマイルプロデュース代表取締役 1965年山口県生まれ、大阪在住

うつ・パニック・摂食障害などの心身症の根本原因となるストレスを解消し、「薬に頼らず短期間で完全回復する専門家」
質問力・心理学・脳科学をベースにした心理カウンセリング、心理療法、セミナー、講座、講演会、心理カウンセラーの育成等を行う。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

090-3378-1650